目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第7章(CHAPTER 7)

  1. エリシヤ言(いひ)けるは汝(なんぢ)らヱホバの言(ことば)を聽けヱホバかく言(いひ)たまふ明日の今頃サマリヤの門にて麥粉(むぎこ)一セアを一シケルに賣(う)り大麥(おほむぎ)二セアを一シケルに賣(うる)にいたらん
  2. 時に一人の大將すなはち王のその手に依(よれ)る者神の人に答へて言(いひ)けるは由(よし)やヱホバ天に窓をひらきたまふも此事(このこと)あるべけんやエリシヤいひけるは汝は汝の目をもて之(これ)を見ん然(され)どこれを食(くら)ふことはあらじ
  3.  茲(こゝ)に城邑(まち)の門の入口に四人の癩病人(らいびやうにん)をりしが互(たがひ)に言(いひ)けるは我儕(われら)なんぞ此(こゝ)に坐(ざ)して死(しぬ)るを待(まつ)べけんや
  4. 我ら若(もし)邑(まち)にいらんと言(いへ)ば邑(まち)には食物竭(つき)てあれば我ら其處(そこ)に死(しな)んもし又此(こゝ)に坐(ざ)しをらば同(おなじ)く死(しな)ん然(され)ば我儕(われら)ゆきてスリアの軍勢の所にいたらん彼ら我らを生(いか)しおかば我儕(われら)生(いき)ん若(もし)われらを殺すも死(しぬ)るのみなりと
  5. すなはちスリア人(びと)の陣營(ぢんえい)にいたらんとて黄昏(たそがれ)に起(たち)あがりしがスリアの陣營の邊(ほとり)にいたりて視(みる)に一人も其處(そこ)にをる者なし
  6. 是(これ)より先に主(しゆ)スリアの軍勢をして車の聲(おと)馬の聲(おと)大軍の聲(おと)を聞(きか)しめたまひしかば彼ら互に言(いひ)けるは視(み)よイスラエルの王われらに敵せんとてヘテ人(びと)の王等およびエジプトの王等を傭(やと)ひきたりて我らを襲(おそ)はんとすと
  7. すなはち黄昏(たそがれ)に起(たち)て逃げその天幕(てんまく)と馬と驢馬(ろば)とを棄(す)て陣營をその儘(まゝ)になしおき生命を全(まつた)うせんとて逃(にげ)たり
  8. かの癩病人(らいびやうにん)等陣營の邊(ほとり)に至りしが遂(つひ)に一(ひとつ)の天幕にいりて食飮(くひのみ)し其處(そこ)より金銀 衣服を持(もち)さりて往(ゆき)てこれを隱(かく)し又きたりて他の天幕にいり其處(そこ)よりも持(もち)さりて往(ゆき)てこれを隱(かく)せり
  9.  かくて彼等互(たがひ)に言(いひ)けるは我儕(われら)のなすところ善(よか)らず今日は好(よき)消息(おとづれ)ある日なるに我儕(われら)は默(もく)し居る若(もし)夜明まで待(また)ば災害(わざはひ)身におよばん然(され)ば來(きた)れ往(ゆき)て王の眷屬(けんぞく)に告(つげ)んと
  10. すなはち來(きた)りて邑(まち)の門を守る者を呼びこれに告(つげ)て言(いひ)けるは我儕(われら)スリア人(びと)の陣營にいたりて視(みる)に其處(そこ)には一人も居る者なく亦(また)人の聲(こゑ)もせず但(たゞ)馬のみ繋(つな)ぎてあり驢馬(ろば)のみ繋(つな)ぎてあり天幕は其儘(そのまゝ)なりと
  11. 是(こゝ)において門を守る者呼(よば)はりてこれを王の家の中(うち)に報(しら)せたれば
  12. 王(わう)夜の中(うち)に興(おき)いでてその臣下(けらい)に言(いひ)けるは我スリア人(びと)が我儕(われら)になせる所の如何(いかん)を汝等に示さん彼等はわれらの饑(うゑ)たるを知(しる)が故(ゆゑ)に陣營を去(さり)て野に隱(かく)る是(こ)はイスラエル人(びと)邑(まち)を出(いで)なば生擒(いけどり)て邑(まち)に推(おし)いらんと言(いひ)て然(しか)せるなり
  13. その臣下(けらい)の一人對(こた)へて言(いひ)けるは請(こ)ふ尚(なほ)遺(のこ)されて邑(まち)に存(のこ)れる馬の中(うち)五匹を取(とら)しめよ我儕(われら)人を遣(やり)て窺(うかゞ)はしめん視(み)よ是等(これら)は邑(まち)の中(うち)に遺(のこ)れるイスラエルの全群衆のごとし視(み)よ是等(これら)は滅び亡(うせ)たるイスラエルの全群衆のごとくなりと
  14. 是(こゝ)において二輛(ふたつ)の戰車(いくさぐるま)とその馬を取り王すなはち往(ゆき)て見よといひて人を遣(つか)はしてスリアの軍勢の跡(あと)を尾(つけ)しめたれば
  15. 彼らその跡(あと)を尾(つけ)てヨルダンにいたりしが途(みち)には凡(すべ)てスリア人(びと)が狼狽(あはて)逃(にぐ)る時に棄(すて)たる衣服(ころも)と器具(うつは)盈(みて)りその使者(つかひ)かへりてこれを王に告(つげ)ければ
  16.  民(たみ)いでてスリア人(びと)の陣營を掠(かす)めたり斯在(かゝり)しかば麥粉(むぎこ)一セアは一シケルとなり大麥(おほむぎ)二セアは一シケルと成(な)るヱホバの言(ことば)のごとし
  17. 爰(こゝ)に王その手に依(よる)ところの彼(かの)大將を立(たて)て門を司(つかさど)らしめたるに民(たみ)門にて彼を踐(ふみ)たれば死(しね)り即(すなは)ち神の人が王のおのれに下(くだ)り來(き)し時に言(いひ)たる言(ことば)のごとし
  18. 又神の人が王につげて明日の今頃サマリヤの門にて大麥(おほむぎ)二セアを一シケルに賣(う)り麥粉(むぎこ)一セアを一シケルに賣(うる)にいたらんと言(いひ)しごとくに成(なり)ぬ
  19. 彼(かの)大將その時に神の人にこたへてヱホバ天に窓をひらきたまふも此事(このこと)あるべけんやと言(いひ)たりしかば答へて汝(なんぢ)目をもてこれを見(みる)べけれどもこれを食(くら)ふことはあらじと言(いひ)たりしが
  20. そのごとくになりぬ即(すなは)ち民(たみ)門にてかれを踐(ふみ)て死(しな)しめたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書