目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第12章(CHAPTER 12)

  1. ヨアシはヱヒウの七年に位(くらゐ)に即(つ)きエルサレムにおいて四十年世を治(をさ)めたりその母はベエルシバより出(いで)たるものにて名をヂビアといへり
  2. ヨアシは祭司(さいし)ヱホヤダの己(おのれ)を誨(をし)ふる間は恒(つね)にヱホバの善(よし)と視(み)たまふ事をおこなへり
  3. 然(され)ど崇邱(たかきところ)は除(のぞ)かずしてあり民は尚(なほ)その崇邱(たかきところ)において犠牲(いけにへ)をささげ香(かう)を焚(たけ)り
  4.  茲(こゝ)にヨアシ祭司等に言(いひ)けるは凡(すべ)てヱホバの家に聖別(きよめ)て献納(さゝぐ)るところの金(きん)即(すなは)ち核數(かぞへ)らるゝ人の金(きん)估價(ねづもり)にしたがひて出(いだ)すところの身の代(しろ)の金および人々が心より願(ねがひ)てヱホバの家に持(もち)きたるところの金(きん)
  5. これを祭司等おのおのその知人(しるひと)より受(うけ)をさめ何處(いづく)にても殿(みや)に破壞(やぶれ)の見(みゆ)る時はこれをもてその破壞(やぶれ)を修繕(つくろ)ふべしと
  6. 然(しか)るにヨアシ王の二十三年におよぶまで祭司等(さいしら)殿(みや)の破壞(やぶれ)を修繕(つくろ)ふにいたらざりしかば
  7. ヨアシ王(わう)祭司ヱホヤダおよびその他の祭司等を召(めし)てこれに言ふ汝等などて殿(みや)の破壞(やぶれ)を修繕(つくろ)はざるや然(され)ば今よりは汝等の知人(しるひと)より金(きん)を受(うけ)て自己(おのれ)のためにすべからず唯(たゞ)殿(みや)の破壞(やぶれ)の修理(つくろひ)に其(それ)を供(そな)ふべしと
  8. 祭司等は重(かさね)て民より自己(おのれ)のために金(きん)を受(うけ)ず又殿(みや)の破壞(やぶれ)を修理(つくろ)ふことをせじと約(やく)せり
  9.  斯(かく)て後(のち)祭司ヱホヤダ一箇(ひとつ)の櫃(はこ)をとりその蓋(ふた)に孔(あな)を穿(うが)ちてこれをヱホバの家の入口の右において壇(だん)の傍(かたはら)に置(おけ)り門守(かどもり)の祭司等すなはちヱホバの家に入(いり)きたるところの金(きん)をことごとくその中(うち)に入(いれ)たり
  10. 爰(こゝ)にその櫃(はこ)の中に金の多くあることを見たれば王の書記と祭司長(をさ)と上り來(きた)りてそのヱホバの家に積(つも)りし金(きん)を包みてこれを數(かぞ)へ
  11. その數(かぞ)へし金をこの工事をなす者に付(わた)せり即(すなは)ちヱホバの家の監督者にこれを付(わた)しければ彼等またヱホバの家を修理(つくろ)ふところの木匠(たくみ)と建築師(たてものし)にこれを與(あた)へ
  12. 石工(せきこう)および琢石者(いしきり)に與(あた)へまたこれをもてヱホバの家の破壞(やぶれ)を修繕(つくろ)ふ材木と琢石(きりいし)を買ひ殿(みや)を修理(つくろ)ふために用ふる諸(もろもろ)の物のためにこれを費(つひや)せり
  13. 但(たゞ)しヱホバの家にいり來(きた)れるその金(きん)をもてヱホバの家のために銀(ぎん)の盂(さら)燈剪(しんとり)鉢(はち)喇叭(らつぱ)金(きん)の器(うつは)銀(ぎん)の器(うつは)等を造ることはせざりき
  14. 唯(たゞ)これをその工事をなす者にわたして之(これ)をもてヱホバの家を修理(つくろ)はしめたり
  15. またその金(きん)を手にわたして工人(こうじん)にはらはしめたる人々と計算をなすことをせざりき是(こ)は彼等忠厚(まめやか)に事(こと)をなしたればなり
  16. 愆金(けんきん)と罪金(ざいきん)はヱホバの家にいらずして祭司(さいし)に歸(き)せり
  17.  當時(そのころ)スリアの王ハザエルのぼり來(きた)りてガテを攻(せめ)てこれを取り而(しか)してハザエル、エルサレムに攻(せめ)のぼらんとてその面(おもて)をこれに向(むけ)たり
  18. 是(こゝ)をもてユダの王ヨアシその先祖たるユダの王ヨシヤパテ、ヨラム、アハジア等が聖別(きよめ)て献(さゝ)げたる一切(すべて)の物および自己(おのれ)が聖別(きよめ)て献(さゝ)げたる物ならびにヱホバの家の庫(くら)と王の家とにあるところの金(きん)を悉(ことごと)く取(とり)てこれをスリアの王ハザエルにおくりければ彼すなはちエルサレムを離れて去(さり)ぬ
  19.  ヨアシのその餘(ほか)の行爲(わざ)およびその凡(すべ)て爲(なし)たる事はユダの王の歴代志(れきだいし)の書(しょ)に記(しる)さるゝにあらずや
  20. 茲(こゝ)にヨアシの臣僕(しもべ)等おこりて黨(たう)をむすびシラに下(くだ)るところのミロの家にてヨアシを弑(しい)せり
  21. 即(すなは)ちその僕(しもべ)シメアテの子ヨザカルとシヨメルの子ヨザバデかれを弑(しい)して死(しな)しめたればその先祖とおなじくこれをダビデの邑(まち)に葬(はうむ)れりその子アマジヤこれに代(かは)りて王となる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書