目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第13章(CHAPTER 13)

  1. ユダの王アハジアの子ヨアシの二十三年にヱヒウの子ヨアハズ、サマリヤにおいてイスラエルの王となり十七年位(くらゐ)にありき
  2. 彼はヱホバの目の前に惡をなし夫(か)のイスラエルに罪を犯させたるネバテの子ヤラベアムの罪を行ひつゞけて之(これ)に離れざりき
  3. 是(こゝ)においてヱホバ、イスラエルにむかひて怒(いかり)を發しこれをその代(よ)のあひだ恒(つね)にスリアの王ハザエルの手にわたしおき又ハザエルの子ベネハダデの手に付(わた)し置(おき)たまひしが
  4. ヨアハズ、ヱホバに請求(こひもと)めたればヱホバつひにこれを聽(きゝ)いれたまへり其(そ)はイスラエルの苦難(なやみ)を見そなはしたればなり即(すなは)ちスリアの王これをなやませるなり
  5. ヱホバつひに救者(すくひて)をイスラエルにたまひたればイスラエルの子孫(ひとびと)はスリア人(びと)の手を脱(はな)れて疇昔(まへ)の如(ごと)くに己々(おのれおのれ)の天幕(てんまく)に住(すむ)にいたれり
  6. 但(たゞ)し彼等はイスラエルに罪を犯さしめたるヤラベアムの家の罪をはなれずして之(これ)をおこなひつゞけたりサマリヤにも亦(また)アシタロテの像たちをりぬ
  7. 嚮(さき)にスリアの王は民を滅(ほろぼ)し踐(ふみ)くだく塵(ちり)のごとくに是(これ)をなして只(たゞ)騎兵五十人 車十輌 歩兵一萬人而巳(のみ)をヨアハズに遺(のこ)せり
  8. ヨアハズのその餘(ほか)の行爲(わざ)とその凡(すべ)て爲(なし)たる事およびその能(ちから)はイスラエルの王の歴代志(れきだいし)の書にしるさるゝに非(あら)ずや
  9. ヨアハズその先祖等とともに寝(ねむ)りたればこれをサマリヤに葬(はうむ)れりその子ヨアシこれに代(かはり)て王となる
  10.  ユダの王ヨアシの三十七年にヨアハズの子ヨアシ、サマリヤにおいてイスラエルの王となり十六年位(くらゐ)にありき
  11. 彼ヱホバの目の前に惡をなし夫(か)のイスラエルに罪を犯させたるネバテの子ヤラベアムの諸(もろもろ)の罪にはなれずしてこれを行(おこな)ひつゞけたり
  12. ヨアシのその餘(ほか)の行爲(わざ)とその凡(すべ)て爲(なし)たる事およびそのユダの王アマジヤと戰(たゝか)ひし能(ちから)はイスラエルの王の歴代志(れきだいし)の書に記(しる)さるゝに非(あら)ずや
  13. ヨアシその先祖等とともに寝(ねむ)りてヤラベアム位(くらゐ)にのぼれりヨアシはイスラエルの王等とおなじくサマリヤに葬(はうむ)らる
  14.  茲(こゝ)にエリシヤ死病(しにやまひ)にかゝりて疾(やみ)をりしかばイスラエルの王ヨアシ彼の許(もと)にくだり來てその面(かほ)の上に涙をこぼし吾父(わがちゝ)吾父(わがちゝ)イスラエルの兵車(へいしゃ)よその騎兵(きへい)よと言(いへ)り
  15. エリシヤかれにむかひ弓矢をとれと言(いひ)ければすなはち弓矢をとれり
  16. エリシヤまたイスラエルの王に汝の手を弓にかけよと言(いひ)ければすなはちその手をかけたり是(こゝ)においてエリシヤその手を王の手の上に按(おき)て
  17. 東向の窓を開(ひら)けと言(いひ)たれば之(これ)を開きけるにエリシヤまた射(い)よと言(いへ)り彼すなはち射たればエリシヤ言ふヱホバよりの拯救(すくひ)の矢スリアに對(たい)する拯救(すくひ)の矢汝必らずアペクにおいてスリア人(びと)を撃(うち)やぶりてこれを滅(ほろぼ)しつくすにいたらん
  18. エリシヤまた矢を取れと言(いひ)ければ取(とれ)りエリシヤまたイスラエルの王に地を射(い)よといひけるに三次(みたび)射て止(やめ)たれば
  19. 神の人怒(いかり)て言ふ汝は五回(いつたび)も六回(むたび)も射(い)るべかりしなり然(しか)せしならば汝スリアを撃(うち)やぶりて之(これ)を滅(ほろぼ)しつくすことを得(え)ん然(され)ど今然(しか)せざれば汝がスリアを撃(うち)やぶることは三次(みたび)のみなるべしと
  20.  エリシヤ終(つひ)に死(しに)たればこれを葬(はうむ)りしが年の立(たち)かへるに及(および)てモアブの賊黨(ぞくたう)國(くに)にいりきたれり
  21. 時に一箇(ひとり)の人を葬(はうむ)らんとする者ありしが賊黨(ぞくたう)を見たればその人をエリシヤの墓におしいれけるにその人いりてエリシヤの骨にふるゝや生(いき)かへりて起(たち)あがれり
  22.  スリアの王ハザエルはヨアハズの一生の間イスラエルをなやましたりしが
  23. ヱホバそのアブラハム、イサク、ヤコブと契約(けいやく)をむすびしがためにイスラエルをめぐみ之(これ)を憐(あはれ)みこれを眷(かへり)みたまひ之(これ)を滅(ほろぼ)すことを好まず尚(なほ)これをその前より棄(すて)はなちたまはざりき
  24. スリアの王ハザエルつひに死(しに)てその子ベネハダデこれに代(かは)りて王となれり
  25. 是(こゝ)においてヨアハズの子ヨアシはその父ヨアハズがハザエルに攻取(せめとら)れたる邑々(まちまち)をハザエルの子ベネハダデの手より取(とり)かへせり即(すなは)ちヨアシは三次(みたび)かれを敗(やぶ)りてイスラエルの邑々(まちまち)を取(とり)かへしぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書