目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第14章(CHAPTER 14)

  1. イスラエルの王ヨアハズの子ヨアシの二年にユダの王ヨアシの子アマジヤ王となれり
  2. 彼は王となれる時二十五歳にして二十九年の間エルサレムにて世を治(をさ)めたりその母はエルサレムの者にして名をヱホアダンと云(いへ)り
  3. アマジヤはヱホバの善(よし)と見たまふ事をなしたりしがその先祖ダビデのごとくはあらざりき彼は萬(すべて)の事において其(その)父ヨアシがなせしごとくに事をなせり
  4. 惟(たゞ)崇邱(たかきところ)はのぞかずしてあり民はなほその崇邱(たかきところ)において犠牲(いけにへ)をさゝげ香(かう)を焚(たけ)り
  5. 彼は國(くに)のその手に堅(かた)くたつにおよびてその父王を弑(しい)せし臣僕(しもべ)等を殺したりしが
  6. その弑殺人(しさつにん)の子女(こども)等は殺さゞりき是(これ)はモーセの律法(おきて)の書に記(しる)されたる所にしたがへるなり即(すなは)ちヱホバ命じて言(いひ)たまはく子女(こども)の故(ゆゑ)によりて父を殺すべからず父の故(ゆゑ)によりて子女(こども)を殺すべからず人はみなその身の罪によりて死(しぬ)べき者なりと
  7. アマジヤまた鹽谷(しほのたに)においてエドミ人(びと)一萬を殺せり亦(また)セラを攻(せめ)とりてその名をヨクテルとなづけしが今日(こんにち)まで然(しか)り
  8.  かくてアマジヤ使者(つかひ)をヱヒウの子ヨアハズの子なるイスラエルの王ヨアシにおくりて來(きた)れ我儕(われら)たがひに面(かほ)をあはせんと言(いは)しめければ
  9. イスラエルの王ヨアシ、ユダの王アマジヤに言(いひ)おくりけるはレバノンの荊棘(いばら)かつてレバノンの香柏(かうはく)に汝の女子(むすめ)をわが子の妻にあたへよと言(いひ)おくりたることありしにレバノンの野獣(やじう)とほりてその荊棘(いばら)を踏(ふみ)たふせり
  10. 汝は大(おほい)にエドムに勝(かち)たれば心に誇(ほこ)るその榮譽(ほまれ)にやすんじて家に居(を)れなんぞ禍(わざはひ)を惹(ひき)おこして自己(おのれ)もユダもともに亡(ほろび)んとするやと
  11.  然(しか)るにアマジヤ聽(きく)ことをせざりしかばイスラエルの王ヨアシのぼり來(きた)れり是(こゝ)において彼とユダの王アマジヤはユダのベテシメシにてたがひに面(かほ)をあはせたりしが
  12. ユダ、イスラエルに敗(やぶ)られて各人(おのおの)その天幕(てんまく)に逃(にげ)かへりぬ
  13. 是(こゝ)においてイスラエルの王ヨアシはアハジアの子ヨアシの子なるユダの王アマジヤをベテシメシに擒(とら)へ而(しか)してエルサレムにいたりてエルサレムの石垣をエフライムの門より隅(すみ)の門まで凡(おほよ)そ四百キユビトを毀(こぼ)ち
  14. またヱホバの家と王の家の庫(くら)とにあるところの金銀および諸(もろもろ)の器(うつは)をとりかつ人質をとりてサマリヤにかへれり
  15.  ヨアシがなしたるその餘(ほか)の行爲(わざ)とその能(ちから)およびそのイスラエルの王アマジヤと戰(たゝか)ひし事はイスラエルの王の歴代志(れきだいし)の書にしるさるゝにあらずや
  16. ヨアシその先祖等とともに寝(ねむ)りてイスラエルの王等(わうたち)とともにサマリヤに葬(はうむ)られその子ヤラベアムこれに代(かは)りて王となれり
  17.  ヨアシの子なるユダの王アマジヤはヨアハズの子なるイスラエルの王ヨアシの死(しに)てより後なほ十五年生存(いきながら)へたり
  18. アマジヤのその餘(ほか)の行爲(わざ)はユダの王の歴代志(れきだいし)の書にしるさるゝにあらずや
  19. 茲(こゝ)にエルサレムにおいて黨(たう)をむすびて彼に敵する者ありければ彼ラキシに逃(にげ)ゆきけるにその人々ラキシに人をやりて彼を彼處(そこ)に殺さしめたり
  20. 人衆(ひとびと)かれを馬に負(おは)せてもちきたりエルサレムにおいてこれをその先祖等とともにダビデの邑(まち)に葬(はうむ)りぬ
  21. ユダの民みなアザリヤをとりて王となしてその父アマジヤに代(かはら)しめたり時に年(とし)十六なりき
  22. 彼エラテの邑(まち)を建(たて)てこれを再びユダに歸(き)せしめたり是(これ)はかの王がその先祖等とともに寝(ねむ)りし後(のち)なりき
  23.  ユダの王ヨアシの子アマジヤの十五年にイスラエルの王ヨアシの子ヤラベアム、サマリヤにおいて王となり四十一年位(くらゐ)にありき
  24. 彼はヱホバの目の前に惡をなし夫(か)のイスラエルに罪を犯さしめたるネバテの子ヤラベアムの罪に離れざりき
  25. 彼ハマテの入處(いりくち)よりアラバの海までイスラエルの邊境(さかひ)を恢復(とりかへ)せりイスラエルの神ヱホバがガテヘペルのアミツタイの子なるその僕(しもべ)預言者ヨナによりて言(いひ)たまひし言(ことば)のごとし
  26. ヱホバ、イスラエルの艱難(なやみ)を見たまふに其(それ)は甚(はなは)だ苦(くるし)かり即(すなは)ち繋(つなが)れたる者もあらず繋(つなが)れざる者もあらず又イスラエルを助(たすく)る者もあらず
  27. ヱホバは我イスラエルの名を天下(あめがした)に塗抹(けしさら)んとすと言(いひ)たまひしこと無し反(かへつ)てヨアシの子ヤラベアムの手をもてこれを拯(すく)ひたまへり
  28.  ヤラベアムのその餘(ほか)の行爲(わざ)とその凡(すべ)てなしたる事およびその戰爭(いくさ)をなせし能(ちから)その昔にユダに屬(ぞく)し居(ゐ)たることありしダマスコとハマテを再びイスラエルに歸(き)せしめたる事はイスラエルの王の歴代志(れきだいし)の書に記(しる)さるゝにあらずや
  29. ヤラベアムその先祖たるイスラエルの王等とともに寝(ねむ)りその子ザカリヤこれに代(かは)りて王となれり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書