目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第17章(CHAPTER 17)

  1. ユダの王アハズの十二年にエラの子ホセア王となりサマリヤにおいて九年イスラエルを治(をさ)めたり
  2. 彼ヱホバの目の前に惡をなせしがその前(さき)にありしイスラエルの王等(わうたち)のごとくはあらざりき
  3. アツスリヤの王シヤルマネセル攻(せめ)のぼりたればホセアこれに臣服(しんぷく)して貢(みつぎ)を納(いれ)たりしが
  4. アツスリヤの王つひにホセアの己(おのれ)に叛(そむ)けるを見たり其(そ)は彼使者(つかひ)をエジプトの王ソにおくり且(かつ)前に歳々(としどし)なせしごとくに貢(みつぎ)をアツスリヤ王に納(いれ)ざりければなり是(こゝ)においてアツスリヤの王かれを禁錮(おしこめ)て獄(ひとや)におけり
  5. すなはちアツスリヤの王せめ上(のぼ)りて國中(こくちう)を遍(あまね)くゆきめぐりサマリヤにのぼりゆきて三年が間これをせめ圍(かこ)みたりしが
  6. ホセアの九年におよびてアツスリヤの王つひにサマリヤを取りイスラエルをアツスリヤに虜(とら)へゆきてこれをハラとハボルとゴザン河の邊(ほとり)とメデアの邑々(まちまち)とにおきぬ
  7.  此事(このこと)ありしはイスラエルの子孫(ひとびと)己(おのれ)をエジプトの地より導(みちび)きのぼりてエジプトの王パロの手を脱(はなれ)しめたるその神ヱホバに對(むかひ)て罪を犯(をか)し他(ほか)の神々を敬(うやま)ひ
  8. ヱホバがイスラエルの子孫(ひとびと)の前より逐(おひ)はらひたまひし異邦人(いほうじん)の法度(のり)にあゆみ又イスラエルの王等の設(まう)けし法度(のり)にあゆみたるに因(より)てなり
  9. イスラエルの子孫(ひとびと)義(たゞし)からぬ事をもてその神ヱホバを掩(おほ)ひかくしその邑々(まちまち)に崇邱(たかきところ)をたてたり看守臺(みはりだい)より城にいたるまで然(しか)り
  10. 彼等一切(すべて)の高丘の上一切(すべて)の樹(あをき)の下に偶像(ぐうざう)とアシラ像を立て
  11. ヱホバがかれらの前より移したまひし異邦人(いほうじん)のなせしごとくにその崇邱(たかきところ)に香(かう)を焚(た)き又惡を行ひてヱホバを怒(いか)らせたり
  12. ヱホバかれらに汝等(なんぢら)これらの事を爲(なす)べからずと言(いひ)おきたまひしに彼等偶像に事(つか)ふることを爲(なせ)しなり
  13. ヱホバ諸(もろもろ)の預言者(よげんしゃ)諸(もろもろ)の先見者(せんけんしゃ)によりてイスラエルとユダに見證(あかし)をたて汝等翻(ひるが)へりて汝らの惡(あし)き道を離れわが誡命(いましめ)わが法度(のり)をまもり我(わ)が汝等の先祖等に命じまたわが僕(しもべ)なる預言者等によりて汝等に傳(つた)へし法(おきて)に率由(かな)ふやうにせよと言(いひ)たまへり
  14. 然(しか)るに彼ら聽(きく)ことをせずしてその項(うなじ)を強(こは)くせり彼らの先祖等がその神ヱホバを信ぜずしてその項(うなじ)を強(こは)くしたるが如(ごと)し
  15. 彼等はヱホバの法度(のり)を棄(す)てヱホバがその先祖等と結びたまひし契約(けいやく)を棄てまたその彼等に見證(あかし)したまひし證言(あかし)を棄(す)て且(かつ)虚妄物(むなしきもの)にしたがひて虚浮(むなしく)なりまたその周圍(まはり)なる異邦人の跡(あと)をふめり是(これ)はヱホバが是(かく)のごとくに事をなすべからずと彼らに命じ給(たま)ひし者なり
  16. 彼等その神ヱホバの諸(もろもろ)の誡命(いましめ)を遺(す)て己(おのれ)のために二(ふたつ)の牛の像を鑄(い)なし又アシラ像を造り天の衆群(しうぐん)を拝(をが)み且(かつ)バアルに事(つか)へ
  17. またその子息(むすこ)息女(むすめ)に火の中を通らしめ卜筮(うらなひ)および禁厭(まじなひ)をなしヱホバの目の前に惡を爲(なす)ことに身を委(ゆだ)ねてその怒(いかり)を惹起(ひきおこ)せり
  18. 是(こゝ)をもてヱホバ大(おほい)にイスラエルを怒(いか)りこれをその前より除(のぞ)きたまひたればユダの支派(わかれ)のほかは遺(のこ)れる者なし
  19.  然(しか)るにユダもまたその神ヱホバの誡命(いましめ)を守(まもら)ずしてイスラエルの立(たて)たる法度(のり)にあゆみたれば
  20. ヱホバ、イスラエルの苗裔(すゑ)をことごとく棄(すて)これを苦しめこれをその掠(かす)むる者の手に付(わた)して遂(つひ)にこれをその前より打(うち)すてたまへり
  21. すなはちイスラエルをダビデの家より裂(さき)はなしたまひしかばイスラエル、ネバテの子ヤラベアムを王となせしにヤラベアム、イスラエルをしてヱホバにしたがふことを止(やめ)しめてこれに大(おほい)なる罪を犯(をか)さしめたりしが
  22. イスラエルの子孫(ひとびと)はヤラベアムのなせし諸(もろもろ)の罪をおこなひつゞけてこれに離(はな)るゝことなかりければ
  23. 遂(つひ)にヱホバその僕(しもべ)なる諸(すべて)の預言者をもて言(いひ)たまひしごとくにイスラエルをその前より除(のぞ)きたまへりイスラエルはすなはちその國(くに)よりアツスリヤにうつされて今日(こんにち)にいたる
  24.  斯(かく)てアツスリヤの王バビロン、クタ、アワ、ハマテおよびセパルワイムより人をおくりてこれをイスラエルの子孫(ひとびと)の代(かはり)にサマリヤの邑々(まちまち)に置(おき)ければその人々サマリヤを有(たも)ちてその邑々(まちまち)に住(すみ)しが
  25. その彼處(かしこ)に始(はじめ)て住(すめ)る時には彼等ヱホバを敬(うやま)ふことをせざりしかばヱホバ獅子(しゝ)をかれらの中(うち)に送りたまひてその獅子(しゝ)かれら若干(そこばく)を殺せり
  26. 是(これ)によりてアツスリヤの王に告(つげ)て言ふ汝が移(うつし)てサマリヤの邑々(まちまち)におきたまひしかの國々の民はこの地の神の道を知(しら)ざるが故(ゆゑ)にその神(かみ)獅子(しゝ)をかれらの中(うち)におくりて獅子(しゝ)かれらを殺せり是(こ)は彼等その國(くに)の神の道を知(しら)ざるに因(より)てなり
  27.  アツスリヤの王すなはち命(めい)を下して言ふ汝等が彼處(かしこ)より曳(ひき)きたりし祭司一人を彼處(かしこ)に携(つれ)ゆけ即(すなは)ち彼をして彼處(かしこ)にいたりて住(すま)しめその國の神の道をその人々にヘ(をし)へしめよと
  28. 是(こゝ)に於(おい)てサマリヤより移(うつさ)れし祭司一人きたりてベテルに住みヱホバの敬(うやま)ふべき事をかれらにヘへたり
  29. その民はまた各々自分(おのれ)自分(おのれ)の神々を造りてこれをかのサマリア人(びと)が造りたる諸(もろもろ)の崇邱(たかきところ)に安置せり民みなその住(すめ)る邑々(まちまち)において然(しか)なしぬ
  30. 即(すなは)ちバビロンの人々はスコテベノテを作りクタの人々はネルガルを作りハマテの人々はアシマを作り
  31. アビ人(びと)はニブハズとタルタクを作りセパルワイム人(びと)は其(その)子女(こども)を火に焚(やき)てセパルワイムの神アデランメレクおよびアナンメレクに奉(さゝ)げたり
  32. かれら又ヱホバを敬(うやま)ひ凡俗(よのつね)の民をもて崇邱(たかきところ)の祭司となしたれば其人(そのひと)これがために崇邱(たかきところ)の家々にて職務(つとめ)をなせり
  33. 斯(かく)その人々ヱホバを敬(うやま)ひたりしが亦(また)その携(たづさ)へ出(いだ)されし國々の風俗(ならはし)にしたがひて自己(おのれ)自己(おのれ)の神々に事(つか)へたり
  34.  今日にいたるまで彼等は前(さき)の習俗(ならはし)にしたがひて事をなしヱホバをも敬(うやま)はず彼等の法度(のり)をも例典(さだめ)をも行(おこな)はず又ヱホバがイスラエルと名(なづ)けたまひしヤコブの子孫に命じたまひし律法(おきて)をも誡命(いましめ)をも行(おこな)はざるなり
  35. 昔ヱホバこれと契約(けいやく)をたてこれに命じて言(いひ)たまひけらく汝等は他(ほか)の神を敬(うやま)ふべからずまたこれを拝(をが)みこれに事(つか)へこれに犠牲(いけにへ)をさゝぐべからず
  36. 只(たゞ)大(おほい)なる能(ちから)をもて腕を伸(のべ)て汝等をエジプトの地より導き上(のぼ)りしヱホバをのみ汝等敬(うやま)ひこれを拝(をが)みこれに犠牲(いけにへ)をさゝぐべし
  37. またその汝等のために録(しる)したまへる法度(のり)と例典(さだめ)と律法(おきて)と誡命(いましめ)を汝等謹(つゝし)みて恒(つね)に守るべし他(ほか)の神々を敬(うやま)ふべからず
  38. 我(わ)が汝等とむすびし契約(けいやく)を汝等忘るべからず又他(ほか)の神々を敬(うやま)ふべからず
  39. 只(たゞ)汝らの神ヱホバを敬(うやま)ふべし彼なんじらをその諸(もろもろ)の敵の手より救(すく)ひいださん
  40. 然(しか)るに彼等は聽(きく)ことをせずしてなほ前(さき)の習俗(ならはし)にしたがひて事を行(おこな)へり
  41. 偖(さて)この國々の民は斯(かく)ヱホバを敬(うやま)ひまたその雕(きざ)める像に事(つかへ)たりしがその子も孫(まご)も共に然(しか)りその先祖のなせしごとくに今日(こんにち)までも然(しか)なすなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書