目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第18章(CHAPTER 18)

  1. イスラエルの王エラの子ホセアの三年にユダの王アハズの子ヒゼキヤ王となれり
  2. 彼は王となれる時二十五歳にしてエルサレムにて二十九年世ををさめたりその母はザカリヤの女(むすめ)にして名をアビといへり
  3. ヒゼキヤはその父ダビデの凡(すべ)てなせしごとくヱホバの善(よし)と見たまふ事をなし
  4. 崇邱(たかきところ)を除(のぞ)き偶像を毀(こぼ)ちアシラ像を斫(きり)たふしモーセの造りし銅(あかゞね)の蛇(へび)を打碎(うちくだ)けりこの時までイスラエルの子孫(ひとびと)その蛇(へび)にむかひて香(かう)を焚(たき)たればなり人々これをネホシタン(銅物(どうぶつ))と稱(よび)なせり
  5. ヒゼキヤはイスラエルの神ヱホバをョ(たのめ)り是(こゝ)をもて彼の後にも彼の先にもユダの諸(もろもろ)の王等の中(うち)に彼に如(しく)ものなかりき
  6. 即(すなは)ち彼は固くヱホバに身をよせてこれに從ふことをやめずヱホバがモーセに命じたまひしその誡命(いましめ)を守れり
  7. ヱホバ彼とともに在(いま)したれば彼はその往(ゆく)ところにて凡(すべ)て利達(さいはひ)を得(え)たり彼はアツスリヤの王に叛(そむ)きてこれに事(つか)へざりき
  8. 彼ペリシテ人(びと)を撃敗(うちやぶ)りてガザにいたりその境(さかひ)に達し看守臺(みはりだい)より城にまで及べり
  9.  ヒゼキヤ王の四年すなはちイスラエルの王エラの子ホセアの七年にアツスリヤの王シヤルマネセル、サマリヤに攻(せめ)のぼりてこれを圍(かこ)みけるが
  10. 三年の後(のち)つひに之(これ)を取(とれ)りサマリヤの取(とら)れしはヒゼキヤの六年にしてイスラエルの王ホセアの九年にあたる
  11. アツスリヤの王イスラエルをアツスリヤに虜(とら)へゆきてこれをハラとゴザン河の邊(ほとり)とメデアの邑々(まちまち)におきぬ
  12. 是(こ)は彼等その神ヱホバの言(ことば)に遵(したが)はずその契約を破りヱホバの僕(しもべ)モーセが凡(すべ)て命じたる事をやぶりこれを聽(きく)ことも行ふこともせざるによりてなり
  13.  ヒゼキヤ王の十四年にアツスリヤの王セナケリブ攻(せめ)のぼりてユダの諸(もろもろ)の堅(かた)き邑(まち)を取(とり)ければ
  14. ユダの王ヒゼキヤ人をラキシにつかはしてアツスリヤの王にいたらしめて言ふ我(われ)過(あやま)てり我を離れて歸(かへ)りたまへ汝が我に蒙(かうむ)らしむる者は我これを爲(なす)べしとアツスリヤの王すなはち銀三百タラント金三十タラントをユダの王ヒゼキヤに課(くわ)したり
  15. 是(こゝ)においてヒゼキヤ、ヱホバの家と王の家の庫(くら)とにあるところの銀をことごとく彼に與(あた)へたり
  16. 此時(このとき)ユダの王ヒゼキヤまた己(おのれ)が金を著(きせ)たりしヱホバの宮の戸および柱を剥(はぎ)てこれをアツスリヤの王に與(あた)へたり
  17. アツスリヤの王またタルタン、ラブサリスおよびラブシヤケをしてラキシより大軍をひきゐてエルサレムにむかひてヒゼキヤ王の所にいたらしめたればすなはち上りてエルサレムにきたれり彼等則(すなは)ち上り來(きた)り漂布場(さらしば)の大路に沿(そへ)る上の池塘(ためいけ)の水道の邊(ほとり)にいたりて立(たて)り
  18. 而(しか)して彼等王を呼(よび)たればヒルキヤの子なる宮内卿(くないきやう)エリアキム書記官セブナおよびアサフの子なる史官(しくわん)ヨア出(いで)きたりて彼等に詣(いた)りけるに
  19.  ラブシヤケこれに言(いひ)けるは汝等ヒゼキヤに言(いふ)べし大王アツスリヤの王かく言(いひ)たまふ此(この)汝がョ(たの)むところの者は何ぞや
  20. 汝(なんぢ)戰爭(いくさ)をなすの謀計(はかりごと)と勇力(ちから)とを言(いふ)も只(たゞ)これ口の先の言語(ことば)たるのみ誰を恃(たの)みて我に叛(そむ)くことをせしや
  21. 視(み)よ汝は折(をれ)かゝれる葦(あし)の杖(つゑ)なるエジプトをョ(たの)む其(それ)は人の其(それ)に倚(よ)るあればすなはちその手を刺(さし)とほすなりエジプトの王パロは凡(すべ)てこれをョ(たの)む者に斯(かく)あるなり
  22. 汝等あるひは我はわれらの神ヱホバをョ(たの)むと我に言(いは)ん彼はヒゼキヤがその崇邱(たかきところ)と祭壇とを除(のぞ)きたる者にあらずやまた彼はユダとエルサレムに告(つげ)て汝等はエルサレムに於(おい)てこの壇(だん)の前に祷拝(をがみ)をなすべしと言(いひ)しにあらずや
  23. 然(され)ば請(こ)ふわが主君(きみ)アツスリヤの王に約(やく)をなせ汝もし人を乗(のら)しむることを得(え)ば我(われ)馬二千匹を汝にあたへん
  24. 汝いかにしてか吾(わが)主君(きみ)の諸臣(しょしん)の中の最も微(ちひさ)き一將だにも退(しりぞ)くることを得(え)ん汝なんぞエジプトをョ(たの)みて兵車(へいしゃ)と騎兵(きへい)をこれに仰(あふ)がんとするや
  25. また我とても今ヱホバの旨(むね)によらずして比處(このところ)を滅(ほろぼ)しに上(のぼ)れるならんやヱホバ我に此處(このところ)に攻(せめ)のぼりてこれを滅(ほろぼ)せと言(いひ)たり
  26.  時にヒルキヤの子エリアキムおよびセブナとヨア、ラブシヤケにいひけるは請(こ)ふスリアの語(ことば)をもて僕等(しもべら)に語りたまへ我儕(われら)これを識(しる)なり石垣の上にをる民の聞(きけ)るところにてユダヤ語(ことば)をもて我儕(われら)に言談(ものいひ)たまふなかれ
  27. ラブシヤケかれらに言ふわが君(きみ)唯(たゞ)我を汝の主(きみ)と汝とにつかはして此言(このことば)をのべしめたまふならんや亦(また)石垣の上に坐(ざ)する人々にも我を遣(つかは)して彼等をして汝等とともに自己(おのれ)の便溺(べんでき)を食ひ且(かつ)飮(のむ)にいたらしめんとしたまふにあらずやと
  28. 而(しか)してラブシヤケ起(たち)あがりユダヤ語(ことば)をもて大聲(おほごゑ)に呼(よば)はり言(こと)をいだして曰(いひ)けるは汝等大王アツスリヤの王の言(ことば)を聽(き)け
  29. 王かく言(いひ)たまふ汝等ヒゼキヤに欺(あざむ)かるゝなかれ彼は汝等をわが手より救ひいだすことをえざるなり
  30. ヒゼキヤがヱホバかならず我らを救ひたまはん此邑(このまち)はアツスリヤの王の手に陷(おちい)らじと言(いひ)て汝らにヱホバをョ(たの)ましめんとするとも
  31. 汝等ヒゼキヤの言(ことば)を聽(きく)なかれアツスリヤの王かく言(いひ)たまふ汝等約をなして我に降(くだ)れ而(しか)して各人(おのおの)おのれの葡萄(ぶだう)の樹の果を食(くら)ひ各人おのれの無花果樹(いちじくのき)の果をくらひ各人おのれの井水(ゐどみづ)を飮めよ
  32. 我(われ)來(きた)りて汝等を一(ひとつ)の國(くに)に携(つれ)ゆかん其(それ)は汝儕(なんぢら)の國のごとき國(くに)穀(こく)と酒のある地パンと葡萄園(ぶだうばたけ)のある地(ち)油の出(いづ)る橄欖(かんらん)と蜜(みつ)とのある地なり汝等は生(いく)ることを得(え)ん死(しぬ)ることあらじヒゼキヤ、ヱホバ我儕(われら)を救ひたまはんと言(いひ)て汝らを勸(すゝむ)るともこれを聽(きく)なかれ
  33. 國々の神の中(うち)執(いづれ)かその國(くに)をアツスリヤの王の手より救(すく)ひたりしや
  34. ハマテおよびアルパデの神々は何處(いづく)にあるセパルワイム、ヘナおよびアワの神々は何處(いづく)にあるやサマリヤをわが手より救ひ出(いだ)せし神々あるや
  35. 國々の神の中(うち)にその國をわが手より救(すく)ひいだせし者ありしや然(され)ばヱホバいかでかエルサレムをわが手より救ひいだすことを得(え)んと
  36.  然(され)ども民は默(もく)して一言(ひとこと)もこれに應(こた)へざりき其(そ)は王(わう)命じてこれに應(こた)ふるなかれと言(いひ)おきたればなり
  37. かくてヒルキヤの子なる宮内卿(くないきやう)エリアキム書記官セブナおよびアサの子なる史官(しくわん)ヨアその衣(ころも)をさきてヒゼキヤの許(もと)にいたりラブシヤケの言(ことば)をこれに告(つげ)たり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書