目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第19章(CHAPTER 19)

  1. ヒゼキヤ王これを聞(きゝ)てその衣(ころも)を裂(さ)き麻布(あさぬの)を身にまとひてヱホバの家に入り
  2. 宮内卿(くないきやう)エリアキムと書記官セブナと祭司の中の長老(としより)等とに麻布(あさぬの)を衣(き)せてこれをアモツの子預言者イザヤに遣(つかは)せり
  3. 彼等イザヤに言(いひ)けるはヒゼキヤかく言ふ今日は艱難(なやみ)の日 懲罰(こらしめ)の日 打棄(うちすて)らるゝ日なり嬰孩(こども)すでに産門(さんもん)にいたりて之(これ)を産(うみ)いだす力なき也(なり)
  4. ラブシヤケその主君(きみ)なるアツスリヤの王に差遣(つかはさ)れて來(きた)り活(いけ)る神を謗(そし)る汝の神ヱホバあるひは彼の言(ことば)を聞(きゝ)たまはん而(しか)して汝の神ヱホバその聞(きけ)る言語(ことば)を責罰(とがめ)たまふこともあらん然(され)ば汝この遺(のこれ)る者の爲(ため)に祈祷(いのり)をたてまつれと
  5. ヒゼキヤ王の僕等(しもべら)すなはちイザヤの許(もと)にいたりければ
  6. イザヤかれらに言(いひ)けるは汝等の主君(きみ)にかく言(いふ)べしヱホバかく言(いひ)たまふアツスリヤの王の臣僕等(しもべら)が我を謗(そし)るところの言(ことば)を汝聞(きゝ)て懼(おそ)るゝなかれ
  7. 我かれの氣をうつして風聲(うはさ)を聞(きゝ)て己(おのれ)の國にかへるにいたらしめん我また彼をして自己(おのれ)の國に於(おい)て劍(つるぎ)に斃(たふ)れしむべしと
  8.  偖(さて)またラブシヤケは歸(かへ)りゆきてアツスリヤの王がリブナに戰爭(たゝかひ)をなしをるところに至れり其(そ)は彼そのラキシを離れしを聞(きゝ)たればなり
  9. 茲(こゝ)にアツスリヤの王はエテオピアの王テルハカ汝に攻(せめ)きたると言ふを聞(きゝ)てまた使者(つかひ)をヒゼキヤにつかはして言(いは)しむ
  10. 汝等ユダの王ヒゼキヤに告(つげ)て言(いふ)べし汝エルサレムはアツスリヤの王の手に陷(おちい)らじと言(いひ)て汝がョ(たの)むところの神に欺(あざむ)かるゝなかれ
  11. 汝はアツスリヤの王等が萬(よろづ)の國々になしたるところの事を知る即(すなは)ちこれを滅(ほろぼ)しつくせしなり然(され)ば汝いかで救(たすか)らんや
  12. 吾父(わがちゝ)等はゴザン、ハラン、レゼフおよびテラサルのエデンの人々等を滅ぼせしがその國々の神これを救ひたりしや
  13. ハマテの王アルパデの王セパルワイムの邑(まち)およびヘナとアワの王等は何處(いづく)にあるや
  14.  ヒゼキヤ使者(つかひ)の手より書(ふみ)を受(うけ)てこれを讀(よ)みヱホバの家にのぼりゆきてヱホバの前にこれを展開(ひろ)げ
  15. 而(しか)してヒゼキヤ、ヱホバの前に祈りて言(いひ)けるはケルビムの間にいますイスラエルの神ヱホバよ世の國々の中(うち)において只(たゞ)汝のみ神にいます也(なり)汝は天地を造りたまひし者にいます
  16. ヱホバよ耳を傾けて聞(きゝ)たまへヱホバよ目を開きて見たまへセナケリブが活(いけ)る神を謗(そし)りにおくれる言語(ことば)を聞(きゝ)たまへ
  17. ヱホバよ誠(まこと)にアツスリヤの王等は諸(もろもろ)の民とその國々を滅(ほろぼ)し
  18. 又その神々を火になげいれたり其等(それら)は神にあらず人の手の作れる者にして木石(ぼくせき)たればこれを滅(ほろぼ)せしなり
  19. 今われらの神ヱホバよ願くは我らをかれの手より拯(すく)ひいだしたまへ然(しから)ば世の國々皆汝ヱホバのみ神にいますことを知(しる)にいたらん
  20.  茲(こゝ)にアモツの子イザヤ、ヒゼキヤに言(いひ)つかはしけるはイスラエルの神ヱホバかく言(いひ)たまふ汝がセナケリブの事につきて我に祈るところの事は我これを聽(きけ)り
  21. ヱホバが彼の事につきて言ふところの言語(ことば)は是(かく)のごとし云(いは)く處女(をとめ)なる女子(むすめ)シオンは汝を藐視(かろん)じ汝を嘲(あざけ)る女子(むすめ)エルサレムは汝にむかひて頭(かしら)を搖(ふ)る
  22. 汝(なんぢ)誰を謗(そし)りかつ罵詈(のゝしり)しや汝誰にむかひて聲(こゑ)をあげしや汝はイスラエルの聖者(きよきもの)にむかひて汝の目を高く擧(あげ)たるなり
  23. 汝(なんぢ)使者(つかひ)をもて主(しゆ)を謗(そしり)て言ふ我(われ)夥多(おびたゞし)き兵車(いくさぐるま)をひきゐて山々の嶺(いたゞき)にのぼりレバノンの奧にいたり長(たけ)高き香柏(かうはく)と美(うるは)しき松樹(まつのき)を斫(きり)たふす我その境(さかひ)の休息所(やすみどころ)にいたりその園(その)の林にいたる
  24. 我は外國(よそぐに)の地をほりて水を飮む我は足の跖(うら)をもてエジプトの河々をことごとくふみ涸(から)すなり
  25.  汝(なんぢ)聞(きか)ずや昔われ之(これ)を作(な)し古時(いにしへ)よりわれ之(これ)を定めたり今われ之(これ)をおこなふ即(すなは)ち堅(かた)き邑々(まちまち)は汝のために[あれ]墟(あと)となるなり
  26. 是(こゝ)をもてそれらの中(うち)にすむ民は力弱かり懼(おそ)れかつ驚くなり彼等は野の草のごとく菜のごとく屋蓋(やね)の草のごとく枯(かる)る苗(なへ)のごとし
  27. 汝の止(とゞま)ると汝の出(いづ)ると汝の入(いる)と汝の我にむかひて怒(いかり)くるふとは我の知(しる)ところなり
  28. 汝の怒(いかり)くるふ事と汝の傲慢(ほこる)ところの事(こと)上(のぼ)りてわが耳にいりたれば我(われ)圏(わ)を汝の鼻につけ轡(くつわ)を汝の唇(くちびる)にほどこして汝を元(もと)來(き)し道へひきかへすべし
  29.  是(これ)は汝にあたふる徴(しるし)なり即(すなは)ち一年は[ひつぢぼ]を食(くら)ひ第二年(にねんめ)には又その[ひつぢぼ]を食(くら)ふあらん第三年(さんねんめ)には汝ら稼(まく)ことをし穡(かる)ことをし又葡萄園(ぶだうばたけ)をつくりてその果を食(くら)ふべし
  30. ユダの家の逃(のが)れて遺(のこ)れる者は復(また)根を下に張り實(み)を上に結ばん
  31. 即(すなは)ち殘餘者(のこれるもの)エルサレムより出(い)で逃避(のがれ)たる者シオン山より出(いで)きたらんヱホバの熱心これを爲(なす)べし
  32. 故(ゆゑ)にヱホバ、アツスリヤの王の事をかく言(いひ)たまふ彼は此邑(このまち)に入(いら)じ亦(また)これに矢を發(はな)つことあらず楯(たて)を之(これ)にむかひて竪(たつ)ることあらず亦(また)壘(るゐ)をきづきてこれを攻(せむ)ることあらじ
  33. 彼はその來(き)し路(みち)より歸(かへ)らん此邑(このまち)にいることあらじヱホバこれを言ふ
  34. 我わが身のため又わが僕(しもべ)ダビデのためにこの邑(まち)を守りてこれを救ふべし
  35.  その夜ヱホバの使者(つかひ)いでてアツスリヤ人(びと)の陣營(ぢんえい)の者十八萬五千人を撃(うち)ころせり朝早く起(おき)いでて見るに皆死(しに)て屍(しかばね)となりをる
  36. アツスリヤの王セナケリブすなはち起(たち)いで歸(かへ)りゆきてニネベに居(をり)しが
  37. その神ニスロクの家にありて禮拝(をがみ)をなしをる時にその子アデランメレクとシヤレゼル劍(つるぎ)をもてこれを殺せり而(しか)して彼等はアララテの地に逃(にげ)ゆけり是(こゝ)においてその子エサルハドンこれに代(かは)りて王となれり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書