目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第25章(CHAPTER 25)

  1. 茲(こゝ)にゼデキヤの代(よ)の九年の十月十日にバビロンの王ネブカデネザルその諸軍勢を率(ひきゐ)てヱルサレムに攻(せめ)きたりこれにむかひて陣を張り周圍(まはり)に雲梯(うんてい)を建(たて)てこれを攻(せめ)たり
  2. かくこの邑(まち)攻(せめ)かこまれてゼデキヤ王の十一年にまでおよびしが
  3. その四月九日にいたりて城邑(まち)の中(うち)饑(うゆ)ること甚(はなは)だしくなりその地の民食物を得(え)ざりき
  4. 是(こゝ)をもて城邑(まち)つひに打破られければ兵卒はみな王の園の邊(ほとり)なる二箇(ふたつ)の石垣の間の途(みち)より夜の中(うち)に逃(にげ)いで皆平地の途(みち)にしたがひておちゆけり時にカルデア人(びと)は城邑(まち)を圍(かこ)みをる
  5. 茲(こゝ)にカルデア人(びと)の軍勢王を追(おひ)ゆきヱリコの平地にてこれに追つきけるにその軍勢みな彼を離れて散(ちり)しかば
  6. カルデア人(びと)王を執(とら)へてこれをリブラにをるバビロンの王の許(もと)に曳(ひき)ゆきてその罪をさだめ
  7. ゼデキヤの子等をゼデキヤの目の前に殺しゼデキヤの目を抉(つぶ)しこれを鋼索(くさり)につなぎてバビロンにたづさへゆけり
  8.  バビロンの王ネブカデネザルの代(よ)の十九年の五月七日にバビロンの王の臣(しん)侍衛(じゑい)の長(かしら)ネブザラダン、ヱルサレムにきたり
  9. ヱホバの室(いへ)と王の室(いへ)を燒き火をもてヱルサレムのすべての室(いへ)と一切(すべて)の大(おほい)なる室(いへ)を燒(やけ)り
  10. また侍衛(じゑい)の長(かしら)とともにありしカルデア人(びと)の軍勢ヱルサレムの四周(まはり)の石垣を毀(こぼ)てり
  11. 侍衛(じえい)の長(かしら)ネブザラダンすなはち邑(まち)に遺(のこ)されし殘餘(のこり)の民およびバビロンの王に降(くだ)りし降人(かうにん)と群衆の殘餘者(のこれるもの)を虜(とら)へうつせり
  12. 但(たゞ)し侍衛の長その地の或(ある)貧者(まづしきもの)をのこして葡萄(ぶだう)をつくる者となし農夫となせり
  13.  カルデア人(びと)またヱホバの家の銅(あかゞね)の柱と洗盤(たらひ)の臺(だい)と銅(あかゞね)の海をくだきてその銅(あかゞね)をバビロンに運び
  14. また鍋(なべ)と[じふのう]と燈剪(しんとり)と匙(さじ)および凡(すべ)て役事(つとめ)に用ふる銅(あかゞね)の器(うつは)を取(とれ)り
  15. 侍衛(じゑい)の長(かしら)また火盤(ひざら)と鉢(はち)など金銀にて作れる物を取り
  16. またソロモンがヱホバの室(いへ)に造りしところの二(ふたつ)の柱と一(ひとつ)の海と臺(だい)とを取(とれ)り此(この)もろもろの銅(あかゞね)の重(おもさ)は量(はか)るべからず
  17. この柱は高さ十八キユビトにしてその上に銅(あかゞね)の頂(かしら)ありその頂(かしら)の高(たかさ)は三キユビトその頂(かしら)の四周(まはり)に網子(あみ)と石榴(ざくろ)とありて皆(みな)銅(あかゞね)なり他の柱とその網子(あみ)もこれに同じ
  18.  侍衛(じゑい)の長(かしら)は祭司の長(をさ)セラヤと第二の祭司ゼパニヤと三人の門守(かどもり)を執(とら)へ
  19. また兵卒を督(つかさ)どる一人の寺人(じじん)と王の前にはべる者の中(うち)邑(まち)にて遇(あひ)しところの者五人とその地の民を募(つの)る軍勢の長(かしら)なる書記官と城邑(まち)の中(うち)にて遇(あひ)しところの六十人の者を邑(まち)より虜(とら)へされり
  20. 侍衛(じゑい)の長(かしら)ネブザラダンこれらを執(とら)へてリブラにをるバビロンの王の許(もと)にいたりければ
  21. バビロンの王ハマテの地のリブラにてこれらを撃殺(うちころ)せりかくユダはおのれの地よりとらへ移されたり
  22.  かくてバビロンの王ネブカデネザルは自己(おのれ)が遺(のこ)してユダの地に止(とゞま)らしめし民の上にシヤパンの子なるアヒカムの子ゲダリヤをたててこれをその督者(つかさ)となせり
  23. 茲(こゝ)に軍勢の長等(かしらたち)およびこれに屬(ぞく)する人々みなバビロンの王がゲダリヤを督者(つかさ)となせしことを聞(きゝ)しかばすなはちネタニヤの子イシマエル、カレヤの子ヨハナン、ネトパ人(びと)タンホメテの子セラヤおよび或(ある)マアカ人(びと)の子ヤザニヤならびに彼らに屬する人々ミヅパにきたりてゲダリヤの許(もと)にいたれり
  24. ゲダリヤすなはち彼等とかれらに屬する人々に誓(ちか)ひてこれに言(いひ)けるは汝等カルデア人(びと)の僕(しもべ)となることを恐るゝなかれこの地に住(すみ)てバビロンの王につかへなば汝等幸福(さいはひ)ならんと
  25. 然(しか)るに七月に王の血統(ちすぢ)なるエリシヤマの子ネタニヤの子なるイシマエル十人の者とともに來(きた)りてゲダリヤを撃(うち)ころし又彼とともにミヅパにをりしユダヤ人(びと)とカルデア人(びと)を殺せり
  26. 是(こゝ)において大小の民および軍勢の長(かしら)等みな起(たち)てエジプトにおもむけり是(こ)はカルデヤ人(びと)をおそれたればなり
  27.  ユダの王ヱホヤキンがとらへ移(うつさ)れたる後(のち)三十七年の十二月二十七日バビロンの王エビルメロダクその代(よ)の一年にユダの王ヱホヤキンを獄(ひとや)より出(いだ)してその首(かうべ)をあげしめ
  28. 善言(よきことば)をもて彼をなぐさめその位(くらゐ)をバビロンにともに居(を)るところの王等の位(くらゐ)よりも高くし
  29. その獄(ひとや)の衣服(ころも)を易(かへ)しめたりヱホヤキンは一生のあひだつねに王の前に食をなせり
  30. かれ一生のあひだたえず日々の分を王よりたまはりてその食物(くひもの)となせり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書