目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Old Testament「Book of Nehemiah」
旧約聖書:ネヘミヤ記

第2章(CHAPTER 2)

  1. 茲(こゝ)にアルタシヤスタ王の二十年ニサンの月(つき)王の前に酒のいでし時我(われ)酒をつぎて王にたてまつれり我は今まで王の前にて憂色(うきいろ)を帶(おび)しこと有(あら)ざりき
  2. 王われに言(いひ)けるは汝は疾病(やまひ)も有(あら)ざるに何とて面(かほ)に憂色(うきいろ)を帶(おぶ)るや是(これ)他(ほか)ならず心に憂(うれ)ふる所あるなりと是(こゝ)において我(われ)甚(はなは)だ大(おほい)に懼(おそ)れたりしが
  3. 遂(つひ)に王に奏(まう)して曰(い)ふ願(ねがは)くは王(わう)長壽(いのちなが)かれ我(わ)が先祖の墓の地たるその邑(まち)は荒蕪(あれはて)その門は火にて焚(やけ)たれば我いかで顔に憂色(うきいろ)を帶(おび)ざるを得(え)んやと
  4. 王われに向ひて然(しか)らば汝何をなさんと願ふやと言(いひ)ければ我すなはち天の神に祈りて
  5. 王に言(いひ)けるは王もし之(これ)を善(よし)としたまひ我もし汝の前に恩(めぐみ)を得たる者なりせば願くはユダにあるわが先祖の墓の邑(まち)に我を遣(つか)はして我にこれを建(たて)起(おこ)さしめたまへと
  6. 時に后妃(きさき)も傍(かたはら)に坐(ざ)しをりしが王われに言(いひ)けるは汝が往(ゆき)てをる間は何程なるべきや何時頃(いつごろ)歸(かへ)りきたるやと王かく我を遣(つか)はすことを善(よし)としければ我(われ)期(とき)を定めて奏(まう)せり
  7. 而(しか)して我また王に言(いひ)けるは王もし善(よし)としたまはゞ請(こ)ふ河外(かはむか)ふの總督(そうとく)等に與(あた)ふる書(ふみ)を我に賜(たま)ひ彼らをして我をユダまで通さしめたまへ
  8. また王の山林を守るアサフに與(あた)ふる書(ふみ)をも賜(たま)ひ彼をして殿(みや)に屬する城の門を作り邑(まち)の石垣および我(わ)が入(いる)べき家に用ふる材木を我に授(さづ)けしめたまへと我神(わがかみ)善(よ)く我を助けたまひしに因(より)て王これを我に允(ゆる)せり
  9.  是(こゝ)に於(おい)て我(われ)河外(かはむか)ふの總督(そうとく)等に詣(いた)りて王の書(ふみ)をこれに付(わた)せり王は軍長(ぐんちやう)數人に騎兵をそへて我に伴(とも)なはせたり
  10. 時にホロニ人(びと)サンバラテおよびアンモニ人(びと)奴隸(どれい)トビヤこれを聞きイスラエルの子孫(ひとびと)の安寧(あんねい)を求むる人來(きた)れりとて大(おほい)に憂(うれ)ふ
  11. 我ついにヱルサレムに到りて彼處(かしこ)に三日居(を)りける後
  12. 夜中に起(おき)いでたり數人の者われに伴(とも)なふ我はわが神がヱルサレムのために爲(なさ)せんとて我心(わがこゝろ)に入(いれ)たまひし所の事を何人(なにびと)にも告(つげ)しらせず亦(また)我(わ)が乗(のれ)る一匹の畜(けもの)の外(ほか)には畜(けもの)を引つれざりき
  13. 我すなはち夜中に立(たち)いで谷の門を通り龍井(たつゐど)の對面(むかひ)を經(へ)糞門(ふんもん)に至りてヱルサレムの石垣を閲(けみ)せしにその石垣は頽(くづ)れをりその門は已(すで)に火に焚(やけ)てありき
  14. かくて又前(すゝ)みて泉の門にゆき王の池にいたりしに我(わ)が乗(のれ)る畜(けもの)の通るべき處(ところ)なかりき
  15. 我(われ)亦(また)その夜の中(うち)に渓川(たにがは)に沿(そふ)て進みのぼりて石垣を觀(み)めぐり頓(やが)て身を反(かへ)して谷の門より歸(かへ)りいりぬ
  16. 然(しか)るに牧伯(つかさ)等は我(わ)が何處(いづく)に往(ゆき)しか何を爲(なせ)しかを知(しら)ざりき我(われ)また未(いま)だこれをユダヤ人(びと)にも祭司にも貴(たふと)き人にも方伯(つかさ)等にも其他(そのほか)の役人にも告(つげ)しらせざりしが
  17.  遂(つひ)に彼らに言(いひ)けるは汝らの見るごとく我儕(われら)の境遇(ありさま)は惡(あし)くヱルサレムは荒(あれ)はてその門は火に焚(やけ)たり來(きた)れ我儕(われら)ヱルサレムの石垣を築きあげて再び世の凌辱(はづかしめ)をうくることなからんと
  18. 而(しか)して我わが神の善(よく)われを助けたまひし事を彼らに告げまた王の我に語りし言詞(ことば)をも告(つげ)しらせければ去來(いざ)起(たち)て築かんと言ひ皆(みな)奮(ふる)ひてこの美事(よきこと)を爲(なさ)んとす
  19. 時にホロニ人(びと)サンバラテ、アンモニ人(びと)奴隸(どれい)トビヤおよびアラビヤ人(びと)ガシムこれを聞(きゝ)て我らを嘲(あざ)けり我儕(われら)を悔(あなど)りて言ふ汝ら何事をなすや王に叛(そむ)かんとするなるかと
  20. 我すなはち答へて彼らに言ふ天の神われらをして志(こゝろざし)を得(え)させたまはん故(ゆゑ)に其(その)僕(しもべ)たる我儕(われら)起(たち)て築くべし然(され)ど汝らはヱルサレムに何の分もなく權理(けんり)もなく記念(きねん)もなしと

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ネヘミヤ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書