目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Old Testament「Book of Nehemiah」
旧約聖書:ネヘミヤ記

第9章(CHAPTER 9)

  1. その月の二十四日にイスラエルの子孫(ひとびと)あつまりて斷食(だんじき)し麻布(あさぬの)を纒(まと)ひ土を蒙(かむ)れり
  2. イスラエルの裔(すゑ)たる者一切(すべて)の異邦人(ことくにびと)とはなれ而(しか)して立(たち)て己(おのれ)の罪と先祖の愆(とが)とを懺悔(ざんげ)し
  3. 皆おのおのがその處(ところ)に立(たち)てこの日の四分の一をもてその神ヱホバの律法(おきて)の書(ふみ)を誦(よ)み他の四分の一をもて懺悔(ざんげ)をなしその神ヱホバを拝(をが)めり
  4. 時にヱシユア、バニ、カデミエル、シバニヤ、ブンニ、セレビヤ、バニ、ケナニ等レビ人の臺(だい)に立ち大聲(おほごゑ)を擧(あげ)てその神ヱホバに呼(よば)はれり
  5.  斯(かく)てまたヱシユア、カデミエル、バニ、ハシヤブニヤ、セレビヤ、ホデヤ、セバニヤ、ペタヒヤなどのレビ人(びと)言(いひ)けらく汝ら起(たち)あがり永遠より永遠にわたりて在(いま)す汝らの神ヱホバを讃(ほめ)よ汝の尊(たふと)き御名(みな)は讃(ほむ)べきかな是(これ)は一切(すべて)の讃(ほめ)にも崇(あがめ)にも遠く超(こゆ)るなり
  6. 汝は唯(たゞ)なんぢのみヱホバにまします汝は天と諸天(しょてん)の天およびその萬象(ばんざう)地とその上の一切(すべて)の物ならびに海とその中の一切(すべて)の物を造り之(これ)をことごとく保存(たもた)せたまふなり天軍(てんぐん)なんぢを拝(はい)す
  7. 汝はヱホバ神にまします汝は在昔(むかし)アブラムを撰(えら)みてカルデヤのウルより之(これ)を導きいだしアブラハムといふ名をこれにつけ
  8. その心の汝の前に忠信(まめやか)なるを觀(み)そなはし之(これ)に契約(けいやく)を立(たて)てカナン人(びと)ヘテ人(びと)アモリ人(びと)ペリジ人(びと)ヱブス人(びと)およびギルガシ人(びと)の地をこれに與(あた)へその子孫に授(さづ)けんと宣(のた)まひて終(つひ)に汝の言(ことば)を成(なし)たまへり汝は實(まこと)に義(たゞ)し
  9.  汝は我らの先祖がエジプトにて艱難(なやみ)を受(うく)るを鑒(かんが)みその紅海(こうかい)の邊(ほとり)にて呼(よば)はり叫ぶを聽(きゝ)いれ
  10. 異兆(しるし)と奇蹟(きせき)とをあらはしてパロとその諸臣(しょしん)とその國の庶民(もろもろのたみ)とを攻(せめ)たまへりそはかれらは傲(ほこ)りて我らの先祖等を攻(せめ)しことを知(しり)たまへばなり而(しか)して汝の名を揚(あげ)たまへること尚(なほ)今日のごとし
  11. 汝はまた彼らの前にあたりて海を分(わか)ち彼らをして旱(かわ)ける地を踏(ふみ)て海の中を通らしめ彼らを追ふ者をば石を大水に投(なげ)いるゝごとくに淵(ふち)に投(なげ)いれたまひ
  12. また晝(ひる)は雲の柱をもて彼らを導き夜は火の柱をもて其(その)往(ゆく)べき路(みち)を照(てら)したまひき
  13. 汝はまたシナイ山の上に降(くだ)り天より彼らと語(ものい)ひ正しき例規(さだめ)および眞(まこと)の律法(おきて)善(よ)き法度(のり)および誡命(いましめ)を之(これ)に授(さづ)け
  14. 汝の聖安息日(せいあんそくにち)を之(これ)に示し汝の僕(しもべ)モーセの手によりて誡命(いましめ)と法度(のり)と律法(おきて)を之(これ)に命じ
  15. 天より食物を之(これ)に與(あた)へてその餓(うゑ)をとゞめ磐(いは)より水を之(これ)がために出(いだ)してその渇(かわき)を濕(うるほ)し且(かつ)この國をなんぢらに與(あた)へんと手を擧(あげ)て誓(ちか)ひ給(たま)ひしその國に入(いり)これを獲(う)べきことをかれらに命じたまへり
  16.  然(しか)るに彼等すなはち我らの先祖みづから傲(ほこ)りその項(うなじ)を強(こは)くして汝の誡命(いましめ)に聽(きゝ)したがはず
  17. 聽從(きゝしたが)ふことを拒(こば)み亦(また)なんぢが其中(そのなか)にて行(おこな)ひたまひし奇蹟(きせき)を憶(おも)はず還(かへつ)てその項(うなじ)を強(こは)くし悖(もと)りて自(みづか)ら一人の首領(かしら)を立(たて)てその奴隸(どれい)たりし處(ところ)に歸(かへ)らんとせり然(しか)りと雖(いへど)も汝は罪を赦(ゆる)す神にして恩惠(めぐみ)あり憐憫(あはれみ)あり怒(いか)ること遅(おそ)く慈悲(じひ)厚(あつ)くましまして彼らを棄(すて)たまはざりき
  18. また彼ら自(みづか)ら一箇(ひとつ)の犢(こうし)を鋳造(いつく)りて是(これ)は汝をエジプトより導き上りし汝の神なりと言(いひ)て大(おほい)に震怒(いかり)をひきおこす事を行(おこな)ひし時にすら
  19. 汝は重々(かさねがさね)も憐憫(あはれみ)を垂(たれ)て彼らを荒野(あれの)に棄(すて)たまはず晝(ひる)は雲の柱その上を離れずして之(これ)を途(みち)に導き夜は火の柱離れずして之(これ)を照(てら)しその行(ゆく)べき路(みち)を示したりき
  20. 汝はまた汝の善霊(よきみたま)を賜(たま)ひて彼らを訓(をし)へ汝のマナを常に彼らの口にあたへまた水を彼らに與(あた)へてその渇(かわき)をとゞめ
  21. 四十年の間かれらを荒野(あれの)に養(やしな)ひたまひたれば彼らは何の缺(かく)る所もなくその衣服(ころも)も古びずその足も腫(はれ)ざりき
  22. 而(しか)して汝(なんぢ)諸國 諸民を彼らにあたへて之(これ)を各々に分(わか)ち取(とら)しめ給(たま)へりかれらはシホンの地ヘシボンの王の地およびバシヤンの王オグの地を獲(え)たり
  23. 斯(かく)てまた汝は彼らの子孫を増(まし)て空の星のごなくならしめ前(さき)にその先祖等に入(いり)て獲(え)よと宣(のた)まひたる地に之(これ)を導きいりたまひしかば
  24. 則(すなは)ちその子孫入(いり)てこの地を獲(え)たり斯(かく)て汝この地にすめるカナン人(びと)をかれらの前に打伏(うちふ)せその王等およびその國の民をかれらの手に付(わた)して意(こゝろ)のまゝに之(これ)を待(あつか)はしめたまひき
  25. 斯(かゝ)りしかば彼ら堅固(けんご)なる邑々(まちまち)および膏腴(ゆたか)なる地を取り各種の美物(よきもの)の充(みつ)る家(いへ)鑿井(ほりゐど)葡萄園(ぶだうぞの)橄欖園(かんらんぞの)および許多(あまた)の菓(くだもの)の樹を獲(え)乃(すな)はち食(くら)ひて飽(あ)き肥(こえ)太り汝の大(おほい)なる恩惠(めぐみ)に沾(うるほ)ひて樂(たのし)みたりしが
  26.  尚(なほ)も悖(もと)りて汝に叛(そむ)き汝の律法(おきて)を後(うしろ)に抛擲(なげう)ち己(おのれ)を戒(いま)しめて汝に歸(かへ)らせんとしたる預言者等を殺し大(おほい)に震怒(いかり)を惹(ひき)おこす事を行なへり
  27. 是(これ)に因(より)て汝かれらをその敵の手に付(わた)して窘(くる)しめさせたまひしが彼らその艱難(なやみ)の時に汝に呼はりければ汝(なんぢ)天より之(これ)を聽(きゝ)て重々(かさねがさね)も憐憫(あはれみ)を加へ彼らに救ふ者を多く與(あた)へて彼らをその敵の手より救はせたまへり
  28. 然(しか)るに彼らは安(やすき)を獲(うる)の後(のち)復(また)も汝の前に惡(あし)き事を行(おこな)ひしかば汝かれらをその敵の手に棄(すて)おきて敵にこれを治(をさ)めしめたまひけるが彼ら復(また)立歸(たちかへ)りて汝に呼はりたれば汝(なんぢ)天よりこれを聽き憐憫(あはれみ)を加へてしばしば彼らを助け
  29. 彼らを汝の律法(おきて)に引(ひき)もどさんとして戒(いま)しめたまへり然(しか)りと雖(いへど)も彼らは自(みづか)ら傲(ほこ)りて汝の誡命(いましめ)に聽(きゝ)したがはず汝の例規(さだめ)(人のこれを行はゞ之(これ)によりて生(いく)べしといふ者)を犯(をか)し肩を聳(そびや)かし項(うなじ)を強(こは)くして聽(きく)ことをせざりき
  30. 斯(かゝ)りしかども汝は年ひさしく彼らを容(ゆる)しおき汝の預言者等に由(より)て汝の霊(みたま)をもて彼らを戒(いまし)めたまひしが彼等つひに耳を傾けざりしに因(より)て彼らを國々の民等の手に付(わた)したまへり
  31. されど汝は憐憫(あはれみ)おほくして彼らを全(まつた)くは絶(たや)さず亦(また)彼らを棄(すて)たまふことをも爲(なし)たまはざりき汝は恩惠(めぐみ)あり憐憫(あはれみ)ある神にましませばなり
  32.  然(され)ば我らの神(かみ)大(おほい)にして力強く且(かつ)畏(おそ)るべくして契約(けいやく)を保ち恩惠(めぐみ)を施(ほど)こしたまふ御神(おんかみ)ねがはくはアツスリヤの王等の日より今日にいたるまで我儕(われら)の王等 牧伯(つかさ)等 祭司 預言者 我らの先祖 汝の一切(すべて)の民等に臨(のぞ)みし諸(もろもろ)の苦難(くなん)を小(ちひさ)き事と觀(み)たまはざれ
  33. 我らに臨(のぞ)みし諸(もろもろ)の事につきては汝(なんぢ)義(たゞし)く在(いま)せり汝の爲(なし)たまひし所は誠實(まこと)にして我らの爲(なせ)しところは惡(あし)かりしなり
  34. 我らの王等 牧伯(つかさ)等 祭司 父祖等は汝の律法(おきて)を行(おこな)はず汝が用(もち)ひて彼らを戒(いま)しめたまひしその誡命(いましめ)と證詞(あかし)に聽(きゝ)從(したが)はざりき
  35. 即(すなは)ち彼らは己(おのれ)の國に居り汝の賜(たま)ふ大(おほい)なる恩惠(めぐみ)に沾(うるほ)ひ汝が與(あた)へてその前に置(おき)たまひし廣(ひろ)き膏腴(ゆたか)なる地にありける時に汝に事(つか)ふることを爲(せ)ず又ひるがへりて自己(おのれ)の惡(あし)き業(わざ)をやむる事もせざりしなり
  36. 鳴呼(あゝ)われらは今日奴隸(どれい)たり汝が我らの先祖に與(あた)へてその中(うち)の産出物(なりいでもの)およびその中の佳物(よきもの)を食(くら)はせんとしたまひし地にて我らは奴隸(どれい)となりをるこそはかなけれ
  37. この地は汝が我らの罪の故(ゆゑ)によりて我らの上に立(たて)たまひし王等のために衆多(おほく)の産物を出(いだ)すなり且(かつ)また彼らは我らの身をも我らの家畜をも意(こゝろ)のまゝに左右することを得(う)れば我らは大難(だいなん)の中(うち)にあるなり
  38. 此(この)もろもろの事のために我ら今堅(かた)き契約(けいやく)を立(たて)てこれを書(かき)しるし我らの牧伯(つかさ)等我らのレビ人(びと)我らの祭司これに印(いん)す

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ネヘミヤ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書