目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Old Testament「Book of Nehemiah」
旧約聖書:ネヘミヤ記

第10章(CHAPTER 10)

  1. 印を捺(おせ)る者はハカリヤの子テルシヤタ、ネヘミヤおよびゼデキヤ
  2. セラヤ、アザリヤ、ヱレミヤ
  3. パシユル、アマリヤ、マルキヤ
  4. ハツトシ、シバニヤ、マルク
  5. ハリム、メレモテ、オバデヤ
  6. ダニエル、ギンネトン、バルク
  7. メシユラム、アビヤ、ミヤミン
  8. マアジア、ビルガ、シマヤ是等(これら)は祭司(さいし)なり
  9. レビ人(びと)は即(すなは)ちアザニヤの子ヱシユア、ヘナダデの子ビンヌイ、カデミエル
  10. ならびに其(その)兄弟シバ二ヤ、ホデヤ、ケリタ、ペラヤ、ハナン
  11. ミカ、レホブ、ハシヤビヤ
  12. ザツクル、セレビヤ、シバ二ヤ
  13. ホデヤ、バニ、ベニヌ
  14. 民の長(かしら)たる者はパロシ、パハテモアブ、エラム、ザツト、バニ
  15. ブンニ、アズカデ、ベバイ
  16. アドニヤ、ビグワイ、アデン
  17. アテル、ヒゼキヤ、アズル
  18. ホデヤ、ハシユム、ベザイ
  19. ハリフ、アナトテ、ノバイ
  20. マグピアシ、メシユラム、ヘジル
  21. メシザベル、ザドク、ヤドア
  22. ペラテヤ、ハナン、アナニヤ
  23. ホセア、ハナニヤ、ハシユブ
  24. ハロヘシ、ピルハ、シヨベク
  25. レホム、ハシヤブナ、マアセヤ
  26. アヒヤ、ハナン、アナン
  27. マルク、ハリム、バアナ
  28.  その餘(ほか)の民 祭司 レビ人(びと)門をまもる者 謳歌者(うたうたふもの)ネテニ人(びと)ならびに都(すべ)て國々の民等と離れて神の律法(おきて)に附(つけ)る者およびその妻その男子(むすこ)女子(むすめ)など凡(およ)そ事を知り辨(わき)まふる者は
  29. 皆その兄弟たる貴(たふと)き人々に附(つき)したがひ呪詛(のろひ)に加はり誓(ちかひ)を立(たて)て云(いは)く我ら神の僕(しもべ)モーセによりて傳(つた)はりし神の律法(おきて)に歩み我らの主(しゆ)ヱホバの一切(すべて)の誡命(いましめ)およびその例規(さだめ)と法度(のり)を守り行(おこな)はん
  30. 我らは此地(このち)の民等に我らの女子(むすめ)を與(あた)へじ亦(また)われらの男子(むすこ)のために彼らの女子(むすめr)を娶(めと)らじ
  31. 比(この)地の民等たとひ貨物(しなもの)あるひは食物を安息日(あんそくにち)に携(たづさ)へ來(きた)りて賣(うら)んとするとも安息日または聖日(せいじつ)には我儕(われら)これを取(とら)じ又七年ごとに耕作(たがやし)を廢(や)め一切(すべて)の負債を免(ゆる)さんと
  32.  我らまた自(みづか)ら例(れい)を設(まう)けて年々にシケルの三分の一を出(いだ)して我らの神の室(いへ)の用となし
  33. 供物(そなへ)のパン常素祭(じやうそさい)常燔祭(じやうはんさい)のため安息日(あんそくにち)月朔(ついたち)および節會(せちゑ)の祭物(そなへもの)のため聖物(きよきもの)のためイスラエルの贖(あがなひ)をなす罪祭(ざいさい)および我らの神の家の諸(もろもろ)の工(わざ)のために之(これ)を用(もち)ゐることを定(さだ)む
  34. また我ら祭司(さいし)レビ人(びと)および民 籤(くじ)を掣(ひ)き律法(おきて)に記(しる)されたるごとく我らの神ヱホバの壇(だん)の上に焚(たく)べき薪木(たきゞ)の禮物(そなへもの)を年々定まれる時にわれらの宗家(そうけ)にしたがひて我らの神の室(いへ)に納(をさ)むる者を定め
  35. かつ誓(ちか)ひて云(い)ふ我らの産物(なりいでもの)の初(はつ)および各種(もろもろ)の樹の果(み)の初を年々ヱホバの室(いへ)に携(たづさ)へきたらん
  36. また我らの子等(こども)および我らの獣畜(けもの)の首出(うひご)および我らの牛羊の首出(うひご)を律法(おきて)に記(しる)されたるごとく我らの神の室(いへ)に携(たづさ)へ來(きた)りて我らの神の室(いへ)に事(つか)ふる祭司に交(わた)し
  37. 我らの麥粉(むぎこ)の初 われらの擧祭(きよさい)の物 各種の樹の果および洒 油を祭司の許(もと)に携(たづさ)へ到りて我らの神の家の室(へや)に納(をさ)め我らの産物(なりいでもの)の什一(じふいつ)をレビ人(びと)に與(あた)へんレビ人(びと)は我らの一切(すべて)の農作の邑(まち)においてその什一(じふいつ)を受(うく)べき者なればなり
  38. レビ人(びと)什一(じふいつ)を受(うく)る時にはアロンの子孫たる祭司(さいし)一人そのレビ人(びと)と偕(とも)にあるべし而(しか)してまたレビ人(びと)はその什一(じふいつ)の十分の一を我らの神の家に携(たづさ)へ上りて府庫(くら)の諸室(もろもろのへや)に納(をさ)むべし
  39. 即(すなは)ちイスラエルの子孫およびレビの子孫は穀物(こくもつ)および酒油の擧祭(きよさい)を携(たづ)さへいたり聖所(きよきところ)の器皿(うつはもの)および奉事(つとめ)をする祭司(さいし)門を守る者 謳歌者(うたうたふもの)などが在(あ)るところの室(へや)に之(これ)を納(をさ)むべし我らは我らの神の家を棄(すて)じ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ネヘミヤ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書