目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Old Testament「Book of Nehemiah」
旧約聖書:ネヘミヤ記

第12章(CHAPTER 12)

  1. シヤルテルの子ゼルバベルおよびヱシユアと偕(とも)に上(のぼ)りきたりし祭司とレビ人(びと)は左のごとし セラヤ、ヱレミヤ、エズラ
  2. アマリヤ、マルク、ハツトシ
  3. シカニヤ、レホム、メレモテ
  4. イド、ギンネトイ、アビヤ
  5. ミヤミン、マアデヤ、ビルガ
  6. シマヤ、ヨヤリブ、ヱダヤ
  7. サライ、アモク、ヒルキヤ、ヱダヤ 是等(これら)の者はヱシユアの世に祭司およびその兄弟等の長(かしら)たりき
  8.  またレビ人(びと)はヱシユア、ビンヌイ、カデミエル、セレビヤ、ユダ、マツタニヤ、マツタニヤはその兄弟とともに感謝の事を掌(つかさ)どれり
  9. またその兄弟バクブキヤおよびウンノ之(これ)と相對(あひむか)ひて職務(つとめ)をなせり
  10. ヱシユア、ヨアキムを生みヨアキム、エリアシブを生み エリアシブ、ヨイアダを生み
  11. ヨイアダ、ヨナタンを生み ヨナタン、ヤドアを生(うめ)り
  12.  ヨアキムの日に祭司等の宗家(そうけ)の長たりし者はセラヤの族(やから)にてはメラヤ、ヱレミヤの族(やから)にてはハナニヤ
  13. エズラの族にてはメシユラム、アマリヤの族にてはヨハナン
  14. マルキの族にてはヨナタン、シバニヤの族にてはヨセフ
  15. ハリムの族にてはアデナ、メラヨテの族にてはヘルカイ
  16. イドの族にてはゼカリヤ、ギンネトンの族にてはメシユラム
  17. アビヤの族にてはジクリ、ミニヤミンの族モアデヤの族にてはピルタイ
  18. ビルガの族にてはシヤンマ、シマヤの族にてはヨナタン
  19. ヨヤリブの族にてはマツテナイ、ヱダヤの族にてはウジ
  20. サライの族にてはカライ、アモクの族にてはエベル
  21. ヒルキヤの族にてはハシヤビヤ、ヱダヤの族にてはネタンエル
  22.  エリアシブ、ヨイアダ、ヨハナンおよびヤドアの日にレビ人(びと)の宗家の長等 冊(ふみ)に録(しる)さる亦(また)ペルシヤ王ダリヨスの治世(ぢせい)に祭司等も然(しか)せらる
  23. 宗家の長たるレビ人(びと)はエリアシブの子ヨハナンの日まで凡(すべ)て歴代志(れきだいし)の書(ふみ)に記(しる)さる
  24. レビ人(びと)の長(かしら)はハシヤビヤ、セレビヤおよびカデミエルの子ヱシユアなりその兄弟等これと相對(あひむか)ひて居(を)る即(すなは)ち彼らは班列(くみ)と班列(くみ)とあひむかひ居(を)り神の人ダビデの命令に本(もと)づきて讃美(さんび)と感謝とをつとむ
  25. マツタニヤ、バクブキヤ、オバデヤ、メシユラム、タルモン、アツクブは門を守る者にして門の内の府庫(くら)を伺(うかゞ)ひ守れり
  26. 是等(これら)はヨザダクの子ヱシユアの子ヨアキムの日に在(あ)り總督(そうとく)ネヘミヤおよび學士(がくし)たる祭司エズラの日に在(あ)りし者なり
  27.  ヱルサレムの石垣の落成(らくせい)せし節會(いはひ)に當(あた)りてレビ人(びと)をその一切(すべて)の處(ところ)より招(まね)きてヱルサレムに來(きた)らせ感謝と歌と[ねうはち]と瑟(しつ)と琴(こと)とをもて歓喜(よろこび)を盡(つく)してその落成の節會(いはひ)を行(おこな)はんとす
  28. 是(こゝ)において謳歌(うたうた)ふ徒輩(ともがら)ヱルサレムの周圍(まはり)の窪地(くぼち)およびネトパ人(びと)の村々より集り來(きた)り
  29. またベテギルガルおよびゲバとアズマウテとの野より集り來(きた)れりこの謳歌者(うたうたふもの)等はヱルサレムの周圍(まはり)に己(おのれ)の村々を建(たて)たりき
  30. 茲(こゝ)に祭司およびレビ人(びと)身を潔めまた民および諸(もろもろ)の門と石垣とを潔(きよ)めければ
  31.  我すなはちユダの牧伯(つかさ)等をして石垣の上に上(のぼ)らしめ又二(ふたつ)の大(おほい)なる隊(くみ)を作り設けて之(これ)に感謝の詞(ことば)を唱(とな)へて並(ならび)進ましむ即(すなは)ちその一(ひとつ)は糞(ふん)の門を指(さし)て石垣の上を右に進めり
  32. その後(あと)につきて進める者はホシヤヤおよびユダの牧伯(つかさ)の半(なかば)
  33. ならびにアザリヤ、エズラ、メシユラム
  34. ユダ、ベニヤミン、シマヤ、ヱレミヤなりき
  35. 又祭司の徒(ともがら)數人喇叭(らつぱ)を吹(ふき)て伴(ともな)ふあり即(すなは)ちヨナタンの子ゼカリヤ、ヨナタンはシマヤの子 シマヤはマツタニヤの子 マツタニヤはミカヤの子 ミカヤはザツクルの子 ザツクルはアサフの子なり
  36. またゼカリヤの兄弟シマヤ、アザリエル、ミラライ、ギラライ、マアイ、ネタンエル、ユダ、ハナニ等ありて神の人ダビデの樂器を執(とれ)り學士(がくし)エズラこれに先だつ
  37. 而(しか)して彼ら泉(いづみ)の門を經(へ)たゞちに進みて石垣の上口(のぼりくち)に於(おい)てダビデの城(まち)の段階(だんかい)より登りダビデの家の上を過(すぎ)て東の方 水の門に至れり
  38.  また今一隊(ひとくみ)の感謝する者は彼らに對(むか)ひて進み我は民の半(なかば)とともにその後(あと)に從がへり而(しか)して皆石垣の上を行き爐戌樓(かまどやぐら)の上を過(すぎ)て石垣の廣(ひろ)き處(ところ)にいたり
  39. エフライムの門の上を通り舊門(ふるもん)を過(す)ぎ魚の門およびハナニエルの戌樓(やぐら)とハンメアの戌樓(やぐら)を過(すぎ)て羊(ひつじ)の門に至り牢(ひとや)の門に立(たち)どまれり
  40. かくて二隊(ふたくみ)の感謝する者神の室(いへ)にいりて立(たて)り我もそこにたち牧伯(つかさ)等の半(なかば)われと偕(とも)にありき
  41. また祭司エリアキム、マアセヤ、ミニヤミン、ミカヤ、エリヨエナイ、ゼカリヤ、ハナニヤ等喇叭(らつぱ)を執(とり)て居(を)り
  42. マアセヤ、シマヤ、エレアザル、ウジ、ヨナハン、マルキヤ、エラム、エゼル之(これ)と偕(とも)にあり謳歌(うたうた)ふ者聲(こゑ)高くうたへりヱズラヒヤはその監督なりき
  43. 斯(かく)してその日みな大(おほい)なる犠牲(いけにへ)を献(さゝ)げて喜悦(よろこび)を盡(つく)せり其(そ)は神かれらをして大(おほい)に喜こび樂(たのし)ませたまひたればなり婦女(をんな)小兒(こども)までも喜悦(よろこべ)り是(こゝ)をもてヱルサレムの喜悦(よろこび)の聲(こゑ)とほくまで聞(きこ)えわたりぬ
  44.  その日府庫(くら)のすべての室(へや)を掌(つかさ)どるべき人々を撰(えら)びて擧祭(きよさい)の品 初物(はつもの)および什一(じふいつ)など律法(おきて)に定(さだ)むるところの祭司とレビ人(びと)との分を邑々(まちまち)の田圃(たはた)に准(したが)ひて取(とり)あつめてすべての室(へや)にいるゝことを掌(つかさ)どらしむ是(こ)は祭司およびレビ人(びと)の立(たち)て奉(つか)ふるをユダ人(びと)喜(よろ)こびたればなり
  45. 彼らは神の職守(つとめ)および潔齋(きよめごと)の職守(つとめ)を勤(つと)む謳歌者(うたうたふもの)および門を守る者も然(しか)り皆ダビデとその子ソロモンの命令に依(よ)る
  46. 在昔(むかし)ダビデおよびアサフの日には謳歌者(うたうたふもの)の長(をさ)一人ありて神に讃美(さんび)感謝(かんしゃ)をたてまつる事ありき
  47. またゼルバベルの日およびネヘミヤの日にはイスラエル人(びと)みな謳歌者(うたうたふもの)と門を守る者に日々の分を與(あた)へまたレビ人(びと)に物を聖別(きよめ)て與(あた)へレビ人(びと)またこれを聖別(きよめ)てアロンの子孫に與(あた)ふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ネヘミヤ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書