目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Old Testament「Book of Nehemiah」
旧約聖書:ネヘミヤ記

第13章(CHAPTER 13)

  1. その日モーセの書(ふみ)を讀(よみ)て民に聽(きか)しめけるに其(その)中に録(しる)して云(い)ふアンモニ人(びと)およびモアブ人(びと)は何時(いつ)までも神の會(くわい)に入(いる)べからず
  2. 是(こ)は彼らパンと水とをもてイスラエルの子孫(ひとびと)を迎へずして還(かへつ)て之(これ)を詛(のろ)はせんとてバラムを傭(やと)ひたりしが故(ゆゑ)なり斯(かゝ)りしかども我らの神はその呪詛(のろひ)を變(かへ)て祝福(めぐみ)となしたまへりと
  3. 衆人(ひとびと)この律法(おきて)を聞(きゝ)てのち雑(まじ)りたる民を盡(ことごと)くイスラエルより分(わか)ち離(はな)てり
  4.  是(これ)より先我らの神の家の室(へや)を掌(つかさど)れる祭司エリアシブといふ者トビヤと近くなりたれば
  5. 彼のために大(おほい)なる室(へや)を備(そな)ふ其(その)室(へや)は元來(もと)素祭(そさい)の物 乳香(にうかう)器皿(うつはもの)および例によりてレビ人(びと)謳歌者(うたうたふもの)門を守る者等に與(あた)ふる穀物 酒 油の什一(じふいつ)ならびに祭司に與(あた)ふる擧祭(きよさい)の物を置(おき)し處(ところ)なり
  6. 當時(そのころ)は我ヱルサレムに居(をら)ざりき我はバビロンの王アルタシヤスタの三十二年に王の所に往(ゆき)たりしが數日の後王に暇(いとま)を乞(こひ)て
  7. エルサレムに來(きた)りエリアシブがトビヤのために爲(なし)たる惡事(あしきこと)すなはちかれがために神の家の庭に一(ひとつ)の室(へや)を備(そな)へし事を詳悉(つまびらか)にせり
  8. 我はなはだこれを憂(うれ)ひてトビヤの家の器皿(うつはもの)をことごとくその室(へや)より投(なげ)いだし
  9. 頓(やが)て命じてすべての室(へや)を潔(きよ)めさせ而(しか)して神の家の器皿(うつはもの)および素祭(そさい)乳香(にうかう)などを再び其處(そこ)に携(たづさ)へいれたり
  10.  我また査(しら)べ觀(み)しにレビ人(びと)そのうくべき分を與(あた)へられざりきこの故(つゑ)に其(その)職務(つとめ)をなす所のレビ人(びと)および謳歌者(うたうたふもの)等各々おのれの田(はた)に奔(はし)り歸(かへ)りぬ
  11. 是(こゝ)において我(われ)何故に神の室(いへ)を棄(すて)させしやと言(いひ)て牧伯(つかさ)等を詰(なじ)り頓(やが)てまたレビ人(びと)を招き集めてその故(もと)の所に立(たゝ)しめたり
  12. 斯(かゝ)りしかばユダ人(びと)みな穀物 酒 油の什一(じふいつ)を府庫(くら)に携(たづさ)へ來(きた)れり
  13. その時我(われ)祭司シレミヤ學士(がくし)ザドクおよびレビ人(びと)ペダヤを府庫(くら)の有司(つかさびと)とし之(これ)にマツタニヤの子ザツクルの子ハナンを副(そへ)て庫(くら)をつかさどらしむ彼らは忠信(まめやか)なる者と思はれたればなり其(その)職(つとめ)は兄弟等に分(わかち)配(くば)るの事なりき
  14. わが神よ此事(このこと)のために我を記念(おもひ)たまへ我神(わがかみ)の室(いへ)とその職事(つとめ)のために我(わ)が行(おこな)ひし善事(よきわざ)を拭(ぬぐ)ひ去(さり)たまはざれ
  15.  當時(そのころ)われ觀(み)しにユダの中(うち)にて安息日(あんそくにち)に酒[ぶね]を踏む者あり麥束(むぎたば)を持(もち)きたりて驢馬(ろば)に負(おは)するあり亦(また)酒 葡萄(ぶだう)無花果(いちじく)および各種の荷(に)を安息日(あんそくにち)にヱルサレムに携(たづさ)へいるゝあり我かれらが食物を鬻(ひさ)ぎをる日に彼らを戒(いま)しめたり
  16. 彼處(かしこ)にまたツロの人々も住(すみ)をりしが魚および各種の貨物(しなもの)を携(たづさ)へいりて安息日(あんそくにち)にユダの人々に之(これ)を鬻(ひさ)ぎかつヱルサレムにて商賣(あきなひ)せり
  17. 是(こゝ)において我(われ)ユダの貴(たふと)き人々を詰(なじ)りて之(これ)に言ふ汝(なんぢ)ら何ぞ此(この)惡(あし)き事をなして安息日を[けが]すや
  18. 汝らの先祖等も斯(かく)おこなはざりしや我らの神これが爲(ため)にこの一切(すべて)の災禍(わざはひ)を我らとこの邑(まち)とに降(くだ)したまひしにあらずや然(しか)るに汝らは安息日(あんそくにち)を[けが]して更(さら)に大(おほい)なる震怒(いかり)をイスラエルに招(まね)くなりと
  19.  而(しか)して安息日(あんそくにち)の前の日ヱルサレムの門々暗くならんとする頃ほひに我(われ)命じてその扉を閉(とぢ)させ安息日の過(すぎ)さるまで之(これ)を開くべからずと命じ我僕(わがしもべ)數人を門々に置(おき)て安息日に荷を携(たづさ)へいるゝ事なからしめたり
  20. 斯(かゝ)りしかば商賣(あきうど)および各種の品を賣(う)る者等一二回ヱルサレムの外に宿(やど)れり
  21. 我これを戒(いまし)めてこれに言ふ汝ら石垣の前に宿るは何ぞや汝等もし重(かさ)ねて然(しか)なさば我なんぢらに手をかけんと其時(そのとき)より後は彼ら安息日には來(きた)らざりき
  22. 我またレビ人(びと)に命じてその身を潔めさせ來(きた)りて門を守らしめて安息日を聖(きよ)くす我神(わがかみ)よ我(わが)ために此事(このこと)を記念(きねん)し汝の大(おほい)なる仁慈(いつくしみ)をもて我を憫(あはれ)みたまへ
  23.  當時(そのころ)われアシドド、アンモン、モアブなどの婦女(をんな)を娶(めと)りしユダヤ人(びと)を見しに
  24. その子女(こども)はアシドドの言語(ことば)を半(なかば)雑(まじ)へて言ひユダヤの言語(ことば)を言(いふ)ことあたはず各國(くにぐに)の言語(ことば)を雑(まじ)へ用(もち)ふ
  25. 我(われ)彼等を詰(なじ)りまた詬(のゝし)りその中(うち)の數人を撻(う)ちその毛を抜き神を指(さし)て誓(ちか)はしめて言ふ汝らは彼らの男子(むすこ)におのが女子(むすめ)を與(あた)ふべからず又なんぢらの男子(むすこ)あるひはおのれ自身(みづから)のために彼らの女子(むすめ)を娶(めと)るべからず
  26. 是(これ)らの事についてイスラエルの王ソロモンは罪を獲(え)たるに非(あら)ずや彼がごとき王は衆多(おほく)の國民(くにびと)の中(うち)にもあらずして神に愛せられし者なり神かれをイスラエル全國の王となしたまへり然(しか)るに尚(な)ほ異邦(ことくに)の婦女(をんな)等はこれに罪を犯(をか)さしめたり
  27. 然(され)ば汝らが異邦(ことくに)の婦女(をんな)を娶(めと)りこの一切(すべて)の大惡(だいあく)をなして我らの神に罪を犯すを我儕(われら)聽(ゆる)し置(おく)べけんや
  28.  祭司の長(をさ)エリアシブの子ヨイアダの一人の子はホロニ人サンバラテの婿(むこ)なりければ我これを逐出(おひいだ)して我を離れしむ
  29. わが神よ彼らは祭司の職を汚(けが)し祭司およびレビ人(びと)の契約(けいやく)に背(そむ)きたり彼らのことを忘れたまふ勿(なか)れ
  30.  我(われ)かく人衆(ひとびと)を潔(きよ)めて異邦(ことくに)の物を盡(ことごと)く棄(すて)しめ祭司およびレビ人(びと)の班列(くみ)を立(たて)て各々その職務(つとめ)に服(ふく)せしめ
  31. また人衆(ひとびと)をして薪柴(たきゞ)の禮物(そなへもの)をその定(さだ)まる期(とき)に献(さゝ)げしめかつ初物(はつもの)を奉(たてま)つらしむ我神(わがかみ)よ我を憶(おも)ひ仁慈(いつくしみ)をもて我を待(あしら)ひたまへ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ネヘミヤ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書