目次 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「Books of Samuel(1)」
旧約聖書:サムエル前書

第1章(CHAPTER 1)

  1. エフライムの山地のラマタイムゾビムにエルカナと名(なづ)くる人ありエフライム人(びと)にしてエロハムの子なりエロハムはエリウの子エリウはトフの子トフはツフの子なり
  2. エルカナに二人の妻ありてひとりの名をハンナといひひとりの名をペニンナといふペニンナには子ありたれどもハンナには子あらざりき
  3. 是人(このひと)毎歳(としごと)に其邑(そのまち)をいで上(のぼ)りてシロにおいて萬軍(ばんぐん)のヱホバを拝(をが)み之(これ)に祭物(そなへもの)をさゝぐ其處(そこ)にエリの二人の子ホフニとピネハスをりてヱホバに祭司(さいし)たり
  4. エルカナ祭物(そなへもの)をさゝぐる時(とき)其妻(そのつま)ペニンナと其(その)すべての息子(むすこ)女子(むすめ)にわかちあたへしが
  5. ハンナには其(その)倍(ばい)をあたふ是(こ)はハンナを愛するが故(ゆゑ)なりされどヱホバ其(その)孕(はら)みをとゞめたまふ
  6. 其(その)敵(あだ)もまた痛(いた)くこれをなやましてヱホバが其(その)はらみをとゞめしを怒(いか)らせんとす
  7. 歳々(としどし)ハンナ、ヱホバの家にのぼるごとにエルカナかくなせしかばペニンナかくのごとく之(これ)をなやます是故(このゆゑ)にハンナないてものくはざりき
  8. 其(その)夫(をつと)エルカナ之(これ)にいひけるはハンナよ何故になくや何故にものくはざるや何故に心かなしむや我は汝のためには十人の子よりもまさるにあらずや
  9.  かくてシロにて食飮(くひのみ)せしのちハンナたちあがれり時に祭司エリ、ヱホバの宮の柱の傍(かたはら)にある壇(だん)に坐(ざ)す
  10. ハンナ心にくるしみヱホバにいのりて甚(いた)く哭(な)き
  11. 誓(ちかひ)をなしていひけるは萬軍(ばんぐん)のヱホバよ若(も)し誠(まこと)に婢(しもめ)の惱(なやみ)をかへりみ我を憶(おも)ひ婢(しもめ)を忘れずして婢(しもめ)に男子をあたへたまはゞ我これを一生のあひだヱホバにさゝげ剃髮刀(かみそり)を其(その)首(かうべ)にあつまじ
  12.  ハンナ、ヱホバのまへに長くいのりけれぱエリ其口(そのくち)に目をとめたり
  13. ハンナ心の中(うち)にものいへば只(たゞ)唇(くちびる)うごくのみにて聲(こゑ)きこえず是故(このゆゑ)にエリこれを酔(ゑひ)たる者と思ひ
  14. 之(これ)にいひけるは何時(いつ)まで酔(ゑ)ひをるか爾(なんぢ)の酒をされよ
  15. ハンナこたへていひけるは主(しゆ)よ然(しか)るにあらず我は氣のわづらふ婦人(をんな)にして葡萄酒(ぶだうしゅ)をも濃(こ)き酒をものまず惟(たゞ)わが心をヱホバのまへに明(あか)せるなり
  16. 婢(しもめ)を邪(よこしま)なる女となすなかれ我はわが憂(うれひ)と悲(かなし)みの多きよりして今までかたれり
  17. エリ答へていひけるは安んじて去れ願くはイスラエルの神(かみ)汝の求むる願ひを許(ゆる)したまはんことを
  18. ハンナいひけるはねがはくは仕女(つかへめ)の汝のまへに恩(めぐみ)をえんことをと斯(かく)てこの婦(をんな)さりて食(ものく)ひ其顔(そのかほ)ふたゝび哀(かな)しげならざりき
  19.  是(こゝ)に於(おい)て彼等朝はやくおきてヱホバの前に拝(をがみ)をしかへりてラマの家にいたる而(しか)してエルカナ其(その)つまハンナとまじはるヱホバ之(これ)をかへりみたまふ
  20. ハンナ孕(はら)みてのち月みちて男子(をのこ)をうみ我これをヱホバに求めし故(ゆゑ)なりとて其名(そのな)をサムエル(ヱホバに聽(きか)る)となづく
  21.  爰(こゝ)に其人(そのひと)エルカナ及び其(その)家族みな上(のぼ)りて年々の祭物(そなへもの)及び其(その)誓(ちか)ひし物をさゝぐ
  22. 然(しかれ)どもハンナは上(のぼ)らず其(その)夫にいひけるは我はこの子の乳(ち)ばなれするに及びてのち之(これ)をたづさへゆきヱホバのまへにあらはれしめ恒(つね)にかしこに居(を)らしめん
  23. 其(その)夫(おつと)エルカナ之(これ)にいひけるは汝の善(よし)と思ふところを爲(な)し此子(このこ)を乳(ち)ばなすまでとゞまるべし只(たゞ)ヱホバの其言(そのことば)を確實(たしか)ならしめ賜(たまは)んことをねがふと斯(か)くこの婦(をんな)止(とゞ)まりて其子(そのこ)に乳(ちゝ)をのませ其(その)ちばなれするをまちしが
  24. 乳(ち)ばなせしとき牛(うし)三頭(みつ)粉(こな)一斗(いつと)酒(さけ)一嚢(ひとふくろ)を取り其子(そのこ)をたづさへてシロにあるヱホバの家にいたる其子(そのこ)なほ幼稚(いとけな)し
  25. 是(こゝ)に於(おい)て牛をころしその子をエリの許(もと)に携(たづさ)へゆきぬ
  26. ハンナいひけるは主よ汝のたましひは活(い)くわれはかつてこゝにてなんぢの傍(かたはら)にたちヱホバにいのりし婦(をんな)なり
  27. われ此子(このこ)のためにいのりしにヱホバわが求めしものをあたへたまへり
  28. 此故(このゆゑ)にわれまたこれをヱホバにさゝげん其(その)一生のあひだ之(これ)をヱホバにさゝぐ斯(かく)てかしこにてヱホバををがめり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):サムエル前書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書