目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「Books of Samuel(1)」
旧約聖書:サムエル前書

第14章(CHAPTER 14)

  1. 其時(そのとき)サウルの子ヨナタン武器を執(と)る若者にいひけるはいざ對面(むかふ)にあるペリシテ人(びと)の先陣(さきぞなへ)に渉(わた)りゆかんと然(され)ど其(その)父には告(つげ)ざりき
  2. サウル、ギベアの極(はて)においてミグロンにある石榴(じやくろ)の樹の下(もと)に住(とゞ)まりしが倶(とも)にある民はおよそ六百人なりき
  3. 又アヒヤ、エポデを衣(き)てともにをるアヒヤはアヒトブの子アヒトブはイカボデの兄弟イカボデばピネハスの子ピネハスはシロにありてヱホバの祭司たりしエリの子なり民(たみ)ヨナタンの行けるをしらざりき
  4. ヨナタンの渉(わた)りてペリシテ人(びと)の先陣にいたらんとする渡口(わたり)の間に此傍(こなた)に巉巌(いはほ)あり彼傍(かなた)にも巉巌(いはほ)あり一(ひとつ)の名をボゼツといひ一(ひとつ)の名をセネといふ
  5. 其一(そのひとつ)は北に向ひてミクマシに對(たい)し一(ひとつ)は南にむかひてゲバに對(たい)す
  6.  ヨナタン武器を執(と)る少者(わかもの)にいふいざ我ら此(この)割禮(かつれい)なき者どもの先陣(さきぞなへ)にわたらんヱホバ我らのためにはたらきたまふことあらん多くの人をもて救(すく)ふも少き人をもてすくふもヱホバにおいては妨(さまた)げなし
  7. 武器をとるもの之(これ)にいひけるは總(すべ)て汝の心にあるところをなせ進めよ我(われ)汝の心にしたがひて汝とともにあり
  8. ヨナタンいひけるは見よ我らかの人々のところにわたり身をかれらにあらはさん
  9. かれら若(も)し我らが汝らにいたるまでとゞまれと斯(か)く我らにいはゞ我らはこのまゝとゞまりてかれらの所にのぼらじ
  10. されど若(も)し我らのところにのぼれとかくいはゞ我らのぼらんヱホバかれらを我らの手にわたしたまふなり是(これ)を徴(しるし)となさんと
  11. 斯(かく)て二人其身(そのみ)をペリシテ人(びと)の先陣(さきぞなへ)にあらはしければペリシテ人(びと)いひけるは視(み)よヘブル人(びと)其(その)かくれたる穴よりいで來(きた)ると
  12. すなはち先陣の人ヨナタンと其(その)武器を執(と)る者にこたへて我等の所に上(のぼ)りきたれ目に物見せんといひしかばヨナタン武器を執(と)る者にいひけるは我にしたがひてのぼれヱホバ彼らをイスラエルの手にわたしたまふなり
  13. ヨナタン攀(よぢ)のぼり其(その)武器を執(と)るもの之(これ)にしたがふペリシテ人(びと)ヨナタンのまへに仆(たふ)る武器をとる者も後(うしろ)にしたがひて之(これ)をころす
  14. ヨナタンと其(その)武器を取るもの手はじめに殺せし者およそ二十人此事(このこと)田畑(はた)半段の内になれり
  15. しかして野にある陣のものおよび凡(すべ)ての民の中に戰慄(をのゝき)おこり先陣の人および劫掠人(ぶんどりびと)もまたをのゝき地ふるひ動けり是(こ)は神よりの戰慄(をのゝき)なりき
  16.  ベニヤミンのギベアにあるサウルの戌卒(ものみ)望(のぞみ)見しに視(み)よペリシテ人(びと)の群衆くづれて此彼(こゝかしこ)にちらばる
  17. 時にサウルおのれとともなる民にいひけるは汝ら點驗(しらべ)て誰が我らの中(うち)よりゆきしかを見よとすなはちしらべたるにヨナタンとその武器を執(と)るもの居(を)らざりき
  18. サウル、アヒヤにエポデを持(もち)きたれといふ其(そ)はかれ此時(このとき)イスラエルのまへにエポデを著(き)たれば也(なり)
  19. サウル祭司にかたれる時ペリシテ人(びと)の軍の騒(さはぎ)いよいよましたりければサウル祭司にいふ姑(しばら)く汝の手を措(お)けと
  20. かくてサウルおよびサウルと共にある民(たみ)皆(みな)呼(よば)はりて戰ひに至るにペリシテ人(びと)おのおの劍(かたな)を以(も)て互に相撃(あひう)ちければ其(その)敗績(やぶれ)はなはだ大(おほい)なりき
  21. また此時(このとき)よりまへにペリシテ人(びと)とともにありてペリシテ人(びと)と共に上(のぼ)りて陣に來(きたれ)るところのヘブル人(びと)もまた翻(ひるが)へりてサウルおよびヨナタンと共にあるイスラエル人(びと)に合(がつ)せり
  22. 又エフライムの山地にかくれたるイスラエル人(びと)皆ペリシテ人(びと)の逃(にぐ)るを聞(きゝ)てまた戰ひに出て之(これ)を追撃(おひうて)り
  23. 是(かく)の如(ごと)くヱホバ此日(このひ)イスラエルをすくひたまふ而(しか)して戰(たゝかひ)はベテアベンにうつれり
  24.  されど此日(このひ)イスラエル人(びと)苦(くるし)めり其(そ)はサウル民を誓(ちか)はせて夕(よひ)まで即(すなは)ちわが敵に仇(あだ)をむくゆるまでに食物を食(くら)ふ者は呪詛(のろは)れんと言(いひ)たればなり是故(このゆゑ)に民の中(うち)に食物を味(あぢは)ひし者なし
  25. 爰(こゝ)に民みな林森(もり)に至(いたる)に地の表(おもて)に蜜(みつ)あり
  26. 即(すなは)ち民森にいたりて蜜(みつ)のながるゝをみる然(しかれ)ども民(たみ)誓(ちかひ)を畏(おそ)るれば誰も手を口につくる者なし
  27. 然(しかる)にヨナタンは其父(そのちゝ)が民をちかはせしを聞(きか)ざりければ手にある杖(つゑ)の末(さき)をのばして蜜(みつ)にひたし手を口につけたり是(これ)に由(より)て其(その)目あきらかになりぬ
  28. 時に民のひとり答(こたへ)て言(いひ)けるは汝の父かたく民をちかはせて今日食物をくらふ人は呪詛(のろ)はれんと言(いへ)り是(これ)に由(より)て民つかれたり
  29. ヨナタンいひけるはわが父(ちゝ)國(くに)を煩(わづらは)せり請(こ)ふ我この蜜(みつ)をすこしく嘗(なめ)しによりて如何(いか)にわが目の明(あきら)かになりしかを見よ
  30. ましてや民(たみ)今日(けふ)敵よりうばひし物を十分に食(くらひ)しならばペリシテ人(びと)をころすこと更(さら)におほかるべきにあらずや
  31.  イスラエル人(びと)かの日ペリシテ人(びと)を撃(うち)てミクマシよりアヤロンにいたる而(しか)して民はなはだ疲(つかれ)たり
  32. 是(こゝ)において民(たみ)劫掠物(ぶんどりもの)に走(はせ)かゝり羊(ひつじ)と牛と犢(こうし)とを取りて之(これ)を地のうへにころし血のまゝに之(これ)をくらふ
  33. 人々サウルにつげていひけるは民(たみ)肉を血のまゝに食(くら)ひて罪をヱホバにをかすとサウルいひけるは汝ら背(そむ)けり直(たゞ)ちにわがもとに大石をまろばしきたれ
  34. サウルまたいひけるは汝らわかれて民のうちにいりていへ人(ひと)各(おのおの)其(その)牛と各(おのおの)其(その)羊をわがもとに引ききたり此處(こゝ)にてころしくらへ血のまゝにくらひて罪をヱホバに犯(をか)すなかれと此(こゝ)において民おのおのこの夜(よ)其(その)牛を手にひききたりて之(これ)をかしこにころせり
  35. しかしてサウル、ヱホバに一つの壇(だん)をきづく是(これ)はサウルのヱホバに壇(だん)を築ける始(はじめ)なり
  36.  斯(かく)てサウルいひけるは我ら夜のうちにペリシテ人(びと)を追(おひ)くだり夜明までかれらを掠(かす)めて一人をも殘すまじ皆いひけるは凡(すべ)て汝の目に善(よし)とみゆる所をなせと時に祭司いひけるは我ら此(こゝ)にちかより神にもとめんと
  37. サウル神に我ペリシテ人(びと)をおひくだるべきか汝かれらをイスラエルの手にわたしたまふやと問(とひ)けれど此日(このひ)はこたへたまはざりき
  38. 是(こゝ)においてサウルいひけるは民の長(かしら)たちよ皆(みな)此(こゝ)にちかよれ汝らみて今日のこの罪のいづくにあるを知れ
  39. イスラエルを救ひたまへるヱホバはいく假令(たとひ)わが子ヨナタンにもあれ必ず死なざるべからずとされど民のうち一人もこれにこたへざりき
  40. サウル、イスラエルの人々にいひけるはなんぢらは彼處(かなた)にをれ我とわが子ヨナタンは此處(こなた)にをらんと民いひけるは汝の目によしとみゆるところをなせ
  41. サウル、イスラエルの神ヱホバにいひけるはねがはくは眞實(まこと)をしめしたまへとかくてヨナタンとサウル籤(くじ)にあたり民はのがれたり
  42. サウルいひけるは我とわが子のあひだの鬮(くじ)を掣(ひ)けと即(すなは)ちヨナタンこれにあたれり
  43.  サウル、ヨナタンにいひけるは汝がなせしところを我に告(つげ)よヨナタンつげていひけるは我は只(たゞ)わが手の杖(つゑ)の末(さき)をもて少許(すこし)の蜜(みつ)をなめしのみなるが我しなざるをえず
  44. サウルこたへけるは神かくなしまたかさねてかくなしたまヘヨナタンよ汝(なんぢ)死(しな)ざるべからず
  45. 民サウルにいひけるはイスラエルの中(うち)に此(この)大(おほい)なるすくひをなせるヨナタン死ぬべけんや決(きは)めてしからずヱホバは生(い)くヨナタンの髮の毛ひとすぢも地におつべからず其(そ)はかれ神とともに今日はたらきたればなりとかく民ヨナタンをすくひて死なざらしむ
  46. サウル、ペリシテ人(びと)を追(おふ)ことを息(やめ)てのぼりぬペリシテ人(びと)其國(そのくに)にかへれり
  47.  かくてサウル、イスラエルの王の位(くらゐ)につきて四方(よも)の敵を攻(せ)む即(すなは)ちモアブ、アンモンの子孫(ひとびと)エドム、ゾバの王たちおよびペリシテ人(びと)をせめけるに凡(すべ)てむかふところにて勝利(かち)を得たり
  48. サウル力(ちから)をえアマレク人(びと)をうちてイスラエルを其(その)劫掠人(あらすひと)の手よりすくひいだせり
  49.  サウルの男子(むすこ)はヨナタン、ヱスイおよびマルキシユアなり其(その)二人の女子(むすめ)の名は姉はメラブといひ妹はミカルといふ
  50. サウルの妻の名はアヒノアムといひてアヒマアズの女子(むすめ)なり其(その)軍の長(かしら)の名はアブネルといひてサウルの叔父(をぢ)なるネルの子なり
  51. サウルの父キシとアブネルの父ネルはアビエルの子なり
  52. サウルの一生のあひだ恒(つね)にペリシテ人(びと)と烈(はげ)しき戰(たゝかひ)ありサウルは力ある人または勇(ゆう)ある人を見るごとにこれをかゝへたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):サムエル前書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書