目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「Books of Samuel(1)」
旧約聖書:サムエル前書

第26章(CHAPTER 26)

  1. ジフ人(びと)ギベアにきたりサウルの許(もと)にいたりていひけるはダビデは曠野(あらの)のまへなるハキラの山にかくれをるにあらずやと
  2. サウルすなはち起(た)ちジフの野にダビデを尋(たづ)ねんとイスラエルの中(うち)より選みたる三千の人をしたがへてジフの野にくだる
  3. サウルは曠野(あらの)のまへなるハキラの山において路(みち)のほとりに陣を取るダビデは曠野(あらの)に居(をり)てサウルのおのれをおふて曠野(あらの)にきたるをさとりければ
  4. ダビデ斥候(ものみ)を出してサウルの誠(まこと)に來(きたり)しをしれり
  5. こゝにおいてダビデたちてサウルの陣をとれるところにいたりサウルおよび其(その)軍の長(かしら)ネルの子アブネルの寝(いね)たるところを見たりすなはちサウルは車營(くるまがこひ)の中(うち)に寝(い)ぬ民(たみ)其(その)まはりに陣をはれり
  6.  ダビデ答へてヘテ人(びと)アヒメレクおよびゼルヤの子にしてヨアブの兄弟なるアビシヤイにいひけるは誰か我とともにサウルの陣にくだらんかとアビシヤイいふ我汝とともに下(くだ)らん
  7. ダビデとアビシヤイすなはち夜にいりて民の所にいたるに視(み)よサウルは車營(くるまがこひ)のうちに寝臥(ねふ)し其(その)槍(やり)地にさして枕邊(まくらもと)にありアブネルと民は其(その)まはりに寝(いね)たり
  8. アビシヤイ、ダビデにいひけるは神(かみ)今日(けふ)爾(なんぢ)の敵を爾(なんぢ)の手にわたしたまふ請(こ)ふいま我に槍をもてかれを一度(ひとたび)地にさしとほさしめよ再びするにおよばじ
  9. ダビデ、アビシヤイにいふ彼をころすなかれ誰かヱホバの膏(あぶら)そゝぎし者に敵して其手(そのて)をのべて罪なからんや
  10. ダビデまたいひけるはヱホバは生(い)くヱホバかれを撃(うち)たまはんあるひはその死ぬる日來らんあるひは戰(たゝか)ひにくだりて死(しに)うせん
  11. わがヱホバのあぶらそゝぎしものに敵して手をのぶることはきはめて善(よか)らずヱホバ禁じたまふされどいま請(こ)ふ爾(なんぢ)そのまくらもとの槍(やり)と水の瓶(びん)をとれしかして我らさりゆかんと
  12. ダビデ、サウルの枕邊(まくらもと)より槍(やり)と水の瓶(びん)を取りてかれらさりゆきしが誰も見ず誰もしらず誰も目を醒(さま)さゞりき其(そ)はかれら皆眠り居(ゐ)たればなり即(すなは)ちヱホバかれらをふかく睡(ねむ)らしめたまふ
  13.  かくてダビデは彼旁(かなた)にわたりて遥(はるか)に山の頂(いたゞき)にたてり彼と此(これ)とのへだたり大(おほい)なり
  14. ダビデ民とネルの子アブネルによばはりいひけるはアブネルよ爾(なんぢ)こたへざるかアブネルこたへていふ王をよぶ爾(なんぢ)はたれなるや
  15. ダビデ、アブネルにいひけるは爾(なんぢ)は勇士(をとこ)ならずやイスラエルの中(うち)にて誰か爾(なんぢ)に如(しく)ものあらんしかるに爾(なんぢ)なんぞ爾(なんぢ)の主(しゆ)なる王をまもらざるや民のひとり爾(なんぢ)の主なる王を殺さんとていりぬ
  16. 爾(なんぢ)がなせる此事(このこと)よからずヱホバは生(い)くなんぢらの罪(つみ)死にあたれり爾(なんぢ)らヱホバの膏(あぶら)そゝぎし爾(なんぢ)らの主をまもらざればなり今王の槍(やり)と王の枕邊(まくらもと)にありし水の瓶(びん)はいづくにあるかを見よ
  17.  サウル、ダビデの聲(こゑ)をしりていひけるはわが子ダビデよ是(これ)は爾(なんぢ)の聲(こゑ)なるかダビデいひけるは王わが主よわが聲(こゑ)なり
  18. ダビデまたいひけるはわが主なにゆゑに斯(か)くその僕(しもべ)をおふや我なにをなせしや何の惡(あし)き事わが手にあるや
  19. 王わが主よ請(こ)ふいま僕(しもべ)の言(ことば)を聽きたまへ若(も)しヱホバ爾(なんぢ)を我に敵せしめたまふならばねがはくはヱホバ禮物(そなへもの)をうけたまへされど若(も)し人ならばねがはくは其(その)人々ヱホバのまへにのろはれよ其(そ)は彼等爾(なんぢ)ゆきて他(ほか)の神につかへよといひて今日我を追ひヱホバの産業に連(つら)なることをえざらしむるが故(ゆゑ)なり
  20. ねがはくは我血(わがち)をしてヱホバのまへをはなれて地におちしむるなかれそは人の山にて鷓鴣(しやこ)をおふがごとくイスラエルの王(わう)一(ひとつ)の蚤(のみ)をたづねにいでたればなり
  21.  サウルいひけるは我罪ををかせりわが子ダビデよ歸(かへ)れわが生命(いのち)今日爾(なんぢ)の目に寶(たから)と見なされたる故(ゆゑ)により我我(われわれ)かさねて爾(なんぢ)に害を加へざるべし嗚呼(あゝ)われ愚(おろか)なることをなして甚(はなは)だしく過(あやま)てり
  22. ダビデこたへていひけるは王よ槍(やり)を視(み)よ請(こ)ふひとりの少者(わかもの)をしてわたりてこれを取(とら)しめよ
  23. ねがはくはヱホバおのおのに其(その)義(ぎ)と眞實(しんじつ)とにしたがひて報(むく)いたまへ其(そ)はヱホバ今日爾(なんぢ)をわが手にわたしたまひしに我ヱホバの受膏者(あぶらそゝぎしもの)に敵してわが手をのぶることをせざればなり
  24. 爾(なんぢ)の生命(いのち)を今日わがおもんぜしごとくねがはくはヱホバわが生命をおもんじて諸(もろもろ)の艱難(かんなん)のうちより我をすくひいだしたまへ
  25. サウル、ダビデにいひけるはわが子ダビデよ爾(なんぢ)はほむべきかな爾(なんぢ)大(おほい)なる事を爲(な)さん亦(また)かならず勝(かち)をえんとしかしてダビデは其道(そのみち)にさりサウルはおのれの所にかへれり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):サムエル前書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書