目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Books of Samuel(2)」
旧約聖書:サムエル後書

第12章(CHAPTER 12)

  1. ヱホバ、ナタンをダビデに遣(つか)はしたまへば彼ダビデに至りてこれにいひけるは一(ひとつ)の邑(まち)に二箇(ふたり)の人あり一(ひとり)は富(とみ)て一(ひとり)は貧(まづ)し
  2. 其(その)富者(とめるもの)は甚(はなは)だ多くの羊(ひつじ)と牛を有(もて)り
  3. されど貧者(まづしきもの)は唯(たゞ)自己(おのれ)の買(かひ)て育てたる一(ひとつ)の小(ちひさ)き牝羔(めひつじ)の外(ほか)は何をも有(もた)ざりき其(その)牝羔(めひつじ)彼およびかれの子女(こども)とともに生長(そだ)ちかれの食物を食(くら)ひかれの椀(わん)に飮みまた彼の懐(ふところ)に寝(いね)て彼には女子(むすめ)のごとくなりき
  4. 時に一人の旅人其(その)富(とめ)る人の許(もと)に來(きた)りけるが彼おのれの羊と牛の中(うち)を取りてそのおのれに來(きた)れる旅人のために烹(にる)を惜(をし)みてかの貧(まづし)き人の牝羔(めひつじ)を取りて之(これ)をおのれに來(きた)れる人のために烹(に)たり
  5. ダビデ其人(そのひと)の事を大(おほい)に怒(いか)りてナタンにいひけるはヱホバは生(い)く誠(まこと)に此(これ)をなしたる人は死(しぬ)べきなり
  6. 且(かつ)彼(かれ)此事(このこと)をなしたるに因(よ)りまた憐憫(あはれ)まざりしによりて其(その)牝羔(めひつじ)を四倍になして償(つくな)ふべし
  7.  ナタン、ダビデにいひけるは汝は其人(そのひと)なりイスラエルの神ヱホバ斯(かく)いひたまふ我(われ)汝に膏(あぶら)を沃(そゝ)いでイスラエルの王となし我(われ)汝をサウルの手より救ひいだし
  8. 汝に汝の主人の家をあたへ汝の主人の諸妻(つまたち)を汝の懐(ふところ)に與(あた)へまたイスラエルとユダの家を汝に與(あた)へたり若(も)し少(すくな)からば我(われ)汝に種々(いろいろ)の物を増(まし)くはへしならん
  9. 何(なん)ぞ汝ヱホバの言(ことば)を藐視(かろん)じて其(その)目のまへに惡をなせしや汝(なんぢ)刃劍(かたな)をもてヘテ人(びと)ウリヤを殺し其妻(そのつま)をとりて汝の妻となせり即(すなは)ちアンモンの子孫(ひとびと)の劍(かたな)をもて彼を斬殺(きりころ)せり
  10. 汝(なんぢ)我を軽(かろ)んじてヘテ人(びと)ウリヤの妻をとり汝の妻となしたるに因(より)て劍(かたな)何時(いつ)までも汝の家を離るゝことなかるべし
  11. ヱホバ斯(かく)いひたまふ視(み)よ我汝の家の中(うち)より汝の上に禍(わざはひ)を起(おこ)すべし我汝の諸妻(つまら)を汝の目のまへに取(とり)て汝の隣人(となり)に與(あた)へん其人(そのひと)此日(このひ)のまへにて汝の諸妻(つまら)とともに寝(いね)ん
  12. 其(そ)は汝は密(ひそか)に事をなしたれど我はイスラエルの衆(ひとびと)のまへと日のまへに此事(このこと)をなすべければなりと
  13. ダビデ、ナタンにいふ我ヱホバに罪を犯したりナタン、ダビデにいひけるはヱホバまた汝の罪を除(のぞ)きたまへり汝(なんぢ)死(しな)ざるべし
  14. されど汝(なんぢ)此(この)所行(わざ)によりてヱホバの敵に大(おほい)なる罵(のゝし)る機會(をり)を與(あた)へたれば汝に生(うま)れし其子(そのこ)必ず死(しぬ)べしと
  15. かくてナタン其家(そのいへ)にかへれり
      爰(こゝ)にヱホバ、ウリヤの妻がダビデに生(うめ)る子を撃(うち)たまひければ痛(いた)く疾(や)めり
  16. ダビデ其(その)子のために神に乞求(こひもと)む即(すなは)ちダビデ斷食(だんじき)して入り終夜(よもすがら)地に臥(ふ)したり
  17. ダビデの家の年寄等(としよりたち)彼の傍(かたはら)に立ちてかれを地より起(たゝ)しめんとせしかども彼(かれ)肯(がへん)ぜず又かれらとともに食を爲(なさ)ざりき
  18. 第七日(なぬかめ)に其子(そのこ)死(しね)りダビデの僕(しもべ)其子(そのこ)の死(しに)たることをダビデに告(つぐ)ることを恐(おそ)れたりかれらいひけるは子の尚(なほ)生(いけ)る間に我儕(われら)彼に語(いひ)たりしに彼我儕(われら)の言(ことば)を聽(きゝ)いれざりき如何(いかん)ぞ彼に其子(そのこ)の死(しに)たるを告(つ)ぐべけんや彼(かれ)害を爲(なさ)んと
  19. 然(しかる)にダビデ其(その)僕(しもべ)の私語(さゝや)くを見てダビデ其子(そのこ)の死(しに)たるを暁(さと)れりダビデ乃(すなは)ち其(その)僕(しもべ)に子は死(しに)たるやといひければかれら死(しね)りといふ
  20. 是(こゝ)においてダビデ地よりおきあがり身を洗ひ膏(あぶら)をぬり其(その)衣服(ころも)を更(かへ)てヱホバの家にいりて拝(はい)し自己(おのれ)の家に至り求めておのれのために食を備(そな)へしめて食(くら)へり
  21. 僕等(しもべら)彼にいひけるは此(こ)の汝がなせる所は何事なるや汝(なんぢ)子の生(いけ)るあひだはこれがために斷食(だんじき)して哭(な)きながら子の死(しね)る時に汝は起(おき)て食を爲(な)すと
  22. ダビデいひけるは嬰孩(こ)の尚(なほ)生(いけ)るあひだにわが斷食して哭(な)きたるは我(われ)誰かヱホバの我を憐(あは)れみて此子(このこ)を生(いか)しめたまふを知(しら)んと思ひたればなり
  23. されど今死(しに)たれば我なんぞ斷食すべけんや我再びかれをかへらしむるを得(え)んや我かれの所に往(ゆく)べけれど彼は我の所にかへらざるべし
  24.  ダビデ其妻(そのつま)バテシバを慰(なぐさ)めかれの所にいりてかれとともに寝(いね)たりければ彼男子(をとこのこ)を生(うめ)りダビデ其名(そのな)をソロモンと呼ぶヱホバこれを愛したまひて
  25. 預言者ナタンを遣(つか)はし其名(そのな)をヱホバの故(ゆゑ)によりてヱデデア(ヱホバの愛する者)と名(なづ)けしめたまふ
  26.  爰(こゝ)にヨアブ、アンモンの子孫(ひとびと)のラバを攻めて王城(みやこ)を取れり
  27. ヨアブ使者(つかひ)をダビデにつかはしていひけるは我ラバを攻(せめ)て水城(みづまち)を取れり
  28. されば汝今餘(のこり)の民を集め斯城(このまち)に向(むかひ)て陣(ぢん)どりて之(これ)を取れ恐らくは我(われ)此城(このまち)を取(とり)て人(ひと)我名(わがな)をもて之(これ)を呼(よぶ)にいたらんと
  29. 是(こゝ)においてダビデ民を悉(ことごと)くあつめてラバにゆき攻(せめ)て之(これ)を取(とれ)り
  30. しかしてダビデ、アンモン王の冕(かんむり)を其(その)首(かうべ)より取(とり)はなしたり其(その)金(きん)の重(おもさ)は一タラントなりまた寶石(はうせき)を嵌(いれ)たりこれをダビデの首(かうべ)に置(おく)ダビデ其邑(そのまち)の掠取物(ぶんどりもの)を甚(はなは)だ多く持出(もちいだ)せり
  31. かくてダビデ其中(そのうち)の民を將(ひき)いだしてこれを鋸(のこぎり)と鉄(てつ)の千歯(せんば)と鉄(てつ)の斧(をの)にて斬(き)りまた瓦(かはら)陶(やきがま)の中を通行(とほら)しめたり彼斯(かく)のごとくアンモンの子孫(ひとびと)の凡(すべ)ての城邑(まち)になせりしかしてタビデと民は皆エルサレムに還(かへ)りぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):サムエル後書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書