目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Books of Samuel(2)」
旧約聖書:サムエル後書

第16章(CHAPTER 16)

  1. ダビデ少(すこ)しく嶺(いたゞき)を過(すぎ)ゆける時視(み)よメピボセテの僕(しもべ)ヂバ鞍(くら)おける二頭(ふたつ)の驢馬(ろば)を引き其上(そのうへ)にパン二百 乾葡萄(ほしぶだう)一百球(ふさ)乾棗(ほしなつめ)の團塊(かたまり)一百 酒一嚢(ふくろ)を載(のせ)きたりてダビデを迎(むか)ふ
  2. 王ヂバにいひけるは此等(これら)は何なるかヂバいひけるは驢馬(ろば)は王の家族の乗るためパンと乾棗(ほしなつめ)は少者(わかもの)の食(くら)ふため洒は野に困憊(つかれ)たる者の飮むためなり
  3. 王いひけるは爾(なんぢ)の主人の子は何處(いづこ)にあるやヂバ王にいひけるはかれはエルサレムに止(とゞ)まる其(そ)は彼イスラエルの家今日(こんにち)我父(わがちゝ)の國(くに)を我にかへさんと言(いひ)をればなり
  4. 王ヂバにいひけるは視(み)よメピボセテの所有(もの)は悉(ことごと)く爾(なんぢ)の所有(もの)となるべしヂバいひけるは我(われ)拝(はい)す王わが主(しゆ)よ我をして爾(なんぢ)のまへに恩(めぐみ)を蒙(かう)むらしめたまへ
  5.  斯(かく)てダビデ王バホリムにいたるに視(み)よ彼處(かしこ)よりサウルの家の族(やから)の者一人出(いで)きたる其名(そのな)をシメイといふゲラの子なり彼(かれ)出(いで)きたりて來(きた)りつゝ詛(のろ)へり
  6. 又彼ダビデとダビデ王の諸(もろもろ)の臣僕(けらい)にむかひて石を投(なげ)たり時に民と勇士(ゆうし)皆(みな)王の左右にあり
  7. シメイ詛(のろひ)の中(うち)に斯(かく)いへり汝(なんぢ)血を流す人よ爾(なんぢ)邪(よこしま)なる人よ出(いで)され出(いで)され
  8. 爾(なんぢ)が代(かは)りて位(くらゐ)に登りしサウルの家の血を凡(すべ)てヱホバ爾(なんぢ)に歸(き)したまへりヱホバ國を爾(なんぢ)の子アブサロムの手に付(わた)したまへり視(み)よ爾(なんぢ)は血を流す人なるによりて禍患(わざはひ)の中(うち)にあるなり
  9.  ゼルヤの子アビシヤイ王にいひけるは此(この)死(しに)たる犬なんぞ王わが主を詛(のろ)ふべけんや請(こ)ふ我をして渉(わた)りゆきてかれの首を取(とら)しめよ
  10. 王いひけるはゼルヤの子等(こら)よ爾(なんぢ)らの與(あづか)るところにあらず彼の詛(のろ)ふはヱホバ彼にダビデを詛(のろ)へと言(いひ)たまひたるによるなれば誰か爾(なんぢ)なんぞ然(しか)するやと言(いふ)べけんや
  11. ダビデ又アビシヤイおよび己(おのれ)の諸(すべて)の臣僕(けらい)にいひけるは視(み)よわが身より出(いで)たるわが子わが生命(いのち)を求む况(いはん)や此(この)ベニヤミン人(びと)をや彼を聽(ゆる)して詛(のろ)はしめよヱホバ彼に命じたまへるなり
  12. ヱホバわが艱難(かんなん)を俯視(かへり)みたまふことあらん又ヱホバ今日彼の詛(のろひ)のために我に善(ぜん)を報(むく)いたまふことあらんと
  13. 斯(かく)てダビデと其(その)從者(じふしゃ)途(みち)を行(ゆき)けるにシメイはダビデに對(むか)へる山の傍(かたはら)に行(ゆき)て行(ゆき)つゝ詛(のろ)ひまた彼にむかひて石を投げ塵(ちり)を揚(あげ)たり
  14. 王および倶(とも)にある民皆アエピムに來(きた)りて彼處(かしこ)に息(いき)をつげり
  15.  偖(さて)アブサロムと總(すべ)ての民イスラエルの人々エルサレムに至れりアヒトペルもアブサロムとともにいたる
  16. ダビデの友なるアルキ人(びと)ホシヤイ、アブサロムの許(もと)に來(きた)りし時アブサロムにいふ願(ねがは)くは王(わう)壽(いのちなが)かれ願(ねがは)くは王(わう)壽(いのちなが)かれ
  17. アブサロム、ホシヤイにいひけるは此(これ)は爾(なんぢ)が其(その)友に示す厚意(あつきこゝろ)なるや爾(なんぢ)なんぞ爾(なんぢ)の友と往(ゆか)ざるやと
  18. ホシヤイ、アブサロムにいひけるは然(しか)らずヱホバと此民(このたみ)とイスラエルの總(すべて)の人々の選(えら)む者に我は屬(ぞく)し且(かつ)其人(そのひと)とともに居(を)るべし
  19. 且又(かつまた)我(われ)誰に事(つか)ふべきか其(その)子の前に事(つかふ)べきにあらずや我は爾(なんぢ)の父のまへに事(つかへ)しごとく爾(なんぢ)のまへに事(つかふ)べし
  20.  爰(こゝ)にアブサロム、アヒトベルにいひけるは我儕(われら)如何(いか)に爲(なす)べきか爾等(なんぢら)計(はかりごと)を爲(な)すべしと
  21. アヒトペル、アブサロムにいひけるは爾(なんぢ)の父が遺(のこ)して家を守らしむる妾等(めかけたち)の處(ところ)に入れ然(しから)ばイスラエル皆(みな)爾(なんぢ)が其父(そのちゝ)に惡(にく)まるゝを聞(きか)ん而(しか)して爾(なんぢ)とともにをる總(すべて)の者の手強くなるべしと
  22. 是(こゝ)において屋脊(やね)にアブサロムのために天幕(てんまく)を張(はり)ければアブサロム、イスラエルの目のまへにて其(その)父の妾等(めかけたち)の處(ところ)に入りぬ
  23. 當時(そのころ)アヒトペルが謀(はか)れる謀計(はかりごと)は神の言(ことば)に問(とひ)たるごとくなりきアヒトペルの謀計(はかりごと)は皆ダビデとアブサロムとに倶(とも)に是(かく)のごとく見えたりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):サムエル後書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書