目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Books of Samuel(2)」
旧約聖書:サムエル後書

第20章(CHAPTER 20)

  1. 爰(こゝ)に一人の邪(よこしま)なる人あり其名(そのな)をシバといふビクリの子にしてベニヤミン人(びと)なり彼(かれ)喇叭(らつぱ)を吹(ふき)ていひけるは我儕(われら)はダビデの中(うち)に分(ぶん)なし又ヱサイの子のうちに産業(さんげふ)なしイスラエルよ各人(おのおの)其(その)天幕(てんまく)に歸(かへ)れよと
  2. 是(これ)によりてイスラエルの人(ひと)皆(みな)ダビデに随(したが)ふことを止(やめ)てのぼりビクリの子シバにしたがへり然(され)どユダの人々は其(その)王に附(つき)てヨルダンよりエルサレムにいたれり
  3.  ダビデ、エルサレムにある己(おのれ)の家にいたり王(わう)其(その)遺(のこ)して家を守らせたる妾(めかけ)なる十人の婦(をんな)をとりてこれを一(ひとつ)の室(いへ)に守り置(おき)て養(やしな)へりされどかれらの處(ところ)には入(いら)ざりき斯(かく)かれらは死(しぬ)る日まで閉(とぢ)こめられて生涯(しやうがい)[やもめ]にてすごせり
  4.  爰(こゝ)に王アマサにいひけるは我(わが)ために三日のうちにユダの人々を召(よび)きたれしかして爾(なんぢ)此處(ここ)にをれ
  5. アマサ乃(すなは)ちユダを召(よび)あつめんとて往(ゆき)たりしが彼ダビデが定めたる期(とき)よりも長く留(とゞま)れり
  6. 是(こゝ)においてダビデ、アビシヤイにいひけるはビクリの子シバ今(いま)我儕(われら)にアブサロムよりもおほくの害をなさんとす爾(なんぢ)の主の臣僕(けらい)を率(ひき)ゐて彼の後(あと)を追へ恐らくは彼堅固(けんご)なる城邑(まち)を獲(え)て我儕(われら)の目を逃(のが)れんと
  7. 是(これ)によりてヨアブの從者(じふしゃ)とケレテ人(びと)とペレテ人(びと)および都(すべて)の勇士(いうし)彼にしたがびて出(いで)たり即(すなは)ち彼等エルサレムより出(いで)てビクリの子シバの後を追ふ
  8. 彼等がギベオンにある大石の傍(かたはら)に居(を)りし時アマサかれらにむかひ來(きた)れり時にヨアブ戎衣(いくさごろも)に帶(おび)を結(しめ)て衣服(ころも)となし其上(そのうへ)に刀を鞘(さや)にをさめ腰に結びて帶(お)び居たりしが其(その)劍(かたな)脱(ぬ)け堕(お)ちたり
  9. ヨアブ、アマサにわが兄弟よ爾(なんぢ)は平康(やすらか)なるやといひて右の手をもてアマサの鬚(ひげ)を將(とらへ)て彼に接吻(くちつけ)せんとせしが
  10. アマサはヨアブの手にある劍(かたな)に意(こゝろ)を留(とめ)ざりければヨアブ其(それ)をもてアマサの腹を刺して其(その)膓(はらわた)を地に流しいだし重(かさ)ねて撃(うつ)に及ばざらしめてこれをころせり
      かくてヨアブと其(その)兄弟アビシヤイ、ビクリの子シバの後(あと)を追(おへ)り
  11. 時にヨアブの少者(わかもの)の一人アマサの側(そば)にたちていふヨアブを助くる者とダビデに附從(つく)ものはヨアブの後に隨(したが)へと
  12. アマサは血に染(そみ)て大路(おほぢ)の中に轉(まろ)び居(ゐ)たり斯人(このひと)民の皆(みな)立(たち)どまるを見てアマサを大路(おほぢ)より田(はたけ)に移したるが其(その)側(かたはら)にいたれる者皆(みな)見て立ちとまりければ衣(ころも)を其(その)上にかけたり
  13. アマサ大路(おほぢ)より移されければ人皆ヨアブにしたがひ進みてビクリの子シバの後を追ふ
  14.  彼イスラエルの凡(すべて)の支派(わかれ)の中(うち)を行(ゆき)てアベルとベテマアカに至るに少年皆(みな)集(あつま)りて亦(また)かれにしたがひゆけり
  15. かくて彼等來(きた)りて彼をアベル、ベテマアカに圍(かこ)み城邑(まち)にむかひて壘(どて)を築(きづ)けり是(これ)は壕(ほり)の中にたてりかくしてヨアブとともにある民(たみ)皆(みな)石垣を崩(くづ)さんとてこれを撃(うち)居(を)りしが
  16. 一箇(ひとり)の哲(かしこ)き婦(をんな)城邑(まち)より呼(よば)はりていふ爾(なんぢ)ら聽(きけ)よ爾(なんぢ)ら聽(きけ)よ請(こ)ふ爾(なんぢ)らヨアブに此(こゝ)に近よれ我(われ)爾(なんぢ)に言(ものいは)んと言へと
  17. かれ其(その)婦(をんな)にちかよるに婦(をんな)いひけるは爾(なんぢ)はヨアブなるやかれ然(しか)りといひければ婦(をんな)彼にいふ婢(しもめ)の言(ことば)を聽(き)けかれ我(われ)聽(き)くといふ
  18. 婦(をんな)即(すなは)ち語りていひけるは昔(むかし)人々誠(まこと)に語りて人(ひと)必ずアベルにおいて索問(たづぬ)べしといひて事を終(を)ふ
  19. 我はイスラエルの中(うち)の平和(おだやか)なる忠義(ちうぎ)なる者なりしかるに爾(なんぢ)はイスラルの中(うち)にて母ともいふべき城邑(まち)を滅(ほろぼ)さんことを求む何ゆゑに爾(なんぢ)ヱホバの産業を呑(の)み盡(つく)さんとするや
  20. ヨアブ答へていひけるは決(きは)めてしからず決(きは)めてしからずわれ呑(の)み盡(つく)し或(あるひ)は滅(ほろ)ぼさんとすることなし
  21. 其事(そのこと)しからずエフライムの山地の人ビクリの子(こ)名はシバといふ者手を擧(あげ)て王ダビデに敵せり爾(なんぢ)ら只(たゞ)彼一人を付(わた)せ然(しか)らば我(われ)此邑(このまち)をさらんと婦(をんな)ヨアブにいひけるは視(み)よ彼の首級(くび)は石垣の上より爾(なんぢ)に投(なげ)いだすべし
  22. かくて婦(をんな)其(その)智慧(ちゑ)をもて凡(すべて)の民の所にいたりければかれらビクリの子シバの首級(くび)を刎(はね)てヨアブの所に投出(なげいだ)せり是(こゝ)においてヨアブ喇叭(らつぱ)を吹(ふき)ならしければ人々散(ちり)て邑(まち)より退(しりぞ)きておのおの其(その)天幕(てんまく)に還(かへ)りぬヨアブはエルサレムにかへりて王の處(ところ)にいたれり
  23.  ヨアブはイスラエルの全軍の長(かしら)なりヱホヤダの子ベナヤはケレテ人(びと)とペレテ人(びと)の長(かしら)なり
  24. アドラムは徴募(ちやうぼの)長(かしら)なりアヒルデの子ヨシヤパテは史官(しくわん)なり
  25. シワは書記官なりザドクとアビヤタルは祭司(さいし)なり
  26. 亦(また)ヤイル人(びと)イラはダビデの大臣(だいじん)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):サムエル後書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書