目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Books of Samuel(2)」
旧約聖書:サムエル後書

第24章(CHAPTER 24)

  1. ヱホバ復(また)イスラエルにむかひて怒(いかり)を發しダビデを感動(かんどう)して彼等に敵對(むかは)しめ往(ゆき)てイスラエルとユダを數(かぞ)へよと言(いは)しめたまふ
  2. 王(わう)乃(すなは)ちヨアブおよびヨアブとともにある軍長(ぐんのかしら)等にいひけるは請(こ)ふイスラエルの諸(すべて)の支派(わかれ)の中(うち)をダンよりベエルシバに至るまで行(ゆき)めぐりて民を核(しら)べ我をして民の數(かず)を知(しら)しめよ
  3. ヨアブ王にいひけるは幾何(いくばく)あるともねがはくは汝の神ヱホバ民(たみ)を百倍に増(まし)たまへ而(しか)して王わが主の目それを視(み)るにいたれ然(しか)りといへども王わが主の此事(このこと)を悦(よろこ)びたまふは何故(なにゆゑ)ぞやと
  4. されど王の言(ことば)ヨアブと軍長(ぐんのかしら)等に勝(かち)ければヨアブと軍長等(ぐんのかしらたち)王の前を退(しりぞ)きてイスラエルの民を核(しら)べに往(ゆけ)り
  5. かれらヨルダンを濟(わた)りアロエルより即(すなは)ち河の中の邑(まち)より始めてガドにいたりヤゼルにいたり
  6. ギレアデにいたりタテムホデシの地にいたり又ダニヤンにいたりてシドンに旋(めぐ)り
  7. またツロの城にいたりヒビ人(びと)とカナン人(びと)の諸(すべて)の邑(まち)にいたりユダの南に出(いで)てベエルシバにいたれり
  8. 彼等(かれら)國(くに)を[あまね]く行(ゆき)めぐり九月(こゝのつき)と廿日(はつか)を經(へ)てエルサレムに至りぬ
  9. ヨアブ人口の數(かず)を王に告(つげ)たり即(すなは)ちイスラエルに劍(かたな)を抜く壯士(つはもの)八十萬(まん)ありき又ユダの人は五十萬(まん)ありき
  10.  ダビデ民の數(かず)を書(かき)し後(のち)其心(そのこゝろ)自(みづか)ら責(せ)む是(こゝ)においてダビデ、ヱホバにいふ我これを爲(な)して大(おほい)に罪を犯(をか)したりねがはくはヱホバよ僕(しもべ)の罪を除(のぞ)きたまへ我(われ)甚(はなは)だ愚(おろか)なる事を爲(なせ)りと
  11. ダビデ朝(あさ)興(おき)し時ヱホバの言(ことば)ダビデの先見者(せんけんしゃ)なる預言者ガデに臨(のぞ)みて曰(いは)く
  12. 往(ゆき)てダビデに言へヱホバ斯(かく)いふ我(われ)汝に三(みつ)を示す汝(なんぢ)其(その)一(ひとつ)を擇(えら)べ我(われ)其(それ)を汝に爲(なさ)んと
  13. ガデ、ダビデの許(もと)にいたりこれに告(つげ)てこれにいひけるは汝の地に七年の饑饉(ききん)いたらんか或(また)は汝(なんぢ)敵に追(おは)れて三月(みつき)其(その)前に遁(にげ)んか或(また)は爾(なんぢ)の地(くに)に三日の疫病(やくびやう)あらんか爾(なんぢ)考へてわが如何(いか)なる答(こたへ)を我を遣(つか)はせし者に爲(なす)べきかを決(さだ)めよ
  14. ダビデ、ガデにいひけるは我(われ)大(おほい)に苦しむ請(こ)ふ我儕(われら)をしてヱホバの手に陷(おちい)らしめよ其(その)憐憫(あはれみ)大(おほい)なればなり我をして人の手に陷(おちい)らしむるなかれ
  15.  是(こゝ)においてヱホバ朝より集會(あつまり)の時まで疫病(やくびやう)をイスラエルに降(くだ)したまふダンよりベエルシバまでに民の死(しぬ)る者七萬人なり
  16. 天の使(つかひ)其手(そのて)をエルサレムに伸(のべ)てこれを滅(ほろぼ)さんとしたりしがヱホバ此(この)害惡(がいあく)を悔(くい)て民を滅(ほろぼ)す天使(てんのつかひ)にいひたまひけるは足(たれ)り今汝の手を住(とゞ)めよと時にヱホバの使(つかひ)はヱブス人(びと)アラウナの禾場(うちば)の傍(かたはら)にあり
  17. ダビデ民を撃(う)つ天使(てんのつかひ)を見し時ヱホバに申していひけるは嗚呼(あゝ)我は罪を犯したり我は惡(あし)き事を爲(なし)たり然(しかれ)ども是等(これら)の羊群(ひつじ)は何を爲(なし)たるや請(こ)ふ爾(なんぢ)の手を我とわが父の家に對(むけ)たまへと
  18.  此日(このひ)ガデ、ダビデの所にいたりてかれにいひけるは上(のぼ)りてヱブス人(びと)アラウナの禾場(うちば)にてヱホバに壇(だん)を建(たて)よ
  19. ダビデ、ガデの言(ことば)に隨(したが)ひヱホバの命じたまひしごとくのぼれり
  20. アラウナ觀望(のぞみ)て王と其(その)臣僕(しもべ)の己(おのれ)の方に進み來(きた)るを見(み)アラウナ出(いで)て王のまへに地に伏(ふし)て拝(はい)せり
  21. かくてアラウナいひけるは何に因(より)てか王わが主(しゆ)僕(しもべ)の所にきませるやダビデひけるは汝より禾場(うちば)を買ひとりヱホバに壇(だん)を築きて民に降(くだ)る災(わざはひ)をとゞめんとてなり
  22. アラウナ、ダビデにいひけるはねがはくは王わが主(しゆ)其目(そのめ)に善(よし)と見ゆるものを取(とり)て献(さゝ)げたまへ燔祭(はんさい)には牛あり薪(たきゞ)には打禾車(うちぐるま)と牛の器(うつは)ありと
  23. アラウナこれを悉(ことごと)く王に奉呈(さゝ)ぐアラウナ又(また)王にねがはくは爾(なんぢ)の神ヱホバ爾(なんぢ)を受納(うけいれ)たまはんことをといふ
  24. 王アラウナにいひけるは斯(かく)すべからず我(われ)必ず値(あたひ)をはらひて爾(なんぢ)より買(かひ)とらん我(われ)費(つひへ)なしに燔祭(はんさい)をわが神ヱホバに献(さゝ)ぐることをせじとダビデ銀(ぎん)五十シケルにて禾場(うちば)と牛を買(かひ)とれり
  25. ダビデ其處(そこ)にてヱホバに壇(だん)を築き燔祭(はんさい)と酬恩祭(しうおんさい)を献(さゝ)げたり是(こゝ)においてヱホバ其地(そのち)のために祈祷(いのり)を聽(きゝ)たまひて災(わざはひ)のイスラエルに降(くだ)ること止(とゞま)りぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):サムエル後書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書