目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9

Old Testament「Book of Amos」
旧約聖書:アモス書

第4章(CHAPTER 4)

  1. バシヤンの牝牛(めうし)等よ汝(なんぢ)ら此言(このことば)を聽(き)け汝らはサマリヤの山に居(を)り弱者(よわきもの)を虐(しへた)げ貧者(まづしきもの)を壓(あつ)し又その主(しゆ)にむかひて此(こゝ)に持(もち)きたりて我らに飮(のま)せよと言ふ
  2. 主(しゆ)ヱホバ己(おのれ)の聖(きよき)を指(さ)し誓(ちか)ひて云(い)ふ視(み)よ日(ひ)汝らの上に臨(のぞ)むその日には人汝らを鈎(はり)にかけ汝等の遺餘者(のこりのもの)を釣魚鈎(うをつりばり)にかけて曳(ひき)いださん
  3. 汝(なんぢ)らは各々(おのおの)その前なる石垣の破壞(やぶれ)たる處(ところ)より奔出(はせいで)てハルモンに逃(にげ)往(ゆか)んヱホバこれを言ふ
  4.  汝(なんぢ)らベテルに往(ゆき)て罪を犯(をか)しギルガルに往(ゆき)て益々(ますます)おほく罪を犯(をか)せ朝ごとに汝らの犠牲(いけにへ)を携(たづさ)へゆけ三日ごとに汝らの什一(じふいつ)を携(たづさ)へゆけ
  5. 酵(たね)いれたる者を感謝祭に獻(さゝ)げ願意(こゝろ)よりする禮物(そなへもの)を召(めし)てこれを告示(つげしめ)せイスラエルの子孫(ひとびと)よ汝らは斯(かく)するを好むなりと主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ
  6.  また我(われ)汝(なんぢ)らの一切(すべて)の邑(まち)に於(おい)て汝らの齒(は)を清からしめ汝らの一切(すべて)の處(ところ)において汝らの食を乏(とぼ)しからしめたり然(しか)るに汝らは我に歸(かへ)らずとヱホバ言(いひ)給(たま)ふ
  7. また我(われ)収穫(かりいれ)までには尚(なほ)三月あるに雨をとゞめて汝らに下(くだ)さずかの邑(まち)には雨を降(ふら)しこの邑(まち)には雨をふらさゞりき此(この)田圃(たはた)は雨を得(え)彼(かの)田圃(たはた)は雨を得(え)ずして枯れたり
  8. 二三(ふたつみつ)の邑(まち)別(ほか)の一(ひとつ)の邑(まち)に[よろ]めきゆきて水を飮(のめ)ども飽(あく)ことあたはず然(しか)るに汝らは我に歸(かへ)らずとヱホバ言(いひ)たまふ
  9. 我(われ)枯死殻(しひなせ)と朽腐穗(くさりぼ)とをもて汝等を撃(うち)なやませりまた汝らの衆多(おほく)の園(その)と葡萄園(ぶだうばたけ)と無花果樹(いちじくのき)と橄欖樹(かんらんのき)とは蝗(いなご)これを食(くら)へり然(しか)るに汝らは我に歸(かへ)らずとヱホバ言(いい)たまふ
  10. 我なんぢらの中(うち)にエジプトに爲(せ)し如(ごと)く疫病(えきびやう)をおこし劍(つるぎ)をもて汝らの少(わか)き人を殺し又汝らの馬を奪(うばひ)さり汝らの營(えい)の臭氣(しうき)をして騰(のぼ)りて汝らの鼻を撲(うた)しめたり然(しか)るも汝らは我に歸(かへ)らずとヱホバいひたまふ
  11. 我なんぢらの中(うち)の邑(まち)を滅(ほろぼ)すことソドム、ゴモラを神の滅(ほろぼ)したまひし如(ごと)くしたれば汝らは[ほのほ]の中より取(とり)いだしたる燃柴(もえさし)のごとくなれり然(しか)るも汝らは我に歸(かへ)らずとヱホバ言(いひ)たまふ
  12.  イスラエルよ然(され)ば我かく汝(なんぢ)に行(おこな)はん我(われ)是(これ)を汝に行(おこな)ふべければイスラエルよ汝の神に會(あ)ふ準備(そなへ)をせよ
  13. 彼は即(すなは)ち山を作りなし風を作り出(いだ)し人の思想(おもひ)の如何(いか)なるをその人に示しまた晨光(あけぼの)をかへてK暗(くらやみ)となし地の高處(たかきところ)を踏(ふ)む者なりその名を萬軍(ばんぐん)の神ヱホバといふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):アモス書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書