目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9

Old Testament「Book of Amos」
旧約聖書:アモス書

第8章(CHAPTER 8)

  1. 主(しゆ)ヱホバの我に示したまへるところ是(かく)のごとし即(すなは)ち熟(じゆく)したる果物一筐(ひとかご)あり
  2. ヱホバわれにむかひてアモス汝(なんぢ)何を見るやと言(いひ)たまひければ熟(じゆく)したる果物一筐を見るとこたへしにヱホバ我に言(いひ)たまはく我民(わがたみ)イスラエルの終(をはり)いたれり我ふたゝび彼らを見過(みすぐ)しにせじ
  3. 主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ其日(そのひ)には宮殿(みや)の歌は哀哭(なげき)に變(かは)らん死屍(しかばね)おびたゞしくあり人これを遍(あまね)き處(ところ)に投棄(なげすて)ん默(もく)せよ
  4.  汝(なんぢ)ら喘(あへ)ぎて貧(まづし)き者に迫(せま)り且(かつ)地の困難者(なやめるもの)を滅(ほろぼ)す者よ之(これ)を聽(き)け
  5. 汝(なんぢ)らは言ふ月朔(ついたち)は何時(いつ)過去(すぎさら)んか我等(われら)穀物(こくもつ)を賣(うら)んとす安息日(あんそくにち)は何時(いつ)過去(すぎさら)んか我ら麥倉(むぎぐら)を開かんとす我らエパを小(ちひさ)くしシケルを大(おほき)くし僞(にせ)の權衡(はかり)をもて欺(あざむ)く事をなし
  6. 銀をもて賤(いや)しき者を買ひ鞋(くつ)一足をもて貧(まづし)き者を買ひかつ屑麥(くづむぎ)を賣(うり)いださんと
  7. ヱホバ、ヤコブの榮光(さかえ)を指(さし)て誓(ちか)ひて言(いひ)たまふ我かならず彼等の一切(すべて)の行爲(わざ)を何時(いつ)までも忘れじ
  8. 之(これ)がために地(ち)震(ふる)はざらんや地に住(すめ)る者みな哭(なげ)かざらんや地みな河のごとく噴(ふき)あがらんエジプトの河のごとく湧(わき)あがり又沈(しづ)まん
  9. 主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ其日(そのひ)には我(われ)日をして眞晝(まひる)に沒(ぼつ)せしめ地をして白晝(はくちう)に暗くならしめ
  10. 汝(なんぢ)らの節筵(いはひ)を悲傷(かなしみ)に變(かは)らせ汝らの歌を盡(ことごと)く哀哭(なげき)に變(かは)らせ一切(すべて)の人に麻布(あさぬの)を腰(こし)に纒(まと)はしめ一切(すべて)の人に頂(いたゞき)を剃(そら)しめ其日(そのひ)をして獨子(ひとりご)を喪(うしな)へる哀傷(かなしみ)のごとくならしめ其(その)終(をはり)をして苦(にが)き日のごとくならしめん
  11.  主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ視(み)よ日至らんとすその時我(われ)饑饉(ききん)を此國(このくに)におくらん是(これ)はパンに乏(とぼ)しきに非(あら)ず水に渇(かわ)くに非(あら)ずヱホバの言(ことば)を聽(きく)ことの饑饉(ききん)なり
  12. 彼らは海より海とさまよひ歩き北より東と奔(はせ)まはりてヱホバの言(ことば)を求めん然(され)ど之(これ)を得(え)ざるべし
  13. その日には美(うるは)しき處女(をとめ)も少(わか)き男もともに渇(かわき)のために絶(たえ)いらん
  14. かのサマリヤの罪を指(さし)て誓(ちか)ひダンよ汝(なんぢ)の神は活(い)くと言ひまたベエルシバの路(みち)は活(い)くと言(いへ)る者等は必ず仆(たふ)れん復(また)興(おく)ることあらじ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):アモス書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書