目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第3章(CHAPTER 3)

  1. 彼また我に言(いひ)たまひけるは人の子よ汝(なんぢ)獲(う)るところの者を食(くら)へ此(この)卷物を食(くら)ひ往(ゆき)てイスラエルの家に告(つげ)よ
  2. 是(こゝ)に於(おい)て我(われ)口をひらけばその卷物を我に食(くら)はしめて
  3. 我にいひ給(たま)ひけるは人の子よわが汝(なんぢ)にあたふる此(この)卷物をもて腹(はら)をやしなへ膓(はらわた)にみたせよと我すなはち之(これ)をくらふに其(その)わが口に甘きこと蜜(みつ)のごとくなりき
  4.  彼また我にいひたまひけるは人の子よイスラエルの家にゆきて吾言(わがことば)を之(これ)につげよ
  5. 我なんぢを唇(くちびる)の深き舌の重き民につかはすにあらずイスラエルの家につかはすなり
  6. 汝(なんぢ)がその言語(ことば)をしらざる唇(くちびる)の深き舌の重き多くの國人(くにびと)に汝をつかはすにあらず我もし汝を彼らに遣(つかは)さば彼等汝に聽(きく)べし
  7. 然(され)どイスラエルの家は我に聽(きく)ことを好まざれば汝に聽(きく)ことをせざるべしイスラエルの全家は厚顏(あつがほ)にして心の剛愎(かたくな)なる者なればなり
  8. 視(み)よ我かれらの面(かほ)のごとく汝の面(かほ)をかたくしかれらの額(ひたひ)のごとく汝の額(ひたひ)を堅(かた)くせり
  9. 我なんぢの額(ひたひ)を金剛石のごとくし磐(いは)よりも堅(かた)くせり彼らは背逆(そむけ)る族(やから)なり汝かれらを懼(おそ)るゝなかれ彼らの面(かほ)に戰慄(をのゝ)くなかれ
  10. 又われに言(いひ)たまひけるは人の子よわが汝にいふところの凡(すべて)の言(ことば)を汝の心にをさめ汝の耳にきけよ
  11. 往(ゆき)てかの捕(とら)へ移されたる汝の民の子孫(ひとびと)にいたりこれに語りて主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふと言へ彼ら聽(きく)も拒(こば)むも汝然(しか)すべし
  12.  時に靈(みたま)われを上に擧(あげ)しが我わが後(うしろ)に大(おほい)なる響(ひゞき)の音ありてヱホバの榮光(さかえ)のその處(ところ)より出(いづ)る者は讚(ほむ)べきかなと云(い)ふを聞けり
  13. また生物(いきもの)の互(たがひ)にあひ連(つらな)る翼(つばさ)の聲(おと)とその傍(かたはら)にある輪(わ)の聲(おと)および大(おほい)なる響(ひゞき)の音を聞く
  14. 靈(みたま)われを上にあげて携(たづさ)へゆけば我苦々(にがにが)しく思ひ心を熱くして往(ゆ)くヱホバの手強くわが上にあり
  15. 爰(こゝ)に我ケバル河の邊(ほとり)にてテラアビブに居(を)るかの捕(とらへ)移(うつさ)れたる者に至り驚きあきれてその坐(ざ)する所に七日倶(とも)に坐(ざ)せり
  16.  七日すぎし後ヱホバの言(ことば)われにのぞみて言ふ
  17. 人の子よ我なんぢを立(たて)てイスラエルの家の爲(ため)に守望者(まもるもの)となす汝わが口より言(ことば)を聽き我にかはりてこれを警(いまし)むべし
  18. 我惡人に汝(なんぢ)かならず死(しぬ)べしと言(いは)んに汝かれを警(いまし)めず彼をいましめ語りその惡(あし)き道を離れしめて之(これ)が生命を救(すく)はずばその惡人はおのが惡のために死(しな)んされど其(その)血をば我汝の手に要(もと)むべし
  19. 然(され)ど汝惡人を警(いまし)めんに彼その惡とその惡(あし)き道を離れずば彼はその惡の爲(ため)に死(しな)ん汝はおのれの靈魂(たましひ)を救(すく)ふなり
  20. 又義人(たゞしきひと)その義事(たゞしきこと)をすてゝ惡を行(おこな)はんに我(われ)躓礙(つまづくもの)をその前におかば彼は死(しぬ)べし汝かれを警(いまし)めざれば彼はその罪のために死(しに)てそのおこなひし義(たゞし)き事を記(おぼ)ゆる者なきにいたらん然(され)ば我その血を汝の手に要(もと)むべし
  21. 然(され)ど汝もし義(たゞし)き人をいましめ義(たゞし)き人に罪ををかさしめずして彼罪を犯(をか)すことをせずば彼は警戒(いましめ)をうけたるがためにかならずその生命(いのち)をたもたん汝(なんぢ)はおのれの靈魂(たましひ)を救(すく)ふなり
  22.  茲(こゝ)にヱホバの手かしこにてわが上にあり彼われに言(いひ)たまひけるは起(たち)て平原(はら)にいでよ我そこにて汝にかたらん
  23. 我すなはち起(たち)て平原(はら)に往(ゆく)にヱホバの榮光(さかえ)わがケバル河の邊(ほとり)にて見し榮光(さかえ)のごとく其處(そこ)に立(たち)ければ俯伏(ひれふし)たり
  24. 時に靈(みたま)われの中(うち)にいりて我を立(たち)あがらせ我にかたりていふ往(ゆき)て汝の家にこもれ
  25. 人の子よ彼等汝に繩(なは)をうちかけ其(それ)をもて汝を縛(しば)らん汝はかれらの中(うち)に出(いで)ゆくことを得(え)ざるべし
  26. 我なんぢの舌を上咢(うはあご)に堅(かた)く着(つか)しめて汝を唖(おふし)となし彼等を警(いまし)めざらしむべし彼等は悖逆(もとれ)る族(やから)なればなり
  27. 然(され)ど我(われ)汝に語る時は汝の口をひらかん汝彼らにいふべし主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ聽者(きくもの)は聽(きく)べし拒(こば)む者は拒(こば)むべし彼等は悖逆(もとれ)る族(やから)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書