目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第7章(CHAPTER 7)

  1. ヱホバの言(ことば)また我にのぞみて言ふ
  2. 汝(なんぢ)人の子よ主(しゆ)ヱホバかくいふイスラエルの地の末期(をはり)いたる此國(このくに)の四方(よも)の境(さかひ)の末期(をはり)來(きた)れり
  3. 今汝の末期(をはり)いたる我わが忿怒(いかり)を汝に洩(もら)し汝の行(おこなひ)にしたがひて汝を鞫(さば)き汝の諸(もろもろ)の憎むべき物のために汝を罰(つみ)せん
  4. わが目は汝を惜(をし)み見ず我なんぢを憫(あはれ)まず汝の行(おこなひ)の爲(ため)に汝を罰(つみ)せん汝のなせし憎(にく)むべき事の報(むくい)汝の中(うち)にあるべし是(これ)によりて汝等はわがヱホバなるを知らん
  5.  主(しゆ)ヱホバかくいひたまふ視(み)よ災禍(わざはひ)あり非常(またなき)災禍(わざはひ)きたる
  6. 末期(をはり)きたる其(その)末期(をはり)きたる是(これ)起(おこ)りて汝に臨(のぞ)む視(み)よ來(きた)る
  7. 此地(このち)の人よ汝の命數(めいすう)いたる時いたる日ちかし山々には擾亂(さわぎ)のみありて喜樂(よろこび)の聲(こゑ)なし
  8. 今我すみやかに吾(わが)憤恨(いきどほり)を汝に蒙(かうむ)らせわが怒氣(いかり)を汝に洩(もら)しつくし汝の行爲(おこなひ)にしたがひて汝を鞫(さば)き汝の諸(もろもろ)の憎(にく)むべきところの事のために汝を罰(つみ)せん
  9. わが目は汝(なんぢ)を惜(をし)み見ず我(われ)汝をあはれまず汝の行(おこなひ)のために汝を罰(つみ)せん汝の爲(なせ)し憎むべき事の果報(むくい)汝の中(うち)にあるべし是(これ)によりて汝等は我ヱホバの汝を撃(うつ)なるを知(しら)ん
  10.  視(み)よ日きたる視(み)よ來(きた)れり命數(めいすう)いたりのぞむ杖(つゑ)花咲き驕傲(たかぶり)刀iめざ)す
  11. 暴逆(ぼうぎゃく)おこりて惡の杖(つゑ)と成(な)る彼等もその群衆もその驕奢(おごり)も皆(みな)失(うせ)んかれらの中には何も殘る者なきにいたるべし
  12. 時きたる日ちかづけり買者(かふもの)は喜ぶなかれ賣者(うるもの)は思ひわづらふなかれ怒(いかり)その群衆におよぶべければなり
  13. 賣者(うるもの)は假令(たとひ)その生命(いのち)ながらふるともその賣(うり)たる者に歸(かへ)ることあたはじ此地(このち)の全(すべて)の群衆をさすところの預言は廢(すた)らざるべければなり其(その)惡の中(うち)にありて生命を全(まつた)うする者なかるべし
  14.  人衆(ひとびと)ラツパを吹(ふき)て凡(すべ)て預備(そなへ)をなせども戰(たゝかひ)にいづる者なし其(そ)はわが怒(いかり)その全(すべて)の群衆におよべばなり
  15. 外には劍(つるぎ)あり内には疫病(えきびやう)と饑饉(ききん)あり田野(たはた)にをる者は劍(つるぎ)に死なん邑(まち)の中にをる者は饑饉(ききん)と疫病(えきびやう)これをほろぼすべし
  16. その中の逃(のが)るゝ者は逃れて谷の鴿(はと)のごとくに山の上にをりて皆その罪のために悲(かな)しまん
  17. 手みな弱くなり膝(ひざ)みな水となるべし
  18. 彼等は麻(あさ)の衣(ころも)を身にまとはん恐懼(おそれ)かれらを蒙(つゝ)まん諸(すべて)の面(かほ)には羞(はぢ)あらはれ諸(すべて)の首(かしら)は髮(け)をそりおとされん
  19. 彼等その銀を街(ちまた)にすてん其(その)金(きん)はかれらに塵芥(あくた)のごとくなるべしヱホバの怒(いかり)の日にはその金銀もかれらを救(すく)ふことあたはざるなり是等(これら)はその心魂(たましひ)を滿足せしめず其(その)腹を充(みた)さず唯(たゞ)彼等をつまづかせて惡におとしいるゝ者なり
  20. 彼の美(うるは)しき飾物を彼等(かれら)驕傲(たかぶり)のために用ひ又これをもてその憎(にくむ)べき偶像その憎むべき物をつくれり是(こゝ)をもて我これを彼らに芥(あくた)とならしむ
  21. 我これを外國人(ことくにびと)にわたして奪(うば)はしめ地の惡人にわたして掠(かす)めしめん彼等すなはちこれを汚(けが)すべし
  22. 我かれらにわが面(かほ)を背(そむ)くべければ彼等わが密(かくれ)たる所を汚(けが)さん強暴人(あらきひと)其處(そこ)にいりてこれを汚(けが)すべし
  23.  汝(なんぢ)鏈索(くさり)を作れよ死にあたる罪(つみ)國(くに)に滿(み)ち暴逆(ぼうぎやく)邑(まち)に充(みち)たり
  24. 我(われ)國々の中(うち)の惡(あし)き者等を招きて彼らの家を奪(うばは)しめん我(われ)強者(つよきもの)の驕傲(たかぶり)を止(とゞ)めんその聖所(きよきところ)は汚(けが)さるべし
  25. 滅亡(ほろび)きたれり彼等平安を求むれども得(え)ざるなり
  26. 災害(わざはひ)に災害(わざはひ)くはゝり注進(しらせ)に注進(しらせ)くはゝる彼等預言者に默示(もくし)を求めん律法(おきて)は祭司の中(うち)に絶(た)え謀略(はかりごと)は長老(としより)の中(うち)に絶(たゆ)べし
  27. 王は哀(なげ)き牧伯(きみ)は驚惶(おそれ)を身に纏(まと)ひ國(くに)の民の手は慄(ふる)へん我その行爲(おこなひ)に循(したが)ひて彼らを處置(あつか)ひその審判(さばき)に循(したが)ひて彼らを罰(つみ)せん彼等は我(わが)ヱホバなるを知(しる)にいたるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書