目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第13章(CHAPTER 13)

  1. ヱホバの言(ことば)われに臨(のぞ)みて言ふ
  2. 人の子よ預言(よげん)を事(こと)とするイスラエルの預言者にむかひて預言せよ彼(か)のおのれの心のまゝに預言する者等に言ふべし汝(なんぢ)らヱホバの言(ことば)を聽(き)け
  3. 主(しゆ)ヱホバかくいひ給(たま)ふ彼(か)の何をも見ずして己(おのれ)の心のまゝに行(おこな)ふところの愚(おろか)なる預言者は禍(わざはひ)なるかな
  4. イスラエルよ汝(なんぢ)の預言者は荒墟(あれあと)にをる狐(きつね)のごとくなり
  5. 汝等は破壞口(くづれぐち)を守らずまたイスラエルの家の四周(まはり)に石垣を築きてヱホバの日に防ぎ戰(たゝか)はんともせざるなり
  6. 彼らは虚浮者(むなしきもの)および虚妄(いつはり)の占卜(うらなひ)を見る彼等はヱホバいひたまふと言ふといへどもヱホバはかれらを遣(つかは)さゞるなり然(しか)るに彼らその言(ことば)の成(な)らんことを望む
  7. 汝(なんぢ)らは空(むな)しき異象(まぼろし)を見(み)虚妄(いつはり)の占卜(うらなひ)を宣(の)べ吾(わ)が言ふことあらざるにヱホバいひ給(たま)ふと言ふにあらずや
  8.  是故(このゆゑ)に主(しゆ)ヱホバかくいひたまふ汝等空虚(むなし)き事を言ひ虚僞(いつはり)の物を見るによりて我なんぢらを罰(つみ)せん主ヱホバこれをいふ
  9. 我(わが)手はかの虚浮(むなし)き事を見(み)虚僞(いつはり)の事を卜(うらな)ひいふところの預言者等に加はるべし彼等はわが民の會(くわい)にをらずなりイスラエルの家の籍(せき)にしるされずイスラエルの地にいることをえざるべし汝等すなはち吾(われ)のヱホバなるをしるにいたらん
  10. かれらは吾民(わがたみ)を惑(まどは)し平安あらざるに平安といふ又わが民の屏(へい)を築くにあたりて彼等灰砂(しっくい)をもて之(これ)を[ぬ]る
  11. 是故(このゆゑ)にその灰砂(しっくい)を[ぬ]る者に是(これ)は[くづ]るべしと言へ大雨くだらん雹(へう)よ降(ふ)れ大風よ吹(ふく)べし
  12. 視(み)よ屏は[くづ]る然(され)ば人々汝等が用ひて[ぬり]たる灰砂(しっくい)は何處(いづく)にあるやと汝等に言(いは)ざらんや
  13. 即(すなは)ち主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ我(われ)憤恨(いきどほり)をもて大風を吹(ふか)せ忿怒(いかり)をもて大雨を注(そゝ)がせ憤恨(いきどほり)をもて雹(へう)を降(ふら)せてこれを毀(こぼ)つべし
  14. 我なんぢらが灰砂(しっくい)をもて[ぬり]たる屏(へい)を毀(こぼ)ちてこれを地に倒(たふ)しその基礎(いしずゑ)を露(あらは)にすべし是(これ)すなはち[くづ]れん汝等はその中にほろびて吾(われ)のヱホバなるを知(しる)にいたらん
  15. 斯(かく)われその屏(へい)とこれを灰砂(しっくい)にてぬれる者とにむかひてわが憤恨(いきどほり)を洩(もら)しつくして汝等にいふべし屏(へい)はあらずなり又灰砂(しっくい)にてこれを[ぬれ]る者もあらずなれりと
  16. 是(これ)すなはちイスラエルの預言者等なり彼等はヱルサレムにむかひて預言をなし其處(そこ)に平安のあらざるに平安の默示(しめし)を見たりといへり主(しゆ)ヱホバこれをいふ
  17.  人の子よ汝(なんぢ)の民の女等(むすめら)の其(その)心のまゝに預言する者に汝の面(かほ)をむけ之(これ)にむかひて預言し
  18. 言(いふ)べし主ヱホバかくいひたまふ吾手(わがて)の節々(ふしぶし)の上に小枕(こまくら)を縫(ぬひ)つけ諸(もろもろ)の大(おほき)さの頭に帽子(かぶりもの)を造り蒙(かぶら)せて靈魂(たましひ)を獵(から)んとする者は禍(わざはひ)なるかな汝等はわが民の靈魂(たましひ)を獵(かり)て己(おのれ)の靈魂(たましひ)を生(いか)しめんとするなり
  19. 汝等(なんぢら)小許(すこし)の麥(むぎ)のため小許(すこし)のパンのために吾民(わがたみ)の前にて我を汚(けが)しかの僞言(いつはり)を聽(きゝ)いるゝ吾民(わがたみ)に僞言(いつはり)を陳(のべ)て死(しぬ)べからざる者を死(しな)しめ生(いく)べからざる者を生(いか)しむ
  20.  是故(このゆゑ)に主ヱホバかくいひたまふ我(われ)汝等が用ひて靈魂(たましひ)を獵(かる)ところの小枕(こまくら)を奪(うば)ひ靈魂(たましひ)を飛(とび)さらしめん我なんぢらの臀(ひぢ)より小枕(こまくら)を裂(さき)とりて汝らが獵(かる)ところの靈魂(たましひ)を釋(はな)ち其(その)靈魂(たましひ)を飛(とび)さらしむべし
  21. 我なんぢらの帽子(かぶりもの)を裂(さ)き吾民(わがたみ)を汝らの手より救(すく)ひいださん彼等はふたゝび汝等の手に陷(おちい)りて獵(から)れざるべし汝らは吾(わが)ヱホバなるを知(しる)にいたらん
  22. 汝等(なんぢら)虚僞(いつはり)をもて義者(たゞしきもの)の心を憂(うれ)へしむ我はこれを憂(うれ)へしめざるなり又汝等惡者(あしきもの)の手を強くし之(これ)をしてその惡(あし)き道を離れかへりて生命(いのち)を保つことをなさしめず
  23. 是故(このゆゑ)に汝等は重(かさ)ねて虚浮(むなし)き物を見ることを得(え)ず占卜(うらなひ)をなすことを得ざるに至るべし我わが民を汝らの手より救ひいださん汝等すなはちわがヱホバなるを知(しる)にいたるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書