目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第16章(CHAPTER 16)

  1. ヱホバの言(ことば)また我にのぞみて言ふ
  2. 人の子よヱルサレムに其(その)憎(にく)むべき事等(ことども)を示して
  3. 言ふべし主(しゆ)ヱホバ、ヱルサレムに斯(かく)いひたまふ汝(なんぢ)の起本(おこり)汝の誕生(うまれ)はカナンの地なり汝の父はアモリ人(びと)汝の母はヘテ人(びと)なり
  4. 汝(なんぢ)の誕生(うまれ)を言(いは)んに汝の生れし日に汝の臍帶(ほそのを)を斷(きる)ことなく又水にて汝を洗ひ潔(きよ)むることなく鹽(しほ)をもて汝を擦(こす)ることなく又布に裹(つゝ)むことなかりき
  5. 一人も汝(なんぢ)を憐(あはれ)み見憫(みなさけ)をもて是等(これら)の事の一(ひとつ)をも汝になせし者なし汝の生れたる日に人汝の生命を忌(いみ)て汝を野原に棄(すて)たり
  6.  我(われ)汝(なんぢ)のかたはらを通りし時汝が血の中(うち)にをりて踐(ふま)るゝを見汝が血の中にある時汝に生(いき)よと言(いへ)り即(すなは)ち我なんぢが血の中(うち)にある時に汝に生(いき)よといへり
  7. 我(われ)野の百卉(くさ)のごとくに汝を増して千萬(せんまん)となせり汝は生長(そだち)て大きくなり美しき姿となるにいたり乳(ちゝ)は堅(かた)くなり髮は長(のび)たりしが衣(ころも)なくして裸(はだか)なりき
  8. 茲(こゝ)に我(われ)汝の傍(かたはら)を通りて汝を見(みる)に今は汝の時汝の愛せらるべき時なりければ我(われ)衣服(ころも)の裾(すそ)をもて汝を覆(おほ)ひ汝の恥(はづ)るところを蔽(かく)し而(しか)して汝に誓(ちか)ひ汝に契約をたてたり汝すなはち吾(わが)所屬(もの)となれり主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  9. 斯(かく)て我(われ)水をもてなんぢを洗ひ汝の血を滌(すゝ)ぎおとして膏(あぶら)を汝にぬり
  10. 文繍(ぬひ)あるものを着せ皮(かは)の鞋(くつ)を穿(うが)たしめ細布(ほそぬの)を蒙(かむ)らせ絹をもて汝の身を罩(つゝ)めり
  11. 而(しか)して飾物をもて汝をかざり腕環(うでわ)をなんぢの手にはめ金索(くさり)を汝の項(くび)にかけしめ
  12. 鼻には鼻環(はなわ) 耳には耳環(みゝわ) 首(かうべ)には華美(はなやか)なる冠冕(かんむり)をほどこせり
  13. 汝(なんぢ)すなはち金銀をもて身を飾り細布と絹および文繍(ぬひあるもの)をその衣服(ころも)となし麥粉(むぎこ)と蜜(みつ)と油とを食(くら)へり汝は甚(はなは)だ美(うるは)しくして遂(つひ)に榮(さか)えて王の權勢(いきほひ)に進みいたる
  14. 汝(なんぢ)の美貌(うつくしさ)のために汝の名は國々にひろまれり是(これ)わが汝にほどこせしわれの飾物(かざり)によりて汝の美麗(うつくしさ)極(きはま)りたればなり主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  15.  然(しか)るに汝その美麗(うつくしさ)を恃(たの)み汝の名によりて姦淫(かんいん)をおこなひ凡(すべ)て其(その)傍(かたはら)を過(すぐ)る者と縱恣(ほしいまゝ)に姦淫(かんいん)をなしたり是(これ)その人の所屬(もの)となる
  16. 汝おのれの衣服(ころも)をとりて崇邱(たかきところ)を彩(いろど)り作りその上に姦淫(かんいん)をおこなへり是(これ)爲(なす)べからず有(ある)べからざる事なり
  17. 汝(なんぢ)はわが汝にあたへし金銀の飾(かざり)の品を取り男の像を造りて之(これ)と姦淫(かんいん)をおこなひ
  18. 汝の繍衣(ぬひあるころも)を取りて之(これ)に纒(まと)ひ吾(われ)の膏(あぶら)と香(かう)をその前に陳(そな)へ
  19. 亦(また)わが汝にあたへし我の食物我(わ)が用(もち)ひて汝をやしなふところの麥粉(むぎこ)油および蜜(みつ)を其前(そのまへ)に陳(そな)へて馨(かうば)しき香氣(にほひ)となせり是事(このこと)ありしと主(しゆ)ヱホバいひ給(たま)ふ
  20. 汝(なんぢ)またおのれの我に生(うみ)たる男子女子をとりてこれをその像(ざう)にそなへて食(くら)はしむ汝が姦淫(かんいん)なほ小(ちひさ)き事なるや
  21. 汝(なんぢ)わが子等(こども)を殺し亦(また)火の中を通らしめてこれに献(さゝ)ぐ
  22. 汝(なんぢ)その諸(もろもろ)の憎(にく)むべき事とその姦淫(かんいん)とをおこなふに當り(あた)て汝が若かりし日に衣(ころも)なくして裸(はだか)なりしことおよび汝が血のうちにをりて蹈(ふま)れしことを想(おも)はざるなり
  23.  主(しゆ)ヱホバまた言(いひ)たまふ汝は禍(わざはひ)なるかな禍(わざはひ)なるかな
  24. 汝(なんぢ)その諸(もろもろ)の惡をおこなひし後(のち)街衢(ちまた)街衢(ちまた)に樓(たかどの)をしつらひ臺(うてな)を造り
  25. また路(みち)の辻々に臺(うてな)をつくりて汝の美麗(うつくしさ)を汚辱(はづかし)むることを爲(な)し凡(すべ)て傍(かたはら)を過(よぎ)るところの者に足をひらきて大(おほい)に姦淫(かんいん)をおこなふ
  26. 汝(なんぢ)かの肉の大(おほい)なる汝の隣人(となりびと)エジプトの人々と姦淫(かんいん)をおこなひ大(おほい)に姦淫(かんいん)をなして我を怒(いか)らせたれば
  27. 我(われ)手を汝の上にのべて汝のたまはる分を減(へら)し彼(か)の汝を惡(にく)み汝の淫(みだり)なる行爲(おこなひ)を羞(はづ)るところのペリシテ人(びと)の女等(むすめら)の心に汝をまかせたり
  28. 然(しか)るに汝は厭(あく)ことなければ亦(また)アツスリヤの人々と姦淫(かんいん)をおこなひしが之(これ)と姦淫(かんいん)をおこなひたるも尚(なほ)厭(あく)ことなかりき
  29. 汝(なんぢ)また大(おほい)に姦淫(かんいん)をおこなひてカナンの國(くに)カルデヤに迄およびしが是(これ)にても尚(なほ)厭(あく)ことなし
  30.  主(しゆ)ヱホバいひたまふ汝の心(こゝろ)如何(いか)に戀煩(こひわづら)ふにや汝この諸(もろもろ)の事を爲(なせ)り是(これ)氣隨(わがまゝ)なる遊女(あそびめ)の行爲(わざ)なり
  31. 汝(なんぢ)道の辻々に樓(たかどの)をしつらひ衢々(ちまたちまた)に臺(うてな)を造りしが金錢(あたひ)を輕(かろ)んじたれば娼妓(あそびめ)のごとくならざりき
  32. 夫(それ)淫婦(いんぷ)はその夫のほかに他人と通ずるなり
  33. 人は凡(すべ)て娼妓(あそびめ)に物を贈(おく)るなるに汝はその諸(もろもろ)の戀人(こひびと)に物をおくり且(かつ)汝と姦淫(かんいん)せんとて四方(よも)より汝に來(きた)る者に報金(むくい)を與(あた)ふ
  34. 汝(なんぢ)は姦淫(かんいん)をおこなふに當(あた)りて他(ほか)の婦(をんな)と反(はん)す即(すなは)ち人汝を戀求(こひもと)むるにあらざるなり汝(なんぢ)金錢(あたひ)を人にあたへて人(ひと)金錢(あたひ)を汝にあたへざるは是(これ)その相(あひ)反(はん)するところなり
  35.  然(され)ば娼妓(あそびめ)よヱホバの言(ことば)を聽(き)け
  36. 主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ汝(なんぢ)金銀(かね)を撒散(まきちら)し且(かつ)汝の戀人(こひびと)と姦淫(かんいん)して汝の恥處(はづるところ)を露(あらは)したるに由(よ)り又汝の憎(にく)むべき諸(もろもろ)の偶像と汝が之(これ)にさゝげたる汝の子等の血の故(ゆゑ)により
  37. 視(み)よ我なんぢが交(まじは)れる諸(もろもろ)の戀人(こひびと)および凡(すべ)て汝が戀(こひ)たる者並(ならび)に凡(すべ)て汝が惡(にく)みたる者を集め四方(よも)よりかれらを汝の所に集め汝の恥處(はづるところ)を彼らに現(あらは)さん彼ら汝の恥處(はづるところ)を悉(ことごと)く見るべし
  38. 我(われ)姦淫(かんいん)を爲(な)せる婦(をんな)および血をながせる婦(をんな)を鞫(さば)くがごとくに汝を鞫(さば)き汝をして忿怒(いかり)と嫉妬(ねたみ)の血とならしむべし
  39. 我(われ)汝を彼等の手に付(わた)せば彼等汝の樓(たかどの)を毀(こぼ)ち汝の臺(うてな)を倒しなんぢの衣服(ころも)を褫取(はぎと)り汝の美しき飾(かざり)を奪ひ汝をして衣服(ころも)なからしめ裸(はだか)にならしむべし
  40. 彼等群衆をひきゐて汝の所にのぼり石をもて汝を撃(う)ち劍(つるぎ)をもて汝を切(きり)さき
  41. 火をもて汝の家を焚(や)き多くの婦女(をんな)の目の前にて汝を鞫(さば)かん斯(かく)われ汝をして姦淫(かんいん)を止(やめ)しむべし汝は亦(また)ふたゝび金錢(あたひ)をあたふることなからん
  42. 我こゝに於(おい)て汝に對(たい)するわが怒(いかり)を息(やす)め汝にかゝはるわが嫉妬(ねたみ)を去り心をやすんじて復(また)怒(いか)らざらん
  43. 主(しゆ)ヱホバいひたまふ汝(なんぢ)その若かりし日の事を記憶(おぼ)えずしてこの諸(もろもろ)の事をもて我を怒(いか)らせたれば視(み)よ我も汝の行ふところを汝の首(かうべ)に報(むく)ゆべし汝その諸(もろもろ)の憎むべき事の上に此(この)惡事をなしたるにあらざるなり
  44.  視(み)よ諺語(ことわざ)をもちふる者みな汝を指(さし)てこの諺(ことわざ)を用ひ言(いは)ん母のごとくに女(むすめ)も然(しか)りと
  45. 汝(なんぢ)の母はその夫と子女(こども)を棄(すて)たり汝はその女(むすめ)なり汝の姉妹(しまい)はその夫と子女(こども)を棄(すて)たり汝はその姉妹(しまい)なり汝の母はヘテ人(びと)汝の父はアモリ人(びと)なり
  46. 汝(なんぢ)の姉はサマリヤなり彼その女子等(むすめら)とともに汝の左に住む汝の妹はソドムなり彼その女子等(むすめら)とともに汝の右に住む
  47. 汝(なんぢ)は只(たゞ)少しく彼らの道に歩み彼らの憎(にく)むべきところの事等(ことども)を行(おこな)ひしのみにあらず汝の爲(なせ)る事(わざ)は皆かれらのよりも惡(あし)かりき
  48. 主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ我は活(い)く汝の妹ソドムと其(その)女子(むすめ)らが爲(なせ)しところは汝とその女子(むすめ)らが爲(なせ)しところの如(ごと)くはあらざりき
  49. 汝(なんぢ)の妹ソドムの罪は是(これ)なり彼は傲(たかぶ)り食物に飽(あ)きその女子(むすめ)らとともに安泰(あんたい)にをり而(しか)して難(なや)める者と貧(まづし)しき者を助けざりき
  50. かれらは傲(たかぶ)りわが前に憎(にく)むべき事をなしたれば我見てかれらを掃(はら)ひ除(のぞ)けり
  51. サマリヤは汝(なんぢ)の罪の半分(なかば)ほども罪を犯(をか)さゞりき汝は憎むべき事等を彼らよりも多く行(おこな)ひ増し汝の爲(なし)たる諸(もろもろ)の憎むべき事のために汝の姉妹等をして義(たゞし)きが如(ごと)くならしめたり
  52. 然(され)ば汝(なんぢ)が曾(かつ)てその姉妹等の蒙(かうむ)るべき者と定めたるところの恥辱(はぢ)を汝もまた蒙(かうむ)れよ汝が彼等よりも多くの憎むべき事をなしたるその罪の爲(ため)に彼等は汝よりも義(たゞし)くなれり然(され)ば汝も辱(はづかしめ)を受け恥(はぢ)を蒙(かうむ)れ是(こ)は汝その姉妹等を義(たゞし)き者となしたればなり
  53.  我(われ)ソドムとその女等(むすめら)の俘囚(とらはれ)をかへしサマリヤとその女等(むすめら)の俘囚(とらはれ)をかへさん時に其(それ)と同じく捕(とら)はれたる汝の俘囚人(とらはれびと)を歸(かへ)し
  54. 汝(なんぢ)をして恥(はぢ)を蒙(かうむ)らしめ汝が凡(すべ)て爲(なし)たるところの事を羞(はぢ)しむべし汝かく彼らの慰(なぐさめ)とならん
  55. 汝(なんぢ)の姉妹ソドムとその女子等(むすめら)は舊(もと)の樣(さま)に歸(かへ)りサマリヤとその女子等(むすめら)は舊(もと)の樣(さま)に歸(かへ)らん又汝と汝の女子等(むすめら)も舊(もと)の樣(さま)にかへるべし
  56. 汝(なんぢ)はその驕傲(おごりたかぶ)れる日には汝の姉妹ソドムの事を口に述(のべ)ざりき
  57. 汝(なんぢ)の惡の露(あらは)れし時まで即(すなは)ちスリアの女子等(むすめら)と凡(すべ)て汝の周圍(まはり)の者ペリシテ人(びと)の女等(むすめら)が四方より汝を嬲(なぶ)りて辱(はづか)しめし時まで汝は是(かく)のごとくなりき
  58. ヱホバいひたまふ汝の淫(みだり)なる行爲(おこなひ)と汝のもろもろの憎むべき事とは汝みつからこれを身に負(お)ふなり
  59. 主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ誓言(ちかひ)を輕(かろ)んじて契約(けいやく)をやぶりたるところの汝には我(われ)汝の爲(なせ)るところにしたがひて爲(なす)べし
  60.  我(われ)汝の若かりし日に汝になせし契約(けいやく)を記憶(おぼ)え汝と限りなき契約をたてん
  61. 汝(なんぢ)その姉妹の汝より大(おほい)なる者と小(ちひさ)き者とを得(う)る時にはおのれの行爲(おこなひ)をおぼえて羞(はぢ)ん彼等は汝の契約に屬(ぞく)する者にあらざれども我かれらを汝にあたへて女(むすめ)となさしむべし
  62. 我(われ)汝と契約をたてん汝すなはち吾(われ)のヱホバなるを知(しる)にいたらん
  63. 我なんぢの凡(すべ)て行(おこな)ひしところの事を赦(ゆる)す時には汝憶(おぼ)えて羞(は)ぢその恥辱(ちじょく)のために再び口を開くことなかるべし主(しゆ)ヱホバこれを言ふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書