目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第17章(CHAPTER 17)

  1. 爰(こゝ)にヱホバの言(ことば)我にのぞみて言ふ
  2. 人の子よ汝(なんぢ)イスラエルの家に謎(なぞ)をかけ譬言(たとへ)を語りて
  3. 言(いふ)べし主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ大(おほい)なる翼(つばさ)長き羽(はね)ありて種々の色の毛の滿(みち)たる大鷲(おほわし)レバノンに來(きた)りて香柏(かうはく)の梢(こずゑ)を採(と)り
  4. 其(その)芽(め)の巓(いたゞき)を摘(つ)みカナンの地にこれを持(もち)きたりて商人の邑(まち)に置きけるが
  5. 又その地の種(たね)をとりて之(これ)を種田(たねばたけ)に播(ま)けりすなはち之(これ)を水の多き處(ところ)にもちゆきて柳(やなぎ)のごとくにこれを樹(うゑ)しに
  6. 成長(そだ)ちて丈(たけ)卑(ひく)き垂(たれ)さがりたる葡萄樹(ぶだうづる)となり其(その)枝は鷲(わし)にむかひその根は鷲(わし)の下にあり遂(つひ)に葡萄樹(ぶだうづる)となりて芽をふき葉を出(いだ)す
  7.  此(こゝ)に又(また)大(おほい)なる翼(つばさ)多くの羽(はね)ある一箇(ひとつ)の大鷲(おほわし)ありしがその葡萄樹(ぶだうづる)根をこれにむかひて張り枝をこれにむかひて伸(の)べ之(これ)をしてその植(うわ)りたる地の外(ほか)より水を灌(そゝ)がしめんとす
  8. 抑(そもそも)是(これ)を善(よ)き圃(はたけ)に多くの水の旁(かたはら)に植(うゑ)たるは根を張り實(み)をむすびて盛(さかん)なる葡萄樹(ぶだうづる)とならしめんためなりき
  9. なんぢ主(しゆ)ヱホバかく言ふといふべし是(これ)旺盛(さかん)になるや鷲(わし)その根を拔きその果(み)を絶(た)ちて之(これ)を枯(かれ)しめざらんや其(その)芽の若葉は皆枯(かれ)ん之(これ)を根より擧(あぐ)るには強き腕と多くの人を用ふるにおよばざるなり
  10. 是(これ)は樹(うゑ)られたれども旺盛(さかん)にならんや東風これに當(あた)らば枯果(かれはて)ざらんや是(これ)その生(おひ)たるところの地に枯(かる)べし
  11.  ヱホバの言(ことば)また我にのぞみて言ふ
  12. 背(そむ)ける家に言ふべし汝等(なんぢら)此(こ)の何たるを知(しら)ざるかと又言へ視(み)よバビロンの王ヱルサレムに來(きた)りその王とその牧伯等(きみたち)を執(とら)へてこれをバビロンに曳(ひき)ゆけり
  13. 彼また王の族(やから)の一人を取(とり)てこれと契約を立て誓言(ちかひ)をなさしめ又國(くに)の強き者等を執(とら)へゆけり
  14. 是(これ)この國を卑(ひく)くして自(みづか)ら立つことを得(え)ざらしめその人をして契約(けいやく)を守りてこれを堅(かた)うせしめんがためなりき
  15. 然(しか)るに彼これに背(そむ)きて使者(つかひ)をエジプトに遣(つかは)し馬と多くの人を己(おのれ)におくらしめんとせり彼(かれ)旺盛(さかん)にならんや是(これ)を爲(なせ)る者逃(のが)るゝことをえんや彼その契約をやぶりたり爭(いか)で逃(のが)るゝことを得(え)んや
  16. 主(しゆ)ヱホバいひたまふ我は活(い)く必ず彼は己(おのれ)を王となしたる彼(かの)王の處(ところ)に偕(とも)にをりてバビロンに死(しぬ)べし彼その王の誓言(ちかひ)を輕(かろ)んじ其(その)契約を破りたるなり
  17. 夫(それ)壘(るゐ)を築き雲梯(うんてい)を建てゝ衆多(おほく)の人を殺さんとする時にはパロ大(おほい)なる軍勢と衆多(おほく)の人をもて彼のために戰爭(たゝかひ)をなさじ
  18. 彼は誓言(ちかひ)を輕(かろ)んじて契約を破る彼(かれ)手を與(あた)へて却(かへつ)て此等(これら)の事をなしたれば逃(のが)るゝことを得(え)ざるべし
  19. 故(ゆゑ)に主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ我は活(い)く彼が我の誓言(ちかひ)を輕(かろ)んじ我の契約をやぶりたる事を必ずかれの首(かうべ)にむくいん
  20. 我わが網(あみ)をかれの上にうちかけ彼をわが羅(あみ)にとらへてバビロンに曳(ひき)ゆき彼が我にむかひて爲(なせ)しところの叛逆(ほんぎゃく)につきて彼を鞫(さば)くべし
  21. 彼の諸(すべて)の軍隊の逃脱者(おちうど)は皆(みな)刀に仆(たふ)れ生殘(いきのこ)れる者は八方(やも)に散(ちら)さるべし汝等は我ヱホバがこれを言(いひ)しなるを知(しる)にいたらん
  22.  主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ我(われ)高き香柏(かうはく)の梢(こずゑ)の一(ひとつ)を取(とり)てこれを樹(う)ゑその芽の巓(いたゞき)より若芽を摘(つ)みとりて之(これ)を高き勝(すぐ)れたる山に樹(うゆ)べし
  23. イスラエルの高山に我これを植(うゑ)ん是(これ)は枝を生じ果(み)をむすびて榮華(さかん)なる香柏(かうはく)となり諸(もろもろ)の類の鳥皆その下に棲(すま)ひその枝の蔭(かげ)に住(すま)はん
  24. 是(こゝ)に於(おい)て野の樹みな我(われ)ヱホバが高き樹を卑(ひく)くし卑(ひく)き樹を高くし香iみどり)なる樹を枯(かれ)しめ枯木(かれき)を香iみどり)ならしめしことを知(しら)ん我ヱホバこれを言ひ之(これ)を爲(なす)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書