目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第18章(CHAPTER 18)

  1. ヱホバの言(ことば)また我にのぞみて言ふ
  2. 汝等なんぞイスラエルの地に於(おい)て此(この)諺語(ことわざ)を用ひ父等(ちゝたち)酸(す)き葡萄(ぶだう)を食ひたれば子等(こどもら)の齒(は)[う]くと言ふや
  3. 主(しゆ)ヱホバいふ我は生(い)く汝等ふたゝびイスラエルに於(おい)てこの諺語(ことわざ)をもちふることなかるべし
  4. 夫(それ)凡(すべて)の靈魂(たましひ)は我に屬(ぞく)す父の靈魂(たましひ)も子の靈魂(たましひ)も我に屬するなり罪を犯せる靈魂(たましひ)は死(しぬ)べし
  5.  若(もし)人(ひと)正義(たゞしく)して公道(おほやけ)と公義(たゞしき)を行(おこな)ひ
  6. 山の上に食をなさず目をあげてイスラエルの家の偶像を仰(あふ)がず人の妻を犯さず穢(けが)れたる婦女(をんな)に近づかず
  7. 何人(たれ)をも虐(しへた)げず質物(しちもつ)を還(かへ)し物を奪はずその食物を飢(うゆ)る者に與(あた)へ裸(はだか)なる者に衣(ころも)を着せ
  8. 利(り)を取(とり)て貸さず息(そく)を取(とら)ず手をひきて惡を行はず眞實(まこと)の判斷(さばき)を人と人の間になし
  9. わが法憲(のり)にあゆみ又(また)吾(わ)が律例(おきて)を守りて眞實(まこと)をおこなはゞ是(これ)義者(たゞしきもの)なり彼は生(いく)べし主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  10.  然(され)ど彼(かれ)子を生(うま)んにその子暴(あら)き者にして人の血をながし是(かく)の如(ごと)き事の一箇(ひとつ)を行ひ
  11. 是(これ)をば凡(すべ)て行(おこな)はずして山の上に食をなし人の妻を犯し
  12. 惱(なや)める者と貧(まづし)き者を虐(しへた)げ物を奪ひ質物(しちもつ)を還(かへ)さず目をあげて偶像を仰ぎ憎(にく)むべき事をおこなひ
  13. 利をとりて貸し息(そく)を取(とら)ば彼は生(いく)べきや彼は生(いく)べからず彼この諸(もろもろ)の憎(にく)むべき事をなしたれば必ず死(しぬ)べしその血はかれに歸(き)せん
  14.  又(また)子生(うま)れんに其子(そのこ)父のなせる諸(もろもろ)の罪を視(み)しかども視(み)て斯有(かゝる)ことを行(おこな)はず
  15. 山の上に食をなさず目をあげてイスラエルの家の偶像を仰(あふ)がず人の妻を犯さず
  16. 何人(たれ)をも虐(しへた)げず質物(しちもつ)を存留(ひきと)めず物を奪はず飢(うゆ)る者にその食物を與(あた)へ裸なる者に衣を着せ
  17. その手をひきて惱(なや)める者を苦(くるし)めず利と息を取(とら)ずわが律法(おきて)を行(おこな)ひわが法度(のり)に歩(あゆ)まば彼はその父の惡のために死(しぬ)ことあらじ必ず生(いく)べし
  18. その父は甚(はなは)だしく人を掠(かす)めその兄弟を痛く虐(しへた)げその民の中に善(よか)らぬ事をなしたるに由(より)てその惡のために死(しぬ)べし
  19.  しかるに汝等は子なんぞ父の惡を負(おは)ざるやと言ふ夫(それ)子は律法(おきて)と公義(たゞしき)を行ひわが凡(すべ)ての法度(のり)を守りてこれを行ひたれば必ず生(いく)べし
  20. 罪を犯せる靈魂(たましひ)は死(しぬ)べし子は父の惡を負(おは)ず父は子の惡を負(おは)ざるなり義人の義はその人に歸(き)し惡人の惡はその人に歸すべし
  21.  然(され)ど惡人もしその凡(すべ)て行(おこな)ひしところの惡を離れわが諸(すべて)の法度(のり)を守り律法(おきて)と公義(たゞしき)を行(おこな)ひなばかならず生(いき)ん死(しな)ざるべし
  22. その爲(なせ)しところの咎(とが)は皆(みな)記念(おぼえ)られざるべしその爲(なせ)し義(たゞし)き事のために彼は生(いく)べし
  23. 主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ我(われ)爭(いか)で惡人の死を好まんや寧(むしろ)彼がその道を離れて生(いき)んことを好まざらんや
  24. 若(もし)義人その義をはなれて惡を行ひ惡人の爲(なせ)る諸(もろもろ)の憎むべき事をなさば生(いく)べきや其(その)なせし義(たゞし)き事は皆(みな)記念(おぼえ)られざるべし彼はその爲(なせ)る咎(とが)とその犯(をか)せる罪とのために死(しぬ)べし
  25.  然(しか)るに汝等主(しゆ)の道は正しからずと言ふ然(され)ばイスラエルの家よ聽(き)け吾道(わがみち)正しからざるやその正しからざる者は汝らの道にあらずや
  26. 若(もし)義人その義をはなれて惡を爲(な)し其(それ)がために死(しぬ)ることあらば是(これ)その爲(なせ)る惡のために死(しぬ)るなり
  27. 若(もし)惡人その爲(なせ)る惡をはなれて律法(おきて)と公義(たゞしき)を行(おこな)はゞその靈魂(たましひ)を生(いか)しむることをえん
  28. 彼もし視(み)てその行(おこな)ひし諸(もろもろ)の咎(とが)を離れなば必ず生(いき)ん死(しな)ざるべし
  29. 然(しか)るにイスラエルの家は主(しゆ)の道は正しからずといふイスラエルの家よわが道正しからざるやその正しからざる者は汝らの道にあらずや
  30. 主(しゆ)ヱホバいひ給(たま)ふ是故(このゆゑ)に我(われ)汝らをば各(おのおの)その道にしたがひて審(さば)くべし汝らその諸(もろもろ)の咎(とが)を悔改(くいあらた)めよ然(しか)らば惡(あく)汝らを躓(つまづ)かせて滅(ほろぼ)すことなかるべし
  31. 汝等その行(おこな)ひし諸(もろもろ)の罪を棄去(すてさ)り新しき心と新しき靈魂(たましひ)を起(おこ)すべしイスラエルの家よ汝らなんぞ死(しぬ)べけんや
  32. 我は死者(しぬるもの)の死を好まざるなり然(され)ば汝(なんぢ)ら悔(くい)て生(いき)よ主(しゆ)ヱホバこれを言ふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書