目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第20章(CHAPTER 20)

  1. 七年の五月十日にイスラエルの長老(としより)の中(うち)の人々ヱホバに問(とは)んとて來(きた)りてわが前に坐(ざ)しけるに
  2. ヱホバの言(ことば)我にのぞみて云(い)ふ
  3. 人の子よイスラエルの長老等に告(つげ)て之(これ)にいふべし主(しゆ)ヱホバかく言ふ汝等(なんぢら)我に問(とは)んとて來(きた)れるや主ヱホバいふ我は活(い)く我(われ)汝らの問(とひ)を容(いれ)じと
  4. 汝(なんぢ)かれらを鞫(さば)かんとするや人の子よ汝かれらを鞫(さば)かんとするや彼等の先祖等のなしたる憎(にく)むべき事等をかれらに知(しら)しめて
  5. 言(いふ)べし主(しゆ)ヱホバかくいふ我イスラエルを選(えら)みヤコブの家の裔(すゑ)にむかひてわが手をあげエジプトの地にて我をかれらに知(しら)せかれらにむかひて吾手(わがて)をあげて我は汝(なんぢ)らの神ヱホバなりと言(いひ)し日
  6. その日に我かれらにむかひて吾手(わがて)をあげエジプトの地よりかれらをいだし吾(わ)がかれらのために求め得(え)たるその乳(ちゝ)と蜜(みつ)の流るゝ地に導(みちび)かんとせり是(これ)諸(すべて)の地の中(うち)の美(うるは)しき者なり
  7. 而(しか)して我かれらに言(いひ)けらく各人(おのおの)その目にあるところの憎むべき事等を棄(す)てよエジプトの偶像(ぐうざう)をもてその身を汚(けが)すなかれ我は汝(なんぢ)らの神ヱホバなりと
  8. 然(しか)るに彼らは我に背(そむ)きて我に聽(きゝ)したがふことを好まざりき彼等一人もその目にあるところの憎むべき者を棄(す)てずエジプトの偶像を棄てざりしかば我エジプトの地の中において吾(わが)憤恨(いきどほり)をかれらに注(そゝ)ぎわが忿怒(いかり)をかれらに洩(もら)さんと言(いへ)り
  9. 然(しか)れども我(われ)わが名のために事をなして彼らをエジプトの地より導きいだせり是(これ)吾名(わがな)の異邦人(ことくにびと)等の前に汚(けが)されざらんためなりその異邦人等の中に彼等居(を)り又その前にて我おのれを彼等に知(しら)せたり
  10.  すなはち我エジプトの地より彼等を導き出して曠野(あらの)に携(つれ)ゆき
  11. わが法憲(のり)をこれに授(さづ)けわが律法(おきて)をこれに示せり是(これ)は人の行(おこな)ひて之(これ)に由(より)て生(いく)べき者なり
  12. 我また彼らに安息日(あんそくにち)を與(あた)へて我と彼らの間の徴(しるし)となしかれらをして吾(われ)ヱホバが彼らを聖別(きよめ)しを知(しら)しめんとせり
  13. 然(しか)るにイスラエルの家は曠野(あらの)にて我に背(そむ)き人の行(おこな)ひて之(これ)によりて生(いく)べき者なるわが法度(のり)にあゆまず吾(わ)が律法(おきて)を輕(かろ)んじ大(おほい)に吾(わ)が安息日を汚(けが)したれば曠野(あらの)にてわが憤恨(いきどほり)をかれらに注(そゝ)ぎてこれを滅(ほろぼ)さんと言ひたりしが
  14. 我わが名のために事をなせり是(これ)わが彼らを導きいだして見せしところの異邦人等(ことくにびとら)の目のまへにわが名を汚(けが)されざらしめんためなりき
  15. 但(たゞ)し我(われ)曠野(あらの)にて彼らにむかひて吾手(わがて)をあげ彼らをわが與(あた)へしその乳(ちゝ)と蜜(みつ)の流るゝ地に導(みちび)かじと誓(ちか)へり是(これ)は諸(すべて)の地の中の美(うるは)しき者なり
  16. 是(これ)かれら心にその偶像を慕(した)ひてわが律法(おきて)を輕(かろ)んじ棄(す)てわが法憲(のり)にあゆまずわが安息日(あんそくにち)を汚(けが)したればなり
  17. 然(しか)りといへども吾(われ)かれらを惜(をし)み見てかれらを滅(ほろぼ)さず曠野(あらの)にて彼らを絶(たや)さゞりき
  18.  我(われ)曠野(あらの)にてかれらの子等に言(いへ)り汝(なんぢ)らの父の法度(のり)にあゆむなかれ汝らの律法(おきて)を守るなかれ汝らの偶像をもて汝らの身を汚(けが)すなかれ
  19. 我は汝(なんぢ)らの神ヱホバなり吾(わが)法度(のり)にあゆみ吾(わが)律法(おきて)を守りてこれを行(おこな)ひ
  20. わが安息日(あんそくにち)を聖(きよ)くせよ是(これ)は我と汝らの間の徴(しるし)となりて汝らをして我が汝らの神ヱホバなるを知(しら)しめんと
  21. 然(しか)るにその子等(こどもら)我にそむき人の行(おこな)ひてこれによりて活(いく)べき者なるわが法度(のり)にあゆまず吾(わが)律法(おきて)をまもりて之(これ)をおこなはずわが安息日を汚(けが)したれば我わが憤恨(いきどほり)を彼らにそゝぎ曠野(あらの)にてわが忿怒(いかり)をかれらに洩(もら)さんと言(いひ)たりしが
  22. 吾手(わがて)を翻(かへ)してわが名のために事をなせり是(これ)わが彼らを導き出して見せしところの異邦人等の目のまへにわが名を汚(けが)されざらしめんためなりき
  23. 但(たゞ)し我(われ)汝らを國々に散(ちら)し處々(ところどころ)に撒(まか)んと曠野(あらの)にてかれらにむかひて我手(わがて)を擧(あげ)たり
  24. 是(これ)かれらわが律法(おきて)を行(おこな)はずわが法度(のり)を輕(かろん)じわが安息日(あんそくにち)をけがしその父の偶像を目に慕(した)ひたればなり
  25. 我かれらに善(よか)らぬ法度(のり)を與(あた)へかれらが由(より)て活(いく)べからざる律法(おきて)を與(あた)へ
  26. 彼らをしてその禮物(そなへもの)によりて己(おのれ)の身を汚(けが)さしむ即(すなは)ちかれらその長子(うひご)をして火の中を通過(とほら)しめたり是(こ)は我彼らを滅(ほろぼ)し彼らをして我のヱホバなるを知(しら)しめんためなり
  27.  然(され)ば人の子よイスラエルの家につげて之(これ)にいふべし主(しゆ)ヱホバかくいひたまふ彼らの父等は更(さら)にまた不忠の罪ををかし我を[けが]せり
  28. 我わが彼らに與(あた)へんと手をあげし此地(このち)にかれらを導きいれしに彼ら諸(すべて)の高丘(たかをか)と諸(すべて)の茂樹(しげき)を尋(たづ)ね得(え)てその犠牲(いけにへ)を其處(そこ)に供(そな)へその憤(いきどほ)らしき禮物(そなへもの)をそこに獻(さゝ)げその馨(かうば)しき佳氣(にほひ)をそこに奉(たてま)つりその神酒(さけ)をそこに灌(そゝ)げり
  29. 我かれらに言(いへ)り汝らが往(ゆく)ところの崇(たか)き處(ところ)は何なるやと其名(そのな)は今日にいたるまでバマと言ふなり
  30. この故(ゆゑ)にイスラエルの家に言ふべし主(しゆ)ヱホバかくいひたまふ汝(なんぢ)らの先祖の途(みち)をもて汝らはその身を汚(けが)し彼等の憎むべき物をしたひてこれと姦淫(かんいん)を行(おこな)ふにあらずや
  31. 汝等はその禮物(そなへもの)を獻(さゝ)げその子女(こども)に火の中を通らしめて今日にいたるまで汝らの諸(もろもろ)の偶像をもてその身を汚(けが)すなり然(され)ばイスラエルの家よ我なんぢらの問(とひ)を容(いる)べけんや主(しゆ)ヱホバいふ我は活(い)く我は汝らの問(とひ)を容(いれ)ざるなり
  32. 汝(なんぢ)ら我儕(われら)は木と石に事(つか)へて異邦人(ことくにびと)の如(ごと)くなり國々の宗族(やから)のごとくならんと言(いへ)ば汝らの心に起るところの事は必ず成(なら)ざるべし
  33.  主(しゆ)ヱホバいふ我は生(い)く我かならず強き手と伸(のべ)たる腕をもて怒(いかり)を注(そゝ)ぎて汝らを治(をさ)めん
  34. 我(われ)強き手と伸(のべ)たる腕をもて怒(いかり)を注ぎて汝らを國々より曳(ひき)いだし汝らが散(ちら)されたる處々(ところどころ)より汝らを集め
  35. 國々の曠野(あらの)に汝らを導き其處(そこ)にて面(かほ)をあはせて汝らを鞫(さば)かん
  36. 主(しゆ)ヱホバいふ我エジプトの曠野(あらの)にて汝らの先祖等を鞫(さば)きしごとくに汝らを鞫(さば)くべし
  37. 我なんぢらをして杖(つゑ)の下を通らしめ契約(けいやく)の索(つなぎ)に汝らを入(いら)しめ
  38. 汝らの中より背(そむ)ける者および我に悖(もと)れる者を別(わか)たんその寓(やど)れる地より我かれらをいだすべし彼らはイスラエルの地に來(きた)らざるべし汝らすなはち我のヱホバなるを知(しら)ん
  39. 然(され)ばイスラエルの家よ主ヱホバかくいふ汝等おのおの往(ゆき)てその偶像に事(つか)へよ然(され)ど後には汝らかならず我に聽(きゝ)て重(かさね)てその禮物(そなへもの)と偶像をもてわが名を汚(けが)さゞるべし
  40.  主(しゆ)ヱホバいふ吾(わ)が聖山(きよきやま)の上イスラエルの高山(たかやま)の上にてイスラエルの全家その地の者皆我に事(つか)へん其處(そこ)にて我かれらを悦(よろこ)びて受納(うけいれ)ん其處(そこ)にて我なんぢらの獻物(さゝげもの)および初成(はつ)の禮物(そなへもの)すべて汝らが聖別(きよめ)たる者を求むべし
  41. 我(われ)汝(なんぢ)らを國々より導き出し汝らが散(ちら)されたる處々(ところどころ)より汝らを集むる時馨(かうば)しき香氣(にほひ)のごとくに汝らを悦(よろこ)びて受納(うけい)れ汝らによりて異邦人(ことくにびと)等の目のまへに我の聖(きよき)ことをあらはすべし
  42. 我(わ)が汝らをイスラエルの地すなはちわが汝らの先祖等にあたへんと手をあげしところの地にいたらしめん時に汝等は我のヱホバなるを知るにいたらん
  43. 汝(なんぢ)らは其身(そのみ)を汚(けが)したるところの汝らの途(みち)と汝らのもろもろの行爲(わざ)を彼處(かしこ)にて憶(おぼ)え其(その)なしたる諸(もろもろ)の惡(あし)き作爲(わざ)のために自(みづか)ら恨(うら)み視(み)ん
  44. イスラエルの家よ我(わが)汝らの惡(あし)き途(みち)によらず汝らの邪(よこしま)なる作爲(わざ)によらずして吾名(わがな)のために汝等を待(あつか)はん時に汝らは我のヱホバなるを知るにいたらん主(しゆ)ヱホバこれを言ふなり
  45.  ヱホバの言(ことば)また我にのぞみて言ふ
  46. 人の子よ汝(なんぢ)の面(かほ)を南方に向け南にむかひて言(ことば)を垂(た)れ南の野の森の事を預言(よげん)せよ
  47. すなはち南の森に言ふべしヱホバの言(ことば)を聽(き)け主ヱホバかく言ふ視(み)よ我なんぢの中に火を燃(もや)さん是(これ)なんぢの中の諸(すべて)の樹と諸(すべて)の枯木を焚(やく)べしその烈(はげ)しき火焔(ほのほ)消(きゆ)ることなし南より北まで諸(すべて)の面(おもて)これがために燒(やけ)ん
  48. 肉ある者みな我ヱホバのこれを燒(やき)しなるを見ん是(これ)は消(きえ)ざるべし
  49. 我(われ)是(こゝ)において言(いへ)り嗚呼(あゝ)主(しゆ)ヱホバよ人われを指(さし)て言ふ彼は譬言(たとへ)をもて語るにあらずやと

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書