目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第21章(CHAPTER 21)

  1. ヱホバの言(ことば)われにのぞみて言ふ
  2. 人の子よ汝(なんぢ)の面(かほ)をヱルサレムに向け聖(きよ)き處々(ところどころ)にむかひて言(ことば)を垂(た)れイスラエルの地にむかひて預言(よげん)し
  3. イスラエルの地に言ふべしヱホバかく言ふ視(み)よ我(われ)汝を責め吾刀(わがかたな)を鞘(さや)より拔(ぬき)はなし義者(たゞしきもの)と惡者(あしきもの)とを汝(なんぢ)の中(うち)より絶(たゝ)ん
  4. 我(われ)義者と惡者とを汝の中より絶(たゝ)んとすればわが刀(かたな)鞘(さや)より脱出(ぬけいで)て南より北までの凡(すべ)て肉ある者を責(せめ)ん
  5. 肉ある者みな我ヱホバのその刀(かたな)を鞘(さや)より拔(ぬき)はなちしを知らん是(これ)は歸(かへ)りをさまらざるべし
  6. 人の子よ腰(こし)の碎(くだ)くるまでに歎(なげ)き彼らの目のまへにて痛く歎(なげ)け
  7. 人汝(なんぢ)に何て歎(なげ)くやと言(いは)ば汝言(いふ)べし來(きた)るところの風聞(うはさ)のためなり心みな鎔(と)け手みな痿(な)へ魂(たましひ)みな弱り膝(ひざ)みな水とならん視(み)よ事いたれりかならず成(なら)ん主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  8.  ヱホバの言(ことば)我にのぞみて言ふ
  9. 人の子よ預言して言ふべしヱホバかく言ふ劍(つるぎ)あり研(と)ぎ且(かつ)磨(みが)きたる劍(つるぎ)あり
  10. 是(これ)は大(おほい)に殺す事をなさんがために研(とぎ)てあり光り閃(ひらめ)かんがために磨(みが)きてあり我子(わがこ)の杖(つゑ)は萬(よろづ)の樹を藐視(かろん)ずとて我等(われら)喜ぶべけんや
  11. 是(これ)を手に執(とら)んために與(あた)へて磨(みが)かしむ是(この)劍(つるぎ)は殺す者の手に付(わた)さんために之(これ)を研(とぎ)かつ磨(みが)かしむるなり
  12. 人の子よ叫(さけ)び哭(なげ)け其(そ)は是(これ)わが民の上に臨(のぞ)みイスラエルの諸(すべて)の牧伯等(きみたち)の上に臨(のぞ)めばなり彼らはわが民とともに劍(つるぎ)に仆(たふ)る故(ゆゑ)に汝(なんぢ)腿(もゝ)を撃(うつ)べし
  13. その試(こゝろみ)すでに成(な)る若(もし)かの藐視(かろん)ずるところの杖(つゑ)きたらずば如何(いかん)ぞや主ヱホバこれを言ふ
  14. 人の子よ汝(なんぢ)預言し手を拍(うつ)べし劍(つるぎ)人を刺透(さしとほ)すところの劍(つるぎ)三倍に働かん是(これ)は人を刺透(さしとほ)し大(おほい)なる者を殺すところの劍(つるぎ)にして彼らを責(せむ)る者なり
  15. 彼らの心を鎔(とか)し礙(つまづ)く物を増(まさ)んがために我(われ)拔身(ぬきみ)の劍(つるぎ)をその諸(すべて)の門に立つ嗚呼(あゝ)是(これ)は光ひらめき脱(ぬけ)いでて人を殺さんとす
  16. 汝(なんぢ)合(がっ)して右に向(むか)へ進んで左に向(むか)へ汝の刃の向(むか)ふところに隨(したが)ヘ
  17. 我また吾手(わがて)を拍(う)ちわが怒(いかり)を靜(しづ)めん我ヱホバこれを言ふなり
  18.  ヱホバの言(ことば)また我にのぞみて言ふ
  19. 人の子よバビロンの王の劍(つるぎ)の由(よつ)て來(きた)るべき二(ふたつ)の途(みち)を設(まう)けよ其二(そのふたつ)の途(みち)を一(ひとつ)の國(くに)より出(いで)しめて道標(みちしるべ)の記號(しるし)を畫(ゑが)き邑(まち)の途(みち)の首處(はじまり)にこれを畫(ゑが)くべし
  20. 汝(なんぢ)またアンモンの子孫(ひとびと)のラバとユダの堅(かた)き城の邑(まち)ヱルサレムとに劍(つるぎ)のきたるべき途(みち)を設(まう)けよ
  21. バビロンの王その道の首處(はじまり)その途(みち)の岐處(わかれ)に止(とゞま)りて占卜(うらなひ)をなし箭を(や)搖(ふ)りテラピムに問(と)ひ肝(きも)を察(しら)べをるなり
  22. 彼の右にヱルサレムといふ占卜(うらなひ)いづ云(いは)く破城槌(しろくづし)を備(そな)へ口をひらきて喊(をめ)き殺し聲(こゑ)をあげて吶喊(とき)を作り門にむかひて破城槌(しろくづし)を備へ壘(るゐ)をきづき雲梯(うんてい)を建(たつ)べしと
  23. 是(これ)はかれらの目には虚僞(いつはり)の占考(うらなひ)と見ゆ聖(きよ)き誓言(ちかひ)かれらに在(あれ)ばなり然(しか)れども彼罪を憶(おも)ひおこさしむ即(すなは)ちかれらは取(とら)るべし
  24.  是故(このゆゑ)に主(しゆ)ヱホバかく言ふ汝ら既(すで)にその罪を憶(おもひ)おこさしめて汝らの愆(とが)著明(あらは)になりたれば汝らの罪その諸(すべて)の行爲(わざ)に顯(あらは)る汝ら既(すで)に憶(おもひ)いださるれば必ず手に執(とら)へらるべし
  25. 汝(なんぢ)刺透(さしとほ)さるゝ者罪人イスラエルの君主(きみ)よ汝の罪その終(をはり)を來(きた)らしめて汝の罰(つみ)せらるゝ日至る
  26. 主(しゆ)ヱホバかく言ふ冕旒(かふりもの)を去り冠冕(かんむり)を除(と)り離せ是(これ)は是(これ)ならざるべし卑(ひく)き者は高くせられ高き者は卑(ひく)くせられん
  27. 我(われ)顛覆(くつがへすこと)をなし顛覆(くつがへすこと)をなし顛覆(くつがへすこと)を爲(なさ)ん權威(けんゐ)を持(もつ)べき者の來(きた)る時まで是(これ)は有(ある)ことなし彼に我(われ)之(これ)を與(あた)ふ
  28.  人の子よ汝(なんぢ)預言して言(いふ)べし主(しゆ)ヱホバ、アンモンの子孫(ひとびと)とその嘲笑(あざけり)につきて斯(かく)言ふと即(すなは)ち汝言(いふ)べし劍(つるぎ)あり劍(つるぎ)あり是(これ)殺すことのために拔(ぬき)てあり滅(ほろぼ)すことのために磨(みが)きありて光ひらめくなり
  29. 人なんぢに虚淨(うそ)を預言し汝に假僞(いつはり)の占考(うらなひ)を示して汝をその殺さるゝ惡人の頸(くび)の上に置(おか)んとす彼らの罪その終(をはり)を來(きた)らしめて彼らの罰(つみ)せらるゝ日いたる
  30. これをその鞘(さや)にかへし納(をさ)めよ汝の造られし處(ところ)なんぢの生(うま)れし地にて我(われ)汝を鞫(さば)き
  31. わが怒(いかり)を汝に斟(そゝ)ぎ吾(わが)憤恨(いきどほり)の火を汝にむかひて燃(もや)し狂暴人(てあらきひと)滅(ほろぼ)すことに巧(たくみ)なる者の手に汝を付(わた)すべし
  32. 汝(なんぢ)は火の薪(たきゞ)となり汝の血は國(くに)の中にあらん汝は重(かさ)ねて憶(おぼ)えらるゝことなかるべし我ヱホバこれを言(いへ)ばなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書