目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304048

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第24章(CHAPTER 24)

  1. 九年の十月十日にヱホバの言(ことば)我にのぞみて言ふ
  2. 人の子よ汝(なんぢ)此日(このひ)すなはち今日の名を書(しる)せバビロンの王今日ヱルサレムを攻(せめ)をるなり
  3. 汝(なんぢ)背(そむ)ける家に譬喩(たとへ)をかたりて之(これ)に言へ主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ釜(かま)を居(す)ゑ居(す)ゑてこれに水を斟(くみ)いれ
  4. 其(その)肉の凡(すべ)て佳(よ)き所を集めて股(もゝ)と肩(かた)とを之(これ)に入れ佳(よ)き骨をこれに充(みた)し
  5. 羊(ひつじ)の選擇者(すぐれたるもの)を取れ亦(また)薪(たきゞ)一束を取り下に入れて骨を煮(に)釜を善(よ)く煮たて亦(また)その中の骨を煮(に)よ
  6.  是故(このゆゑ)に主(しゆ)ヱホバかく言ふ禍(わざはひ)なるかな血の流るゝ邑(まち)銹(さび)のつきたる釜 その銹(さび)これを離れざるなり肉を一箇(ひとつ)一箇(ひとつ)に取(とり)いだせ之(これ)がために籤(くじ)を掣(ひく)べからず
  7. 彼の血はその中にあり彼乾ける磐(いは)の上にこれを置(おけ)りこれを土にそそぎて塵(ちり)に覆(おほ)はれしめず
  8. 我(われ)怒(いかり)を來(きた)らせ仇(あだ)を復(かへ)さんがためにその血を乾ける磐(いは)の上に置(おき)て塵(ちり)に覆(おほ)はれざらしめたり
  9. 是故(このゆゑ)に主(しゆ)ヱホバかく言ふ禍(わざはひ)なるかな血の流るゝ邑(まち)我またその薪(たきゞ)の束(たば)を大(おほい)にすべし
  10. 薪(たきゞ)を積(つみ)かさね火を燃(もや)し肉を善(よ)く煮(に)てこれを煮つくしその骨をも燒(やけ)しむべし
  11. 而(しか)して釜(かま)を空(から)にして炭火の上に置きその銅(あかゞね)をして熱くなりて燒(やけ)しめ其(その)汚穢(けがれ)をして中に鎔(とけ)しめその銹(さび)を去(さら)しむべし
  12. 既(すで)に手を盡(つく)したれどもその大(おほい)なる銹(さび)さらざればその銹(さび)を火に投棄(なげすつ)べし
  13. 汝(なんぢ)の汚穢(けがれ)の中(うち)に淫行(いんかう)あり我汝を淨(きよ)めんとしたれども汝淨(きよ)まらざりしに因(より)てわが怒(いかり)を汝に洩(もら)しつくすまでは汝その汚穢(けがれ)をはなれて淨(きよ)まることあらじ
  14. 我ヱホバこれを言(いへ)り是(これ)至る我これを爲(なす)べし止(やめ)ず惜(をし)まず悔(くい)ざるなり汝の道にしたがひ汝の行爲(わざ)にしたがひて彼ら汝を鞫(さば)かん主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  15.  ヱホバの言(ことば)われに臨(のぞ)みて言ふ
  16. 人の子よ我(われ)頓死(とんし)をもて汝(なんぢ)の目の喜ぶ者を取去(とりさら)ん汝哀(なげ)かず泣(なか)ず涙をながすべからず
  17. 聲(こゑ)をたてずして哀(なげ)け死人のために哀哭(あいこく)をなすなかれ冠物(かぶりもの)を戴(いたゞ)き足に鞋(くつ)を穿(はく)べし鬚(ひげ)を掩(おほ)ふなかれ人のおくれる食物を食(くら)ふべからず
  18. 朝(あした)に我(われ)人々に語りしが夕(ゆふべ)にわが妻死ねり明朝(あくるあさ)におよびて我(われ)命ぜられしごとくなせり
  19.  茲(こゝ)に人々我に言(いひ)けるは此(この)汝がなすところの事は何の意(こゝろ)なるや我らに告(つげ)ざるや
  20. 我かれらに言(いひ)けるはヱホバの言(ことば)我にのぞみて言ふ
  21. イスラエルの家にいふべし主(しゆ)ヱホバかく言ふ視(み)よ我汝らの勢力(ちから)の榮(さかえ)汝らの目の喜愛(よろこび)汝らの心の望(のぞみ)なるわが聖所(きよきところ)を汚(けが)さん汝らが遺(のこ)すところの子(むすこ)女(むすめ)等は劍(つるぎ)に仆(たふ)れん
  22. 汝(なんぢ)らもわが爲(なせ)るごとくなし鬚(ひげ)を覆(おほ)はず人のおくれる食物を食(くら)はず
  23. 首(かうべ)に冠物(かぶりもの)を戴(いたゞ)き足に履(くつ)を穿(は)き哀(なげ)かず泣(なか)ずその罪の中に痩衰(やせおとろ)へて互(たがひ)に呻(うめ)かん
  24. 斯(かく)エゼキエル汝(なんぢ)らに兆(しるし)とならん彼がなしたるごとく汝ら爲(なさ)ん是事(このこと)の至らん時に汝ら我の主(しゆ)ヱホバなるを知(しる)べし
  25.  人の子よわが彼らの力かれらの樂(たのし)むところの榮(さかえ)その目の喜愛(よろこび)その心の望(のぞみ)その子(むすこ)女(むすめ)を取(とり)去る日
  26. その日に逃亡者(おちうど)汝(なんぢ)の許(もと)に來(きた)り汝の耳に告(つぐ)ることあらん
  27. その日に汝(なんぢ)逃亡者(おちうど)にむかひて口を啓(ひら)き語りて再び默(もく)せざらん斯(かく)汝かれらに兆(しるし)となるべし彼らは遂(つひ)に我のヱホバなるを知(しら)ん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書