目次 前へ 次へ 11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第32章(CHAPTER 32)

  1. 茲(こゝ)にまた十二年の十二月の一日にヱホバの言(ことば)我にのぞみて言ふ
  2. 人の子よエジプトの王パロのために哀(かなしみ)の詞(ことば)を述(のべ)て彼に言ふべし汝(なんぢ)は自(みづか)ら萬國の中の獅子(しゝ)に擬(なぞら)へたるが汝は海の鰐(わに)の如(ごと)くなり汝(なんぢ)河の中に跳起(はねお)き足をもて水を濁(にご)しその河々を蹈(ふみ)みだす
  3. 主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ我(われ)衆多(おほく)の國民の中にてわが網(あみ)を汝に打掛け彼らをしてわが網にて汝を引(ひき)あげしめん
  4. 而(しか)して我(われ)汝を地上(をか)に投(なげ)すて汝を野の面(おもて)に擲(なげう)ち空の諸(もろもろ)の鳥をして汝の上に止(とゞま)らしめ全地の獸(けもの)をして汝に飽(あか)しむべし
  5. 我(われ)汝(なんぢ)の肉を山々に遺(す)て汝の屍(しかばね)を堆(うづたか)くして谷々を埋(うづ)むべし
  6. 我汝の溢(あふ)るゝ血をもて地を濕(うるほ)し山にまで及ぼさん谷川には汝盈(みつ)べし
  7. 我汝を滅(めっ)する時は空を蔽(おほ)ひその星を暗くし雲をもて日を掩(おほ)はん月はその光を發(はな)たざるべし
  8. 我空の照る光明(ひかり)を盡(ことごと)く汝の上に暗くし汝の地(くに)をK暗(やみ)となすべし主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  9. 我なんぢの滅亡(ほろび)を諸(もろもろ)の民汝の知(しら)ざる國々の中に知(しら)しめて衆多(おほく)の民をして心を傷(いた)ましめん
  10. 我衆多(おほく)の民をして汝に驚かしめんその王等はわが其(その)前にわれの劍(つるぎ)を振(ふる)ふ時に戰慄(をのゝ)かん汝の仆(たふ)るゝ日には彼ら各人(おのおの)その生命のために絶(たえ)ず發振(ふるは)ん
  11.  即(すなは)ち主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふバビロンの王の劍(つるぎ)汝に臨(のぞ)まん
  12. 我汝の群衆をして勇士(ますらを)の劍(つるぎ)に仆(たふ)れしめん彼等は皆國々の暴(あら)き者なり彼らエジプトの驕傲(ほこり)を絶(たや)さん其(そ)の群衆は皆ほろぼさるべし
  13. 我その家畜を盡(ことごと)く多(おほく)の水の傍(かたはら)より絶去(たちさら)ん人の足再び之(これ)を濁(にご)すことなく家畜の蹄(ひづめ)これを濁(にご)すことなかるべし
  14. 我すなはちその水をC(すま)しめ其(その)河々をして油のごとく流れしめん主(しゆ)ヱホバこれを云(い)ふ
  15. 我エジプトの國(くに)を荒地(あれち)となしてその國荒(あれ)てこれが富を失ふ時また我その中に住(すめ)る者を盡(ことごと)く撃(う)つ時人々我のヱホバなるを知(しら)ん
  16. 是(これ)哀(かなしみ)の詞(ことば)なり人悲(かなし)みてこれを唱(とな)へん國々の女等(むすめら)悲(かなし)みて之(これ)を唱(とな)ふべし即(すなは)ち彼等エジプトとその諸(もろもろ)の群衆のために悲(かなし)みて之(これ)を唱(とな)へん主ヱホバこれを言ふ
  17.  十二年の月の十五日にヱホバの言(ことば)また我に臨(のぞ)みて言ふ
  18. 人の子よエジプトの群衆のために哀(なげ)き是(これ)と大(おほい)なる國々の女等(むすめら)とを下の國(くに)に投(なげ)くだし墓にくだる者と共ならしめよ
  19. 汝(なんぢ)美(うるは)しき事誰に勝(まさ)るや下(くだ)りて割禮(かつれい)なき者とともに臥(ふ)せよ
  20. 彼らは劍(つるぎ)に殺さるゝ者の中に仆(たふ)るべし劍(つるぎ)已(すで)に付(わた)してあり是(これ)とその諸(もろもろ)の群衆を曳下(ひきくだ)すべし
  21. 勇士の強き者陰府(よみ)の中より彼にその助者(たすけて)と共に言(ものい)ふ割禮(かつれい)を受(うけ)ざる者劍(つるぎ)に殺されたる者彼等(かれら)下りて臥(ふ)す
  22.  彼處(かしこ)にアツスリアとその凡(すべて)の群衆をりその周圍(まはり)に之(これ)が墓あり彼らは皆殺され劍(つるぎ)に仆(たふ)れたる者なり
  23. かれの墓は穴の奧に設(まう)けてありその群衆墓の四周(まはり)にあり是(これ)皆殺されて劍(つるぎ)に仆(たふ)れたる者生者(いけるもの)の地に畏怖(おそれ)をおこせし者なり
  24.  彼處(かしこ)にエラムありその凡(すべて)の群衆その墓の周圍(まはり)にあり是(これ)皆ころされて劍(つるぎ)に仆(たふ)れ割禮(かつれい)を受(うけ)ずして下の國(くに)に下(くだ)りし者生者(いけるもの)の地に畏怖(おそれ)をおこせし者にて夫(かの)穴に下れる者等とともに恥辱(はぢ)を蒙(かうむ)るなり
  25. 殺されたる者の中にその床(とこ)を置きてその凡(すべて)の群衆と共にすその墓周圍(まはり)にあり彼等は皆割禮(かつれい)を受(うけ)ざる者にして劍(つるぎ)に殺さる彼ら生者(いけるもの)の地に畏怖(おそれ)をおこしたれば穴に下(くだ)れる者とともに恥辱(はぢ)を蒙(かうむ)るなり彼は殺されし者の中に置(おか)る
  26.  彼處(かしこ)にメセクとトバルおよびその凡(すべて)の群衆ありその墓周圍(まはり)にあり彼らは皆割禮(かつれい)を受(うけ)ざる者にして劍(つるぎ)に殺さる是(これ)生者(いけるもの)の地に畏怖(おそれ)をおこしたればなり
  27. 彼らは割禮(かつれい)を受(うけ)ずして仆(たふ)れたる勇士とともに臥(ふ)さず是等(これら)はその武器を持(もち)て陰府(よみ)に下(くだ)りその劍(つるぎ)を枕(まくら)にすその罪は骨にあり是(これ)生者(いけるもの)の地に於(おい)て勇士を畏(おそ)れしめたればなり
  28. 汝(なんぢ)は割禮(かつれい)を受(うけ)ざる者の中に打碎(うちくだ)け劍(つるぎ)に殺されたる者とともに臥(ふさ)ん
  29.  彼處(かしこ)にエドムとその王等とその諸(すべて)の君等あり彼らは勇力(ちから)をもちながら劍に殺さるゝ者の中に入り割禮(かつれい)なき者および穴に下(くだ)れる者とともに臥(ふ)すべし
  30. 彼處(かしこ)に北の君等(きみたち)皆あり又シドン人(びと)皆あり彼らは殺されし者等とともに下り人を怖(おそ)れしむる勇力(ちから)をもちて羞辱(はづかしめ)を受く彼處(かしこ)に彼らは割禮(かつれい)を受(うけ)ずして劍(つるぎ)に殺されたる者とともに臥(ふ)し穴に下れる者とともに恥辱(はぢ)を蒙(かうむ)る
  31.  パロかれらを見その諸(すべて)の群衆の事につきて心を安めんパロとその軍勢皆劍(つるぎ)に殺さる主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  32. 我かれをして生者(いけるもの)の地に畏怖(おそれ)をおこさしめたりパロとその諸(すべて)の群衆は割禮(かつれい)をうけざる者の中にありて劍(つるぎ)に殺されし者とともに臥(ふ)す主(しゆ)ヱホバこれを言ふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書