目次 前へ 次へ 11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第34章(CHAPTER 34)

  1. ヱホバの言(ことば)われに臨(のぞ)みて言ふ
  2. 人の子よ汝(なんぢ)イスラエルの牧者(ぼくしゃ)の事を預言(よげん)せよ預言して彼ら牧者に言ふべし主(しゆ)ヱホバかく言ふ己(おのれ)を牧(やしな)ふところのイスラエルの牧者は禍(わざはひ)なるかな牧者は群(むれ)を牧(やしな)ふべき者ならずや
  3. 汝(なんぢ)らは脂(あぶら)を食(くら)ひ毛を纏(まと)ひ肥(こえ)たる物を屠(ほふ)りその群(むれ)をば牧(やしな)はざるなり
  4. 汝ら其(その)弱き者を強くせずその病(やめ)る者を醫(いや)さずその傷(きずつ)ける者を裹(つゝ)まず散(ちら)されたる者をひきかへらず失(うせ)たる者を尋(たづ)ねず手荒(てあら)に嚴刻(きびし)く之(これ)を治(をさ)む
  5. 是(これ)は牧者なきに因(より)て散り失せ野の諸(もろもろ)の獸(けもの)の餌(ゑば)となりて散失(ちりう)するなり
  6. 我羊(わがひつじ)は諸(もろもろ)の山々に諸の高丘に迷ふ我羊(わがひつじ)全地の表に散りをれど之(これ)を索(さが)す者なく尋(たづ)ぬる者なし
  7.  是故(このゆゑ)に牧者よ汝(なんぢ)らヱホバの言(ことば)を聽け
  8. 主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ我は活(い)く我羊(わがひつじ)掠(かす)められわが羊(ひつじ)野の諸(もろもろ)の獸(けもの)の餌(ゑば)となる又牧者あらず我(わが)牧者わが羊を尋(たづ)ねず牧者己(おのれ)を牧(やしな)ふてわが羊を牧(やしな)はず
  9. 是故(このゆゑ)に牧者よ汝らヱホバの言(ことば)を聞け
  10. 主ヱホバ斯(かく)言(いひ)たまふ視(み)よ我(われ)牧者等を罰(ばつ)し吾(わが)羊を彼らの手に討問(もと)め彼等をしてわが群(むれ)を牧(やしな)ふことを止(やめ)しめて再び己(おのれ)を牧(やしな)ふことなからしめ又わが羊をかれらの口より救(すくひ)とりてかれらの食とならざらしむべし
  11.  主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ我みづからわが群(むれ)を索(さが)して之(これ)を守らん
  12. 牧者がその散(ちり)たる羊の中にある日にその群を守るごとく我わが群を守り之(これ)がその雲深き暗き日に散(ちり)たる諸(すべて)の處(ところ)よりこれを救ひとるべし
  13. 我かれらを諸(もろもろ)の民の中より導き出し諸(もろもろ)の國(くに)より集めてその國に携(たづさ)へいりイスラエルの山の上と谷の中(うち)および國の凡(すべて)の住居處(すまひどころ)にて彼らを養(やしな)はん
  14. 善(よ)き牧場(まきば)にて我かれらを牧(やしな)はんその休息處(やすむところ)はイスラエルの高山(たかやま)にあるべし彼處(かしこ)にて彼らは善(よ)き休息所(やすみどころ)に臥(ふ)しイスラエルの山々の上にて肥(こえ)たる牧場に草を食(くら)はん
  15. 主ヱホバいひたまふ我みづから我群(わがむれ)を牧(やしな)ひ之(これ)を偃(ふさ)しむべし
  16. 亡(うせ)たる者は我これを尋(たづ)ね逐(おひ)はなたれたる者はこれを引返り傷(きずつ)けられたる者はこれを裹(つゝ)み病(やめ)る者はこれを強くせん然(され)ど肥(こえ)たる者と強き者は我これを滅(ほろぼ)さん我(われ)公道(おほやけ)をもて之(これ)を牧(やしな)ふべし
  17.  主ヱホバかく言(いひ)たまふ汝等わが群(むれ)よ我(われ)羊と羊の間および牡羊(をひつじ)と牡山羊(をやぎ)の間の審判(さばき)をなさん
  18. 汝等は善(よ)き牧場に草食ひ足をもてその殘(のこ)れる草を蹈(ふみ)あらし又(また)C(すみ)たる水を飮み足をもてその殘餘(のこり)を濁(にご)す是(これ)汝等にとりて小(ちひさ)き事ならんや
  19. わが群(むれ)汝等が足にて蹈(ふみ)あらしたる者を食(くら)ひ汝等が足にて濁(にご)したる者を飮(のむ)べけんや
  20.  是(こゝ)をもて主ヱホバ斯(かく)かれらに言(いひ)たまふ視(み)よ我(われ)肥(こえ)たる羊と痩(やせ)たる羊の間を審判(さば)くべし
  21. 汝等は脅(わき)と肩(かた)とをもて擠(お)し角(つの)をもて弱き者を盡(ことごと)く衝(つき)て遂(つひ)に之(これ)を外に逐散(おひちら)せり
  22. 是(これ)によりて我わが群(むれ)を助けて再び掠(かす)められざらしめ又羊と羊の間をさばくべし
  23. 我かれらの上に一人の牧者(ぼくしゃ)をたてん其人(そのひと)かれらを牧(やしな)ふべし是(これ)わが僕(しもべ)ダビデなり彼はかれらを牧(やしな)ひ彼らの牧者となるべし
  24. 我ヱホバかれらの神とならん吾僕(わがしもべ)ダビデかれらの中(うち)に君(きみ)たるべし我ヱホバこれを言ふ
  25.  我かれらと平和(やはらぎ)の契約を結び國の中より惡(あし)き獸(けもの)を滅(ほろぼ)し絶(た)つべし彼らすなはち安(やすら)かに野に住み森に眠らん
  26. 我(われ)彼らおよび吾(わが)山の周圍(まはり)の處々(ところどころ)に福祉(さいはひ)を下(くだ)し時に隨(したが)ひて雨を降(ふら)しめん是(これ)すなはち福祉(さいはひ)の雨なるべし
  27. 野の樹はその實(み)を結び地はその産物(もの)を出(いだ)さん彼等は安然(やすらか)にその國にあるべし我(わ)がかれらの軛(くび)を碎(くだ)き彼らをその僕(しもべ)となせる人の手より救ひいだす時に彼等は我のヱホバなるを知(しる)べし
  28. 彼等は重(かさ)ねて國々の民に掠(かす)めらるゝ事なく野の獸(けもの)かれらを食(くら)ふことなかるべし彼等は安然(やすらか)に住(すま)はん彼等を懼(おそ)れしむる者なかるべし
  29. 我かれらのために一(ひとつ)の栽植處(うゑつけどころ)を起(おこ)してその名を聞(きこ)えしめん彼等は重(かさ)ねて國の饑饉(ききん)に滅ぶることなく再び外邦人(ことくにびと)の凌辱(はづかしめ)を蒙(かうむ)ることなかるべし
  30. 彼らはその神なる我ヱホバが己(おのれ)と共にあるを知り自己(おのれ)イスラエルの家はわが民なることを知るべし主ヱホバこれを言ふ
  31. 汝等はわが羊(ひつじ)わが牧場(まきば)の群(むれ)なり汝等は人なり我は汝(なんぢ)らの神なりと主(しゆ)ヱホバ言(いひ)たまふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書