目次 前へ 次へ 11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第43章(CHAPTER 43)

  1. 彼われを携(たづさ)へて門にいたる其(その)門は東に向ふ
  2. 時にイスラエルの神の榮光(えいくわう)東よりきたりしがその聲(おと)大水の音のごとくにして地その榮光に照(てら)さる
  3. 其状(そのかたち)を見るに我(わ)がこの邑(まち)を滅(ほろぼ)しに來(きた)りし時に見たるところの状(かたち)の如(ごと)くに見ゆ又ケバル河の邊(ほとり)にて我が見しところの形のごとき形の者あり我すなはち俯伏(ひれふ)す
  4. ヱホバの榮光(えいくわう)東向の門よりきたりて室(いへ)に入る
  5. 靈(みたま)われを引(ひき)あげて内庭にたづさへいるにヱホバの榮光(えいくわう)室(いへ)に充(みち)をる
  6.  我(われ)聽(きく)に室(いへ)より我に語(ものい)ふ者あり又人ありてわが傍(かたはら)に立つ
  7. 彼われに言(いひ)たまひけるは人の子よ吾(わが)位(くらゐ)のある所(ところ)我(わが)脚(あし)の跖(うら)のふむ所(ところ)此(こゝ)にて我(われ)長久(とこしなへ)にイスラエルの子孫(ひとびと)の中に居(をら)んイスラエルの家とその王等再びその姦淫(かんいん)とその王等の屍骸(しかばね)およびその崇邱(たかきところ)をもてわが聖(きよ)き名を汚(けが)すことなかるべし
  8. 彼らその閾(しきみ)をわが閾(しきみ)の側(かたはら)に設(まう)け其(その)門柱(かどばしら)をわが門柱の傍(かたはら)に設けたれば我と其等(それら)との間には只(たゞ)壁一重(かべひとへ)ありしのみ而(しか)して彼ら憎(にく)むべき事等をおこなひて吾(わ)が聖名(きよきな)を汚(けが)したるが故(ゆゑ)に我怒(いか)りてかれらを滅(ほろぼ)したり
  9. 彼ら今はその姦淫(かんいん)とその王等の屍骸(しかばね)をわが前より除き去(さら)ん我また彼らの中に長久(とこしなへ)に居(をる)べし
  10.  人の子よ汝(なんぢ)この室(いへ)をイスラエルの家に示せ彼らその惡を愧(は)ぢまたこの式樣(ひながた)を量(はか)らん
  11. 彼らその爲(なし)たる諸(もろもろ)の事を愧(はぢ)なば彼らに此室(このいへ)の製法(つくりかた)とその式樣(ひながた)その出口入口その一切(すべて)の製法(つくり)その一切(すべて)の則(のり)その一切(すべて)の製法(つくり)その一切(すべて)の法(おきて)をしらしめよ是(これ)をかれらの目の前に書(かき)て彼らにその諸(すべて)の製法(つくり)とその一切(すべて)の則(のり)を守りてこれを爲(なさ)しむべし
  12. 室(いへ)の法(おきて)は是(これ)なり山の頂(いたゞき)の上なるその地は四方みな最聖(いときよ)し是(これ)室(いへ)の法(おきて)なり
  13.  壇(だん)の寸尺はキユビトをもて言(いへ)ば左のごとしそのキユビトは一キユビトと手寛(てはゞ)あり壇(だん)の底は一キユビト寛(はゞ)一キユビトその周圍(まはり)の邊(ふち)は半キユビト是(これ)壇(だん)の臺(だい)なり
  14. 土に坐(すわ)れる底座(そこ)より下の層(かさね)まで二キユビト寛(はゞ)一キユビト又(また)小(ちひさ)き層(かさね)より大(おほい)なる層(かさね)まで四キユビト寛(はゞ)一キユビトなり
  15. 正壇は四キユビト壇(だん)の上の面(おもて)に四(よつ)の角(つの)あり
  16. 壇(だん)の上の面(おもて)は長(ながさ)十二キユビト寛(はゞ)十二キユビトにしてその四面(しめん)角(かく)なり
  17. その層(かさね)は四方とも長(ながさ)十四キユビト寛(はゞ)十四キユビトその四周(まはり)の縁(ふち)は半キユビトその底は四方一キユビトその階(きだはし)は東に向(むか)ふ
  18.  彼われに言(いひ)けるは人の子よ主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ壇(だん)を建て其上(そのうへ)に燔祭(はんさい)を献(さゝ)げ血を灑(そゝ)ぐ日には是(これ)をその則(のり)とすべし
  19. 主(しゆ)ヱホバかく言ふ汝(なんぢ)レビの支派(わかれ)ザドクの裔(すゑ)にして我にちかづき事(つか)ふるところの祭司等に犢(こ)なる牡牛(をうし)を罪祭(ざいさい)として與(あた)ふべし
  20. 又その血を取(とり)てこれをその四(よつ)の角(つの)と層(かさね)の四隅と四周(まはり)の邊(ふち)に抹(ぬ)り斯(かく)して之(これ)をC(きよ)め潔(いさぎ)ようすべし
  21. 汝(なんぢ)罪祭(ざいさい)の牛を取(とり)てこれを聖所(きよきところ)の外にて殿(いへ)の中(うち)の定まれる處(ところ)に焚(やく)べし
  22. 第二日(ふつかめ)に汝全(まつた)き牡山羊(をやぎ)を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし即(すなは)ちかれら牡牛(をうし)をもてCめしごとく之(これ)をもて壇(だん)をCむべし
  23. 汝(なんぢ)潔禮(きよめごと)を終(をへ)たる時は犢(こ)なる牡牛(をうし)の全(まつた)き者および群(むれ)の全(まつた)き牡羊(をひつじ)を献(さゝ)ぐべし
  24. 汝これをヱホバの前に持(もち)きたるべし祭司等これに鹽(しほ)を撒(ふり)かけ燔祭(はんさい)としてヱホバに献(さゝ)ぐべし
  25. 七日の間汝日々に牡山羊(をやぎ)を罪祭(ざいさい)に供(そな)ふべしまた彼ら犢(こ)なる牡牛(をうし)と群(むれ)の牡羊(をひつじ)との全(まつた)き者を供(そな)ふべし
  26. 七日の間かれら壇(だん)を潔(いさぎ)ようしこれをC(きよ)めその手を滿(みた)すべし
  27. 是等(これら)の日滿(みち)て八日にいたりて後は祭司等(さいしら)汝らの燔祭(はんさい)と酬恩祭(しうおんさい)をその壇(だん)の上に奉(そな)へん我(われ)悦(よろこ)びて汝らを受納(うけいる)べし主(しゆ)ヱホバこれを言(いひ)たまふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書