目次 前へ 次へ 11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第44章(CHAPTER 44)

  1. 斯(かく)て彼(かれ)我を引(ひき)て聖所(きよきところ)の東向なる外の門の路(みち)にかへるに門は閉(とぢ)てあり
  2. ヱホバすなはち我に言(いひ)たまひけるは此門(このもん)は閉(とぢ)おくべし開くべからず此(こゝ)より誰も入るべからずイスラエルの神ヱホバ此(こゝ)より入(いり)たれば是(これ)は閉(とぢ)おくべきなり
  3. その君(きみ)は君たるが故(ゆゑ)にこの内に坐(ざ)してヱホバの前に食をなさん彼は門の廊(らう)の路(みち)より入りまたその路(みち)より出(いで)ん
  4.  彼また我をひきて北の門の路(みち)より家の前に至りしが視(み)るにヱホバの榮光(えいくわう)ヱホバの家に滿(みち)ゐたれば我(われ)俯伏(ひれふし)けるに
  5. ヱホバわれに言(いひ)たまふ人の子よヱホバの家の諸(すべて)の則(のり)とその諸(すべて)の法(おきて)につきて我が汝に告(つぐ)るところの諸(すべて)の事に心を用(もち)ひ目を注(そゝ)ぎ耳を傾け又殿(みや)の入口と聖所(きよきところ)の諸(すべて)の出口に心を用ひよ
  6. 而(しか)して悖(もと)れる者なるイスラエルの家に言(いふ)べし主ヱホバ斯(かく)いふイスラエルの家よ汝らその行(おこな)ひし諸(もろもろ)の憎(にく)むべき事等をもて足(たれ)りとせよ
  7. 即(すなは)ち汝等は心にも割禮(かつれい)をうけず肉にも割禮(かつれい)をうけざる外國人(ことくにびと)をひききたりて吾(わが)聖所(きよきところ)にあらしめてわが家を汚(けが)し又わが食なる脂(あぶら)と血を獻(さゝ)ぐることを爲(なせ)り斯(かく)汝らの諸(もろもろ)の憎(にく)むべき事の上に彼等また吾(わが)契約を破れり
  8. 汝ら我(わ)が聖物(きよきもの)を守る職守(つとめ)を怠(おこた)り彼らをして我が聖所(きよきところ)において汝らにかはりて我の職守(つとめ)を守らしめたり
  9.  主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に居(を)るところの諸(もろもろ)の異邦人(ことくにびと)の中(うち)凡(すべ)て心に割禮(かつれい)をうけず肉に割禮(かつれい)をうけざる異邦人(ことくにびと)はわが聖所(きよきところ)に入るべからず
  10. 亦(また)レビ人(びと)も迷へるイスラエルがその憎(にく)むべき偶像をしたひて我を棄(すて)て迷ひし時に我を棄(すて)ゆきたる者はその罪を蒙(かうむ)るべし
  11. 即(すなは)ち彼らは吾(わ)が聖所(きよきところ)にありて下僕(しもべ)となり家の門を守る者となり家にて下僕(しもべ)の業(わざ)をなさん又彼ら民のために燔祭(はんさい)および犠牲(いけにへ)の牲畜(もの)を殺し民のまへに立(たち)てこれに事(つか)へん
  12. 彼等その偶像の前にて民に事(つか)ヘイスラエルの家を礙(つまづ)かせて罪におちいらしめたるが故(ゆゑ)に主ヱホバ言ふ我(われ)手をあげて彼らを罰(ばつ)し彼らをしてその罪を蒙(かうむ)らしめたり
  13. 彼らは我に近づきて祭司の職(つとめ)をなすべからず至(いと)聖所(きよきところ)にきたりわが諸(もろもろ)の聖(きよ)き物に近よるべからずその恥(はぢ)とその行(おこな)ひし諸(もろもろ)の憎(にく)むべき事等の報(むくい)を蒙(かうむ)るべし
  14. 我かれらをして宮守(いへもり)の職務(つとめ)をおこなはしめ宮(いへ)の諸(もろもろ)の業(わざ)および其中(そのうち)に行(おこな)ふべき諸(もろもろ)の事を爲(なさ)しむべし
  15.  然(され)どザドクの裔(すゑ)なるレビの祭司等すなはちイスラエルの子孫(ひとびと)が我を棄(すて)て迷謬(まよひ)し時にわが聖所(きよきところ)の職守(つとめ)を守りたる者等は我に近づきて事(つか)へ我(わが)まへに立ち脂(あぶら)と血をわれに獻(さゝ)げん主ヱホバこれを言ふなり
  16. 即(すなは)ち彼等わが聖所(きよきところ)にいり吾(わ)が臺(だい)にちかづきて我に事(つか)へわが職守(つとめ)を守るべし
  17. 彼等内庭の門にいる時は麻(あさ)の衣(ころも)を衣(きる)べし内庭の門および家において職(つとめ)をなす時は毛服(けごろも)を身につくべからず
  18. 首(かうべ)には麻(あさ)の冠(かんむり)をいたゞき腰(こし)には麻の袴(はかま)を穿(うが)つべし汗のいづるごとくに身をよそほふべからず
  19. 彼ら外庭にいづる時すなはち外庭にいでて民に就(つ)く時はその職(つとめ)をなせるところの衣服(ころも)を脱(ぬぎ)てこれを聖(きよ)き室に置き他の衣服(ころも)をつくべし是(これ)その服(ころも)をもて民を聖(きよ)くすること無(なか)らんためなり
  20. 彼ら頭を剃(そる)べからず又髮を長く長(のば)すべからずその頭髮(かみのけ)を剪(か)るべし
  21. 祭司(さいし)たる者は内庭に入(いる)ときに酒をのむべからず
  22. 又(また)寡婦(やもめ)および去(さら)れたる婦(をんな)を妻にめとるべからず唯(たゞ)イスラエルの家の出なる處女(をとめ)を娶(めと)るべし又は祭司の妻の寡(やもめ)となりし者を娶(めと)るべし
  23. 彼らわが民をヘ(をし)へ聖(きよ)き物と俗(つね)の物の區別(わかち)および汚(けが)れたる物と潔(きよ)き物の區別(わかち)を之(これ)に知(しら)しむべし
  24. 爭論(あらそひ)ある時は彼ら起(たち)て判决(さば)き吾(わが)定例(さだめ)にしたがひて斷决(さばき)をなさん我が諸(もろもろ)の節期(いはひ)において彼らわが法(おきて)と憲(のり)を守るべく又わが安息日(あんそくにち)を聖(きよ)くすべし
  25. 死人の許(もと)にいたりて身を汚(けが)すべからず只父のため母のため息子(むすこ)のため息女(むすめ)のため兄弟のため夫なき姉妹のためには身を汚(けが)すも宜(よ)し
  26. 斯(かゝ)る人にはその潔齋(きよめ)の後なほ七日を數(かぞ)へ加(くは)ふべし
  27. 彼(かれ)聖所(きよきところ)にいたり内庭にいり聖所(きよきところ)にて職(つとめ)を執行(とりおこな)ふ日には罪祭(ざいさい)を獻(さゝ)ぐべし主(しゆ)ヱホバこれを言ふ
  28.  彼らの産業は是(これ)なり即(すなは)ち我これが産業たり汝(なんぢ)らイスラエルの中にて彼らに所有(もちもの)を與(あた)ふべからず我すなはちこれが所有(もちもの)たるなり
  29. 祭物(さいもつ)および罪祭(ざいさい)愆祭(けんさい)の物(もの)是等(これら)を彼等食(くら)ふべし凡(すべ)てイスラエルの中の奉納物(をさめもの)は彼らに歸(き)す
  30. 諸(すべて)の物の初實(はつなり)の初(はつ)および凡(すべ)て汝らが献(さゝ)ぐる諸(もろもろ)の献物(さゝげもの)みな祭司に歸(き)すべし汝等その諸(すべて)の麥粉(むぎこ)の初(はつ)を祭司に與(あた)ふべし是(これ)汝の家に幸福(さいはひ)あらしめんためなり
  31. 鳥にもあれ獸(けもの)にもあれ凡(すべ)て自(みづか)ら死にたる者又は裂(さき)ころされし者をば祭司たる者食(くら)ふべからず

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書