目次 前へ 次へ 11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第45章(CHAPTER 45)

  1. 汝(なんぢ)ら籤(くじ)をひき地をわかちて産業となす時は地の一分を取り聖(きよ)き者となしてヱホバに献(さゝ)ぐべし其(その)長(ながさ)は二萬五千寛(はゞ)は一萬なるべし是(これ)は其(その)四方(しほう)周圍(まはり)凡(すべ)て聖(きよ)し
  2. 此中(このうち)聖所(きよきところ)に屬(ぞく)する者は長(ながさ)五百寛(はゞ)五百にして周圍(まはり)四角なり又五十キユビトの隙地(あきち)その周圍(まはり)にあり
  3. 汝(なんぢ)この量(はか)りたる處(ところ)より長(ながさ)二萬五千寛(はゞ)一萬の場を度(はか)り取るべし此(この)うちに聖所(きよきところ)至聖所(いときよきところ)を設(まう)くべし
  4. 是(これ)は地の聖場(きよきば)なりヱホバに近づき事(つか)ふる聖所(きよきところ)の役者(つかへびと)なる祭司等に屬(ぞく)すべし是(これ)かれらの家を建てまた聖所(きよきところ)を設(まう)くる聖地(せいち)なり
  5. 又(また)長(ながさ)二萬五千寛(はゞ)一萬の處(ところ)家に事(つか)ふるレビ人(びと)に屬(ぞく)し其(その)所有(もちもの)に二十の室(しつ)あるべし
  6. その献(さゝ)げたる聖地に並びて汝ら寛(はゞ)五千長(ながさ)二萬五千の處(ところ)を分(わか)ち邑(まち)の所有(もちもの)となすべし是(これ)はイスラエルの全家に屬(ぞく)す
  7. 又君たる者の分はかの献(さゝ)げたる聖地と邑(まち)の所有(もちもの)の此處(こなた)彼處(かなた)にあり献(さゝ)げたる聖地に沿(そ)ひ邑(まち)の所有(もちもの)に沿ひ西は西にわたり東は東に渉(わた)るべし西の極(はて)より東の極(はて)まで其(その)長(ながさ)は支派(わかれ)の分の一(ひとつ)と等(ひと)し
  8. イスラエルの中(うち)に彼が有(もつ)ところの者は地にあり吾(わが)君等(きみたち)は重(かさね)てわが民を虐(しへた)ぐることなくイスラエルの家にその支派(わかれ)にしたがひて地を與(あた)へおかん
  9.  主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふイスラエルの君等(きみたち)よ汝ら足(たる)ことを知れ虐(しへた)ぐることと掠(かす)むる事を止(や)め公道(おほやけ)と公義(たゞしき)を行(おこな)へ我民(わがたみ)を逐放(おひはな)すことを止(やめ)よ主ヱホバこれを言ふ
  10. 汝ら公平(たゞし)き權衡(はかり)公平(たゞし)きエパ公平(たゞし)きバテを用(もち)ふべし
  11. エパとバテとはその量を同じうすべし即(すなは)ちバテもホメルの十分一を容(い)れエパもホメルの十分一を容(い)るべしホメルに準じてその度量(どりやう)を定(さだ)むべし
  12. シケルは二十ゲラに當(あた)る二十シケル二十五シケル十五シケルを汝等マネとなすべし
  13.  汝らが献(さゝ)ぐべき献物(さゝげもの)は左のごとし一ホメルの小麥(こむぎ)の中(うち)よりエパの六分一を献(さゝ)げ一ホメルの大麥(おほむぎ)の中(うち)よりエパの六分一を献(さゝ)ぐべし
  14. 油の例油(のりあぶら)のバテは是(かく)のごとし一コルの中(うち)よりバテの十分一を献(さゝ)ぐべしコルは十バテを容(いる)る者にて即(すなは)ちホメルなり十バテ一ホメルとなればなり
  15. 又イスラエルの腴(ゆたか)なる地より群(むれ)二百ごとに一箇(ひとつ)の羊(ひつじ)を出(いだ)して素祭(そさい)および燔祭(はんさい) 酬恩祭(しうおんさい)の物に供(そな)へ民の罪を贖(あがな)ふことに用(もち)ひしむべし主ヱホバこれを言ふ
  16. 國(くに)の民みなこの獻物(さゝげもの)をイスラエルの君(きみ)にもちきたるべし
  17. 又君たる者は祭日(さいじつ)朔日(ついたち)安息日(あんそくにち)およびイスラエルの家の諸(もろもろ)の節期(いはひ)に燔祭(はんさい) 素祭(そさい) 灌祭(くわんさい)を奉(さゝ)ぐべし即(すなは)ち彼イスラエルの家の贖罪(あがなひ)をなすために罪祭(ざいさい) 素祭(そさい) 燔祭(はんさい) 酬恩祭(しうおんさい)を執行(とりおこ)なふべし
  18.  主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ正月の元日に汝(なんぢ)犢(こ)なる全き牡牛(をうし)を取り聖所(きよきところ)をC(きよ)むべし
  19. 又祭司は罪祭(ざいさい)の牲(もの)の血を取りて殿(いへ)の門柱にぬり壇(だん)の層(かさね)の四隅と内庭の門の柱に塗(ぬる)べし
  20. 月の七日に汝等また迷ふ人および拙(つたな)き者のために斯(かく)なして殿(いへ)のために贖(あがなひ)をなすべし
  21.  正月の十四日に汝(なんぢ)ら逾越節(すぎこし)を守り七日の間祝(いはひ)をなし無酵(たねいれぬ)パンを食(くら)ふべし
  22. その日に君(きみ)は己(おのれ)のため又國の諸(すべて)の民のために牡牛(をうし)を備(そな)へて罪祭(ざいさい)となし
  23. 七日の節筵(いはひ)の間七箇(なゝつ)の牡牛(をうし)と七箇(なゝつ)の牡羊(をひつじ)の全き者を日々に七日の間備(そな)へてヱホバに燔祭(はんさい)となし又牡山羊(をやぎ)を日々に備(そな)へて罪祭(ざいさい)となすべし
  24. 彼また素祭(そさい)として一エパを牡牛(をうし)のために一エパを牡山羊(をやぎ)のために備(そな)へ油一ヒンをエパに加(くは)ふべし
  25. 七月の十五日の節筵(いはひ)に彼また罪祭(ざいさい) 燔祭(はんさい) 素祭(そさい)および油を是(かく)のごとく七日の間備(そな)ふべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書