目次 前へ 次へ 11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

Old Testament「Book of Ezekiel」
旧約聖書:エゼキエル書

第46章(CHAPTER 46)

  1. 主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ内庭の東向の門は事務(わざ)をなすところの六日の間は閉(と)ぢ置き安息日(あんしくにち)にこれを開き又(また)月朔(ついたち)にこれを開くべし
  2. 君たる者は外より門の廊(らう)の路(みち)をとほりて入り門の柱の傍(かたはら)に立つべし祭司等その時かれの爲(ため)に燔祭(はんさい)と酬恩祭(しうおんさい)を備(そな)ふべし彼は門の閾(しきみ)において禮拜(をがみ)をなして出(いづ)べし但し門は暮まで閉(とづ)べからず
  3. 國(くに)の民は安息日(あんそくにち)と月朔(ついたち)とにその門の入口においてヱホバの前に禮拜(をがみ)をなすべし
  4. 君(きみ)が安息日にヱホバに獻(さゝ)ぐる燔祭(はんさい)には六(むつ)の全(まつた)き羔羊(こひつじ)と一(ひとつ)の全き牡羊(をひつじ)を用ふべし
  5. 又素祭(そさい)は牡羊(をひつじ)のために一エパを用ふべし羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)はその手の出(いだ)しうる程を以(もて)し一エパに油一ヒンを加ふべし
  6.  月朔(ついたち)には犢(こ)なる一頭(ひとつ)の全き牡牛(をうし)および六(むつ)の羔羊(こひつじ)と一(ひとつ)の牡羊(をひつじ)の全き者を用ふべし
  7. 素祭(そさい)は牛のために一エパ牡羊(をひつじ)のために一エパ羔羊(こひつじ)のために其手(そのて)のおよぶ程を備へ一エパに油一ヒンを加ふべし
  8. 君は來(きた)る時に門の廊の路(みち)より入りまたその路(みち)より出(いづ)べし
  9.  國の民(たみ)祭日にヱホバの前に來る時は北の門よりいりて禮拜(をがみ)をなせる者は南の門より出(い)で南の門より入る者は北の門より出(いづ)べし其(その)入(いり)たる門より歸(かへ)るべからず眞直(ますぐ)に進みて出(いづ)べし
  10. 君(きみ)彼らの中にありてその入る時に入りその出(いづ)る時に出(いづ)べし
  11. 祭日と祝日(いはひび)には素祭(そさい)として牛のために一エパ牡羊(をひつじ)のために一エパ羔羊(こひつじ)のためにその手の出し得(う)る程を備へ一エパに油一ヒンを加ふべし
  12. 君(きみ)もし自(みづか)ら好んでヱホバに燔祭(はんさい)を備へんとし又は自ら好んで酬恩祭(しうおんさい)を備へんとせば彼のために東向の門を開くべし彼は安息日(あんそくにち)に爲(なす)ごとくその燔祭(はんさい)と酬恩祭(しうおんさい)を備ふべし又彼が出(いで)たる時はその出たる後(あと)に門を閉(とづ)べし
  13.  汝(なんぢ)日々に一歳の全(まつた)き羔羊(こひつじ)一箇(ひとつ)を燔祭(はんさい)としてヱホバに備ふべし即ち朝ごとにこれを備ふべし
  14. 汝(なんぢ)朝ごとに素祭(そさい)をこれに加ふべし即ち一エパの六分一と麥粉(むぎこ)を濕(うるほ)す油一ヒンの三分一とを素祭(そさい)としてヱホバに獻(さゝ)ぐべし是(これ)は長久(とこしなへ)に續(つゞ)くところの例典(のり)なり
  15. 即(すなは)ち朝ごとに羔羊(こひつじ)と素祭(そさい)と油とを燔祭(はんさい)にそなへて止(やむ)ことなかるべし
  16.  主(しゆ)ヱホバかく言(いひ)たまふ君もし其(その)子の一人に讓物(ゆづりもの)をなす時は是(これ)その人の産業となりその子孫に傳(つた)はりて之(これ)が所有(もちもの)となるべし
  17. 然(され)ど若(もし)その産業の中(うち)をその僕(しもべ)の一人に與(あた)ふる時は是(これ)は解放(ときはなし)の年までその人に屬(ぞく)し居(ゐ)て遂(つひ)に君にかへるべし彼の産業は只(たゞ)その子孫にのみ傳(つた)はるべきなり
  18. 君たる者は民の産業を取(とり)て民をその所有(もちもの)より逐放(おひはな)すべからず只(たゞ)己(おのれ)の所有(もちもの)の中(うち)をその子等に傳(つた)ふべし是(これ)わが民のその所有(もちもの)をはなれて散(ちる)ことなからんためなり
  19.  斯(かく)て彼(かれ)門の傍(わき)の入口より我をたづさへいりて北向なる祭司の聖(きよ)き室にいたるに西の奧に一箇(ひとつ)の處(ところ)あり
  20. 彼われに言(いひ)けるは是(これ)は祭司が愆祭(けんさい)および罪祭(ざいさい)の物を烹(に) 素祭(そさい)の物を拷(やく)ところなり斯(かく)するはこれを外庭に携(たづさ)へいでて民を聖(きよ)くすることなからんためなり
  21. 彼また我を外庭に携(たづさ)へいだして庭の四隅をとほらしむるに庭の隅々にまた庭あり
  22. 即(すなは)ち庭の四隅に庭の設(まうけ)ありてその長(ながさ)四十キユビト廣(ひろさ)三十キユビトなり四隅の處(ところ)その寸尺みな同じ
  23. 凡(すべ)てその四(よつ)の周圍(まはり)なるその建物の下に烹(に)[やき]の處(ところ)造(つく)りてあり
  24. 彼われに云(いひ)けるは是等(これら)は家の役者(つかへびと)等が民の犧牲(いけにへ)の品(もの)を烹(に)る厨房(くりや)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エゼキエル書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書