目次 次へ  1 2 3

Old Testament「Book of Habakkuk」
旧約聖書:ハバクク書

第1章(CHAPTER 1)

  1. 預言者ハバククが示(しめし)を蒙(かうむ)りし預言(よげん)の重負(おもに)
  2.  ヱホバよ我(われ)呼(よば)はるに汝(なんぢ)の我に聽(きゝ)たまはざること何時(いつ)までぞや我なんぢにむかひて強暴(きやうぼう)を訴(うつた)ふれども汝は助けたまはざるなり
  3. 汝(なんぢ)なにとて我に害惡(がいあく)を見せたまふや何とて艱難(かんなん)を瞻望(ながめ)居(ゐ)たまふや奪掠(だつりゃく)および強暴わが前に行(おこな)はる且(かつ)爭論(あらそひ)あり鬪諍(いさかひ)おこる
  4. 是(これ)によりて律法(おきて)弛(ゆる)み公義(こうぎ)正しく行(おこな)はれず惡(あし)き者義(たゞ)しき者を圍(かこ)むが故(ゆゑ)に公義(こうぎ)曲(まが)りて行(おこな)はる
  5.  汝(なんぢ)ら國々の民の中(うち)を望(のぞ)み觀(み)おどろけ駭(おどろ)け汝らの日に我(われ)一(ひとつ)の事を爲(なさ)ん之(これ)を告(つぐ)る者あるとも汝ら信ぜざらん
  6. 視(み)よ我(われ)カルデヤ人(びと)を興(おこ)さんとす是(これ)すなはち猛(たけ)くまた荒(あら)き國人(くにびと)にして地を縦横(たてよこ)に行(ゆき)めぐり己(おのれ)の有(もの)ならざる住處(すまひどころ)を奪(うば)ふ者なり
  7. 是(これ)は懼(おそ)るべく又驚くべし其(その)是非(ぜひ)威光(ゐくわう)は己(おのれ)より出(い)づ
  8. その馬は豹(へう)よりも迅(はや)く夜求食(よあさり)する豺狼(おほかみ)よりも疾(と)し其(その)騎兵は[かけ]まはる即(すなは)ちその騎兵は遠き處(ところ)より來(きた)る其(その)飛(とぶ)ことは物を食(くら)はんと急ぐ鷲(わし)のごとし
  9. 是(これ)は全く強暴(きやうぼう)のために來(きた)り其(その)面(かほ)を前にむけて頻(しきり)に進むその俘虜(とりこ)を寄集(よせあつ)むることは砂のごとし
  10. 是(これ)は王等(わうたち)を侮(あなど)り君等(きみたち)を笑ひ諸(もろもろ)の城々を笑ひ土を積(つみ)あげてこれを取(とら)ん
  11. 斯(かく)て風のごとくに行(ゆき)めぐり進みわたりて罪を獲(え)ん是(これ)は己(おのれ)の力を神とす
  12.  ヱホバわが神わが聖者(せいしゃ)よ汝(なんぢ)は永遠より在(いま)すに非(あら)ずや我らは死なじヱホバよ汝は是(これ)を審判(さばき)のために設(まう)けたまへり磐(いは)よ汝は是(これ)を懲戒(こらしめ)のために立(たて)たまへり
  13. 汝(なんぢ)は目清くして肯(あへ)て惡を觀(み)たまはざる者(もの)肯(あへ)て不義を視(み)たまはざる者なるに何ゆゑ邪曲(よこしま)の者を觀(み)すて置(おき)たまふや惡(あし)き者の己(おのれ)にまさりて義(たゞ)しき者を呑噬(のみくら)ふに何ゆゑ汝(なんぢ)默(もく)し居(ゐ)たまふや
  14. 汝(なんぢ)は人をして海の魚のごとくならしめ君(きみ)あらぬ昆蟲(はふむし)のごとくならしめたまふ
  15. 彼(かれ)鈎(はり)をもて之(これ)を盡(ことごと)く釣(つり)あげ網(あみ)をもて之(これ)を寄せ集め引網(ひきあみ)をもて之(これ)を捕(とら)ふるなり是(これ)に因(より)て彼(かれ)歡(よろこ)び樂しむ
  16. 是故(このゆゑ)に彼その網(あみ)に犠牲(いけにへ)を獻(さゝ)げその引網に香(かう)を焚(た)く其(そ)は之(これ)がためにその分(ぶん)肥(こえ)まさりその食(しょく)饒(ゆたか)になりたればなり
  17. 然(され)ど彼はその網(あみ)を傾(かたむ)けつゝなほたえず國々(くにぐに)の人を惜(をし)みなく殺すことをするならんか

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ハバクク書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書