目次 前へ 次へ  1 2 3

Old Testament「Book of Habakkuk」
旧約聖書:ハバクク書

第2章(CHAPTER 2)

  1. 我わが觀望所(ものみどころ)に立ち戍樓(やぐら)に身を置(おか)ん而(しか)して我(われ)候(うかゞ)ひ望みて其(その)われに何と宣(のた)まふかを見(み) わが訴言(うつたへ)に我みづから何と答ふべきかを見ん
  2. ヱホバわれに答(こた)へて言(いひ)たまはく此(この)默示(もくし)を書(かき)しるして之(これ)を板の上に明白(あきらか)に鐫(えり)つけ奔(はし)りながらも之(これ)を讀(よむ)べからしめよ
  3. 此(この)默示(もくし)はなほ定(さだ)まれる時を俟(まち)てその終(をはり)を急ぐなり僞(いつはり)ならず若(も)し遲(おそ)くあらば待(まつ)べし必ず臨(のぞ)むべし 濡滯(とゞこほ)りはせじ
  4.  視(み)よ彼の心は高ぶりその中(うち)にありて直(なほ)からず然(され)ど義(たゞし)き者はその信仰によりて活(いく)べし
  5. かの酒に耽(ふけ)る者は邪曲(よこしま)なる者なり驕傲者(ほこるもの)にして安んぜず彼はその情慾を陰府(よみ)のごとくに濶(ひろ)くすまた彼は死のごとし又足(たる)ことを知(しら)ず萬國(ばんこく)を集(つど)へて己(おのれ)に歸(き)せしめ萬民(ばんみん)を聚(あつ)めて己(おのれ)に就(つか)しむ
  6. 其等(それら)の民みな諺語(ことわざ)をもて彼を評し嘲弄(てうろう)の詩歌(しいか)をもて彼を諷(ふう)せざらんや即(すなは)ち言(いは)ん己(おのれ)に屬(ぞく)せざる物を積累(つみかさ)ぬる者は禍(わざはひ)なるかな斯(かく)て何(いづれ)の時にまでおよばんや嗟(あゝ)かの質物(しちもつ)の重荷(おもに)を身に負(お)ふ者よ
  7. 汝を噬(か)む者にはかに興(おこ)らざらんや汝を惱(なや)ます者醒出(おきいで)ざらんや汝は之(これ)に掠(かす)めらるべし
  8. 汝(なんぢ)衆多(おほく)の國民を掠(かす)めしに因(より)てその諸(もろもろ)の民の遺(のこ)れる者なんぢを掠(かす)めん是(これ)人の血を流ししに因(よ)るまた強暴を地上に行ひて邑(まち)とその内に住(すめ)る一切(すべて)の者とに及ぼせしに因(よ)るなり
  9.  災禍(わざはひ)の手を免(まぬか)れんが爲(ため)に高き處(ところ)に巣を構(かま)へんとして己(おのれ)の家に不義の利を取る者は禍(わざはひ)なるかな
  10. 汝(なんぢ)は事を圖(はか)りて己(おのれ)の家に恥辱(はぢ)を來(きた)らせ衆多(おほく)の民を滅(ほろぼ)して自ら罪を取れり
  11. 石垣の石叫び建物(たてもの)の梁(はり)これに應(こた)へん
  12.  血をもて邑(まち)を建て惡(あく)をもて城を築(きづ)く者は禍(わざはひ)なるかな
  13. 諸(もろもろ)の民は火のために勞(らう)し諸(もろもろ)の國人(くにびと)は虚空事(むなしきこと)のために疲(つか)る是(これ)は萬軍(ばんぐん)のヱホバより出(いづ)る者ならずや
  14. ヱホバの榮光(さかえ)を認むるの知識地上に充(みち)て宛然(あたかも)海を水の掩(おほ)ふが如(ごと)くならん
  15.  人に酒を飮(のま)せ己(おのれ)の忿怒(いかり)を酌和(くみまじ)へて之(これ)を酔(ゑは)せ而(しか)して之(これ)が陰所(かくしどころ)を見んとする者は禍(わざはひ)なるかな
  16. 汝(なんぢ)は榮譽(ほまれ)に飽(あか)ずして羞辱(はぢ)に飽(あけ)り汝もまた飮(のみ)て汝の不割禮(ふかつれい)を露(あら)はせヱホバの右の手の杯(さかづき)汝に巡(めぐ)り來(きた)るべし汝は汚(きた)なき物を吐(はき)て榮耀(ほまれ)を掩(おほ)はん
  17. 汝(なんぢ)がレバノンに爲(なし)たる強暴と獣(けもの)を懼(をそ)れしめしその殲滅(せんめつ)とは汝の上に報(むく)いきたるべし是(これ)人の血を流しゝに因(よ)りまた強暴(きやうばう)を地上に行(おこな)ひて邑(まち)とその内に住(すめ)る一切(すべて)の者とに及ぼしゝに因(よ)るなり
  18.  雕像(てうざう)はその作者これを刻(きざ)みたりとて何の益(えき)あらんや又鑄像(しゆざう)および僞師(ぎし)は語(ものい)はぬ偶像(ぐうざう)なればその像の作者これを作りてョ(たの)むとも何の益(えき)あらんや
  19. 木にむかひて興(おき)ませと言ひ語(ものい)はぬ石にむかひて起(たち)たまへと言ふ者は禍(わざはひ)なるかな是(これ)あにヘ晦(をしへ)を爲(なさ)んや視(み)よ是(これ)は金銀を着せたる者にてその中(うち)には全く氣息(いき)なし
  20. 然(しか)りといへどもヱホバはその聖殿(きよきみや)に在(まし)ますぞかし全地その御前(みまへ)に默(もく)すべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ハバクク書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書