目次 前へ  1 2 3

Old Testament「Book of Habakkuk」
旧約聖書:ハバクク書

第3章(CHAPTER 3)

  1. シギヨノテに合(あは)せて歌へる預言者(よげんしゃ)ハバククの祈祷(いのり)
  2. ヱホバよ我なんぢの宣(のたま)ふ所を聞(きゝ)て懼(おそ)るヱホバよこの諸(もろもろ)の年の中間(あひだ)に汝の運動(わざ)を活発(いきはたら)かせたまへ此(この)諸(もろもろ)の年の間に之(これ)を顯現(あらは)したまへ怒(いか)る時にも憐憫(あはれみ)を忘れ給(たま)はざれ
  3. 神テマンより來(きた)り聖者(きよきもの)パラン山より臨(のぞ)みたまふ セラ 其(その)榮光(えいくわう)諸天(しよてん)を蔽(おほ)ひ其(その)讃美(さんび)世界に遍(あま)ねし
  4. その朗耀(かゞやき)は日のごとく光線その手より出(い)づ 彼處(かしこ)はその權能(ちから)の隱(かく)るゝ所なり
  5. 疫病(えきびゃう)その前に先だち行き熱病その足下(あしもと)より出(い)づ
  6. 彼(かれ)立(たち)て地を震(ふる)はせ觀(み)まはして萬國(ばんこく)を戰慄(をのゝか)しめたまふ 永久(とこしへ)の山は崩(くづ)れ常磐(ときは)の岡は陷(おちい)る 彼の行(おこな)ひたまふ道は永久(とこしへ)なり
  7. 我(われ)觀(み)るにクシヤンの天幕(てんまく)は艱難(なやみ)に罹(かゝ)りミデアンの地の幃幕(ゐばく)は震(ふる)ふ
  8. ヱホバよ汝(なんぢ)は馬を驅(か)り汝の拯救(すくひ)の車に乗(のり)たまふ是(これ)河にむかひて怒(いか)りたまふなるか 河にむかひて汝の忿怒(いかり)を發したまふなるか 海にむかひて汝の憤恨(いきどほり)を洩(もら)し給(たま)ふなるか
  9. 汝の弓(ゆみ)は全く嚢(ふくろ)を出(い)で杖(つゑ)は言(ことば)をもて言(いひ)かためらる セラ 汝は地を裂(さき)て河となし給(たま)ふ
  10. 山々汝を見て震(ふる)ひ 洪水溢(あふ)れわたり 淵(ふち)聲(こゑ)を出(いだ)してその手を高く擧(あ)ぐ
  11. 汝の奔(はし)る矢の光のため汝の鎗(やり)の電光(いなびかり)のごとき閃燦(きらめき)のために日月(じつげつ)その住處(すまひどころ)に立(たち)とゞまる
  12. 汝は憤(いきど)ほりて地を行(ゆき)めぐり怒(いか)りて國民を踏(ふみ)つけ給(たま)ふ
  13. 汝は汝の民を救(すくは)んとて出(いで)きたり汝の膏(あぶら)沃(そゝ)げる者を救はんとて臨(のぞ)みたまふ汝は惡(あし)き者の家の頭(かしら)を碎(くだ)きその石礎(いしずゑ)を露(あら)はして頸(うなじ)におよぼし給(たま)へり
  14. 汝は彼の鎗(やり)をもてその將帥(しやうすゐ)の首(かしら)を刺(さし)とほし給(たま)ふ 彼らは我を散(ちら)さんとて大風(おほかぜ)のごとくに進みきたる 彼らは貧(まづし)き者を密(ひそか)に呑(のみ)ほろぼす事をもてその樂(たのしみ)とす
  15. 汝は汝の馬をもて海を乗(のり)とほり大水(おほみづ)の逆卷(さかまく)ところを渉(わた)りたまふ セラ
  16. 我(われ)聞(きゝ)て膓(はらわた)を斷(た)つ 我(わが)唇(くちびる)その聲(こゑ)によりて震(ふる)ふ 腐朽(くされ)わが骨に入り我(わが)下體(かたい)わなゝく其(そ)は我(われ)患難(なやみ)の日の來(きた)るを待(まて)ばなり 其時(そのとき)には即(すなは)ち此民(このたみ)に攻寄(せめよす)る者ありて之(これ)に押逼(おしせま)らん
  17. その時には無花果(いちじく)の樹は花咲(さか)ず葡萄(ぶだう)の樹には果(み)ならず橄欖(かんらん)の樹の産(さん)は空(むなし)くなり田圃(たはた)は食糧(くひもの)を出(いだ)さず圏(をり)には羊(ひつじ)絶(た)え小屋には牛なかるべし
  18. 然(さり)ながら我はヱホバによりて樂(たのし)み 我(わが)拯救(すくひ)の神によりて喜(よろこ)ばん
  19. 主(しゆ)ヱホバは我力(わがちから)にして我(わが)足を鹿(しか)の如(ごと)くならしめ我をして我(わが)高き處(ところ)を歩(あゆ)ましめ給(たま)ふ     伶長(うたのかみ)これを我(わが)琴(こと)にあはすべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ハバクク書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書