目次 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第1章(CHAPTER 1)

  1. アモツの子イザヤがユダの王ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤのときに示されたるユダとヱルサレムとに係(かゝ)る異象(いしゃう)
  2.  天よきけ地よ耳をかたぶけよ ヱホバの語りたまふ言(ことば)あり 曰(いは)く われ子をやしなひ育てしにかれらは我にそむけり
  3. 牛はその主(しゆ)をしり驢馬(ろば)はそのあるじの厩(むまや)をしる 然(され)どイスラエルは識(しら)ず わが民はさとらず
  4. あゝ罪ををかせる國人(くにびと)よこしまを負(お)ふたみ 惡をなす者のすゑ 壞(やぶ)りそこなふ種族(やから) かれらはヱホバをすてイスラエルの聖者(せいしゃ)をあなどり 之(これ)をうとみて退(しりぞ)きたり
  5. なんぢら何ぞかさねがさね悖(もと)りて猶(なほ)撻(うた)れんとするか その頭(かしら)はやまざる所なく その心はつかれはてたり
  6. 足のうらより頭(かしら)にいたるまで全(また)きところなくたゞ創痍(きず)と打傷(うちきず)と腫物(しゆもつ)とのみなり 而(しか)してこれを合(あは)すものなく包むものなく亦(また)あぶらにて軟(やは)らぐる者もなし
  7. なんぢらの國(くに)はあれすたれなんぢらの諸邑(まちまち)は火にてやかれ なんぢらの田畑はその前にて外人(あだしびと)にのまれ既(すで)にあだし人にくつがへされて荒廢(あれすた)れたり
  8. シオンの女(むすめ)はぶだうぞのの廬(いほり)のごとく瓜田(うりばたけ)の假舎(かりや)のごとく また圍(かこみ)をうけたる城のごとく唯(たゞ)ひとり遺(のこ)れり
  9. 萬軍(ばんぐん)のヱホバわれらに少しの遺(のこり)をとゞめ給(たま)ふことなくば 我儕(われら)はソドムのごとく又ゴモラに同じかりしならん
  10.  なんぢらソドムの有司(つかさびと)よヱホバの言(ことば)をきけ なんぢらゴモラの民よ われらの神の律法(おきて)に耳をかたぶけよ
  11. ヱホバ言(いひ)たまはく なんぢらが獻(さゝ)ぐるおほくの犠牲(いけにへ)はわれに何の益(えき)あらんや 我はをひつじの燔祭(はんさい)とこえたるけものの膏(あぶら)とにあけり われは牡牛(をうし)あるひは小羊(こひつじ)あるひは牡山羊(をやぎ)の血をよろこばず
  12. なんぢらは我に見えんとてきたる このことを誰(た)がなんぢらに要(もと)めしや 徒(いたづ)らにわが庭をふむのみなり
  13. むなしき祭物(そなへもの)をふたゝび携(たづさ)ふることなかれ 燻物(たきもの)はわがにくむところ 新月(しんげつ)および安息日(あんそくにち)また會衆をよびあつむることも我(わ)がにくむところなり なんぢらは聖會(せいくわい)に惡を兼(か)ぬ われ容(ゆる)すにたへず
  14. わが心はなんぢらの新月(しんげつ)と節會(せちゑ)とをきらふ 是(これ)わが重荷(おもに)なり われ負(おふ)にうみたり
  15. 我なんぢらが手をのぶるとき目をおほひ 汝等がおほくの祈壽(いのり)をなすときも聞(きく)ことをせじ なんぢらの手には血みちたり
  16. なんぢら己(おのれ)をあらひ己(おのれ)をきよくし わが眼前(めのまへ)よりその惡業(あしきわざ)をさり 惡をおこなふことを止(や)め
  17. 善(ぜん)をおこなふことをならひ 公平をもとめ 虐(しへた)げらるゝ者をたすけ 孤子(みなしご)に公平をおこなひ 寡婦(やもめ)の訟(うつたへ)をあげつらへ
  18.  ヱホバいひたまはく 率(いざ)われらともに論(あげつ)らはん なんぢらの罪は緋(ひ)のごとくなるも雪のごとく白くなり 紅(くれなゐ)のごとく赤くとも羊(ひつじ)の毛のごとくにならん
  19. 若(もし)なんぢら肯(うけが)ひしたがはゞ地の美産(よきもの)をくらふことを得(う)べし
  20. もし汝等こばみそむかば劍(つるぎ)にのまるべし 此(こ)はヱホバその御口(みくち)よりかたりたまヘるなり
  21.  忠信なりし邑(まち)いかにして妓女(うかれめ)とはなれる 昔(むか)しは公平にてみち正義その中にやどりしに 今は人をころす者ばかりとなりぬ
  22. なんぢの白銀(しろかね)は滓(かす)となり なんぢの葡萄酒(ぶだうしゆ)は水をまじへ
  23. なんぢの長輩(をさたち)はそむきて盗人(ぬすびと)の伴侶(かたうど)となり おのおの賄賂(まひなひ)をよろこび 贓財(おくりもの)をおひもとめ 孤子(みなしご)に公平をおこなはず 寡婦(やもめ)の訟(うたへ)はかれらの前にいづること能(あた)はず
  24.  このゆゑに主(しゆ)萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの全能者のたまはく [あゝ]われ敵にむかひて念(おもひ)をはらし仇(あた)にむかひて報(むくい)をすべし
  25. 我(われ)また手をなんぢの上にそへ なんぢの滓(かす)をことごとく淨(きよ)くし なんぢの鉛(なまり)をすべて取去(とりさ)り
  26. なんぢの審士(さばきびと)を舊(もと)のごとく なんぢの議官を始(はじめ)のごとくに復(かへ)すべし 然(しか)るのちなんぢは正義の邑(まち)忠信の邑(まち)ととなへられん
  27. シオンは公平をもてあがなはれ 歸來(かへりきた)るものも正義をもて贖(あがな)はるべし
  28. されど愆(とが)ををかすものと罪人(つみびと)とはともに敗(やぶ)れ ヱホバをすつる者もまた亡(ほろ)びうせん
  29. なんぢらはその喜びたる橿樹(かしのき)によりて恥(はぢ)をいだき そのえらびたる園(その)によりて慙赧(はぢあから)むべし
  30. なんぢらは葉のかるゝ橿樹(かしのき)のごとく 水なき園(その)のごとくならん
  31. 權勢(いきほひ)あるものは麻(あさ)のごとく その工(わざ)は火花のごとく 二つのもの一同(ともに)もえてこれを撲滅(うちけ)すものなし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書