目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 60

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第5章(CHAPTER 5)

  1. われわが愛する者のために歌をつくり 我(わ)があいするものの葡萄園(ぶだうぞの)のことをうたはん わが愛するものは土肥(つちこえ)たる山にひとつの葡萄園(ぶだうぞの)をもてり
  2. 彼その園(その)をすきかへし石をのぞきて嘉(よき)ぶだうをうゑ そのなかに望樓(ものみ)をたて[さかぶね]をほりて嘉葡萄(よきぶだう)のむすぶを望みまてり 然(しか)るに結びたるものは野葡萄(のぶだう)なりき
  3.  さればヱルサレムに住(すめ)るものとユダの人よ 請(こふ)なんぢら我とわがぶだうぞのとの間をさばけ
  4. わが葡萄園にわれの作(なし)たるほか何のなすべき事ありや 我はよきぶだうの結ぶをのぞみまちしに 何(いか)なれば野葡萄をむすびしや
  5. 然(され)ばわれわが葡萄園になさんとすることを汝等につげん 我はぶだうぞのの籬芭(まがき)をとりさりてその食(くひ)あらさるゝにまかせ その垣をこぼちてその踐(ふみ)あらさるゝにまかせん
  6. 我これを荒してふたゝび剪(かる)ことをせず耕(たがへ)すことをせず棘(おどろ)と荊(いばら)とをはえいでしめん また雲に命(おほ)せてそのうヘに雨ふることなからしめん
  7. それ萬軍(ばんぐん)のヱホバの葡萄園(ぶだうぞの)はイスラエルの家なり その喜びたまふところの植物(うゑもの)はユダの人なり これに公平をのぞみたまひしに反(かへ)りて血をながし これに正義をのぞみ給(たま)ひしにかへりて號呼(さけび)あり
  8.  禍(わざは)ひなるかな彼らは家に家をたてつらね 田圃(たはた)に田圃をましくはへて 餘地(よち)をあまさず 己(おのれ)ひとり國(くに)のうちに住(すま)んとす
  9. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ我耳(わがみゝ)につげて宣(のたま)はく 實(げ)におほくの家はあれすたれ大(おほい)にして美(うるは)しき家は人のすむことなきにいたらん
  10. 十段のぶだうぞの僅(わづ)かに一バテをみのり一ホメルの穀種(たね)はわづかに一エパを實(みの)るべし
  11. 禍(わざは)ひなるかなかれらは朝つとにおきて濃酒(こきさけ)をおひもとめ 夜のふくるまで止(とゞ)まりてのみ 酒にその身をやかるゝなり
  12. かれらの酒宴には琴(こと)あり 瑟(しつ)あり 鼓(つゞみ)あり 笛(ふえ)あり 葡萄酒あり されどヱホバの作爲(みわざ)をかへりみずその手(みて)のなしたまふところに目をとめず
  13.  斯(かゝ)るが故(ゆゑ)にわが民は無知にして虜(とりこ)にせられ その貴顯者(たふときもの)はうゑ そのもろもろの民は渇(かわき)によりて疲れはてん
  14. また陰府(よみ)はその欲望(のぞみ)をひろくし その度(はか)られざる口をはる かれらの榮華 かれらの群衆 かれらの饒富(にぎはひ) および喜びたのしめる人みなその中におつべし
  15. 賤(いや)しき者はかゞめられ 貴(たふと)きものは卑(ひく)くせられ 目をあげて高ぶる者はひくくせらるべし
  16. されど萬軍(ばんぐん)のヱホバは公平によりてあがめられ 聖なる神は正義によりて聖(せい)とせられ給(たま)ふべし
  17. 而(しか)して小羊(こひつじ)おのが牧場にあるごとくに草をはみ 豐かなるものの田はあれて旅客(たびゞと)にくらはれん
  18.  禍(わざは)ひなるかな彼等はいつはりを繩(なは)となして惡をひき 索(つな)にて車をひくごとく罪をひけり
  19. かれらは云(いふ) その成(なさ)んとする事(わざ)をいそぎて速(すみや)かになせ 我儕(われら)これを見ん イスラエルの聖者のさだむることを逼來(せまりきた)らせよ われらこれを知(しら)んと
  20. 禍(わざは)ひなるかな かれらは惡(あく)をよびて善(ぜん)とし善をよびて惡とし 暗(くらき)をもて光とし光をもて暗(くらし)とし 苦(にがき)をもて甘(あまし)とし甘(あまき)をもて苦(にがし)とする者なり
  21. わざはひなる哉(かな) かれらは己(おのれ)をみて智(かしこ)しとし自(みづか)らかへりみて聰(さとし)とする者なり
  22. 禍(わざは)ひなるかな かれらは葡萄酒(ぶだうしゆ)をのむに丈夫(ますらを)なり 濃酒(こきさけ)を和(あは)するに勇者なり
  23. かれらは賄賂(まひなひ)によりて惡(あし)きものを義(たゞし)となし 義人よりその義(ぎ)をうばふ
  24.  此(これ)によりて火舌(ひのした)の刈株(かりかぶ)をくらふがごとく また枯草の[ほのほ]のなかにおつるがごとく その根はくちはてその花は塵(ちり)のごとくに飛(とび)さらん かれらは萬軍(ばんぐん)のヱホバの律法(おきて)をすてゝイスラエルの聖者のことばを蔑(なみ)したればなり
  25. この故(ゆゑ)にヱホバその民にむかひて怒(いかり)をはなち 手(みて)をのべてかれらを撃(うち)たまヘり 山はふるひうごき かれらの屍(かばね)は衢(ちまた)のなかにて糞土(あくた)のごとくなれり 然(しか)はあれどヱホバの怒(いかり)やまずして尚(なほ)その手を伸(のば)したまふ
  26.  かくて旗(はた)をたてゝとほき國々をまねき 彼等をよびて地の極(はて)より來(きた)らしめたまはん 視(み)よかれら趨(はし)りて速(すみや)かにきたるべし
  27. その中には疲れたふるゝものなく眠りまたは寢(いぬ)るものなし その腰の帶(おび)はとけず その履(くつ)の紐(ひも)はきれず
  28. その矢は鋭(とく)その弓(ゆみ)はことごとく張り その馬のひづめは石のごとくその車の輪(わ)は疾風(はやち)のごとしと稱(とな)へられん
  29. その[ほゆ]ること獅(しゝ)のごとく また小獅(こじゝ)のごとく [ほえ]うなりつゝ獲物をつかみて掠去(かすめさ)れども之(これ)をすくふ者なし
  30. その日かれらが嘯響(なりどよ)めくこと海のなりどよめくがごとし もし地をのぞまば暗(くらき)と難(なやみ)とありて光はK雲(くろくも)のなかにくらくなりたるを見ん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書