目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第6章(CHAPTER 6)

  1. ウジヤ王のしにたる年われ高くあがれる御座(みくら)にヱホバの坐(ざ)し給(たま)ふを見しに その衣裾(もすそ)は殿(との)にみちたり
  2. セラピムその上にたつ おのおの六の翼(つばさ)あり その二(ふたつ)をもて面(おも)をおほひ その二をもて足をおほひ 其二(そのふたつ)をもて飛翔(とびかけ)り
  3. たがひに呼(よび)いひけるは聖(せい)なるかな聖(せい)なるかな聖(せい)なるかな萬軍(ばんぐん)のヱホバ その榮光は全地にみつ
  4. 斯(かく)よばはる者の聲(こゑ)によりて閾(しきみ)のもとゐ搖(ゆり)うごき家のうちに煙(けぶり)みちたり
  5. このとき我いへり 禍(わざは)ひなるかな我(われ)ほろびなん 我はけがれたる唇(くちびる)の民のなかにすみて穢(けがれ)たるくちびるの者なるに わが眼(め)ばんぐんのヱホバにまします王を見まつればなりと
  6.  爰(こゝ)にかのセラピムのひとり鉗(ひばし)をもて壇(だん)の上よりとりたる熱(あかき)炭(ひ)を手にたづさへて我にとびきたり
  7. わが口に觸(ふれ)ていひけるは 視(み)よこの火なんぢの唇(くちびる)にふれたれば既(すで)になんぢの惡はのぞかれ なんぢの罪はきよめられたりと
  8. 我またヱホバの聲(こゑ)をきく曰(いは)く われ誰をつかはさん誰かわれらのために往(ゆく)べきかと そのとき我いひけるはわれ此(こゝ)にあり我をつかはしたまヘ
  9. ヱホバいひたまはく 往(ゆき)てこの民にかくのごとく告(つげ)よ なんぢら聞(きゝ)てきけよ然(され)どさとらざるべし 見てみよ然(され)どしらざるべしと
  10. なんぢこの民のこゝろを鈍(にぶ)くし その耳をものうくし その眼(め)をおほヘ 恐(おそ)らくは彼らその眼にて見(み)その耳にてきゝ その心にてさとり翻(ひるが)ヘりて醫(いや)さるゝことあらん
  11. こゝに我いひけるは 主(しゆ)よいつまで如此(かく)あらんか 主(しゆ)こたヘたまはく 邑(まち)はあれすたれて住むものなく 家に人なく 邦(くに)ことごとく荒土(あれち)となり
  12. 人々ヱホバに遠方までうつされ 廢(すた)りたるところ國中(くにのうち)におほくならん時まで 如此(かく)あるべし
  13. そのなかに十分の一のこる者あれども此(こ)もまた呑(のみ)つくされん されど聖裔(きよきたね)のこりてこの地の根となるべし 彼(か)のテレビントまたは橿樹(かしのき)がきらるゝことありともその根ののこるがごとし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書