目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第10章(CHAPTER 10)

  1. 不義のおきてをさだめ暴虐(しへたげ)のことばを録(しる)すものは禍(わざは)ひなるかな
  2. かれらは乏(ともし)きものの訴(うたへ)をうけず わが民のなかの貧(まづ)しきものの權利(けんり)をはぎ 寡婦(やもめ)の資産(もちもの)をうばひ 孤兒(みなしご)のものを掠(かす)む
  3. なんぢら懲(こら)しめらるゝ日きたらば何をなさんとするか 敗壞(やぶれ)とほきより來(きた)らんとき何をなさんとするか なんぢら逃(のが)れゆきて誰にすくひを求めんとするか また何處(いづこ)になんぢらの榮(さかえ)をのこさんとするか
  4. たゞ縛(いまし)められたるものの下にかがみ 殺されたるもののしたに伏仆(ふしたふ)れんのみ 然(しか)はあれどヱホバのいかり止(やま)ずして尚(な)ほその手をのばしたまふ
  5.  咄(やよ)アツスリヤ人(びと) なんぢはわが怒(いかり)の杖(つゑ)なり その手の笞(しもと)はわが忿恚(いきどほり)なり
  6. われ彼をつかはして邪曲(よこしま)なる國(くに)をせめ我かれに命じて我(わ)がいかれる民をせめてその所有(もちもの)をかすめその財寶(たから)をうばはしめ かれらを街(ちまた)の泥(ひぢ)のごとくに蹂躪(ふみにじ)らしめん
  7. されどアツスリヤ人(びと)のこゝろざしは斯(かく)のごとくならず その心の念(おもひ)もまた斯(かく)のごとくならず そのこゝろは敗壞(やぶれ)をこのみ あまたの國(くに)をほろぼし絶(たゝ)ん
  8. かれ云(いふ) わが諸侯(きみたち)はみな王にあらずや
  9. カルノはカルケミシの如(ごと)く ハマテはアルパデの如(ごと)く サマリヤはダマスコの如(ごと)きにあらずや
  10. わが手は偶像(ぐうざう)につかふる國々を得(え)たり その彫(ゑり)たる像(ざう)はヱルサレムおよびサマリヤのものに勝(すぐ)れたり
  11. われ既(すで)にサマリヤとその偶像とに行(おこな)へるごとく 亦(また)ヱルサレムとその偶像とにおこなはざる可(べけ)んやと
  12.  このゆゑに主(しゆ)いひたまふ 我(われ)シオンの山とヱルサレムとに爲(なさ)んとする事をことごとく遂(とげ)をはらんとき 我アツスリヤ王のおごれる心の實(み)とその高ぶり仰(あふ)ぎたる眼(め)とを罰(ばつ)すべし
  13. そは彼いヘらく われ手の力と智慧(ちゑ)とによりて之(これ)をなせり 我はかしこし 國々の境(さかひ)をのぞき その獲(え)たるものをうばひ 又われは丈夫(ますらを)にしてかの位(くらゐ)に坐(ざ)するものを下(おろ)したり
  14. わが手もろもろの民のたからを得(え)たりしは巣(す)をとるが如(ごと)く また天(あめ)が下を取收(とりをさ)めたりしは遺(のこ)しすてたる卵をとりあつむるが如(ごと)くなりき あるひは翼(つばさ)をうごかし あるひは口をひらき あるひは喃々(なんなん)する者もなかりしなりと
  15.  斧(をの)はこれをもちゐて伐(きる)ものにむかひて己(おのれ)みづから誇(ほこ)ることをせんや 鋸(のこぎり)は これを動かす者にむかひて己(おのれ)みづから高ぶることをせんや 此(こ)はあだかも笞(しもと)がおのれを擧(あぐ)るものを動かし 杖(つゑ)みづから木にあらざるものを擧(あげ)んとするにひとし
  16. このゆゑに主(しゆ)萬軍(ばんぐん)のヱホバは肥(こえ)たるものを瘠(やせ)しめ 且(かつ)その榮光のしたに火のもゆるが如(ごと)き[ほのほ]をおこし給(たま)はん
  17. イスラエルの光は火のごとく その聖者はほのほの如(ごと)くならん 斯(かく)て一日のうちに荊(いばら)とおどろとを燒(やき)ほろぼし
  18. 又かの林と土肥(つちこえ)たる田圃(たはた)の榮(さかえ)をうせしめ 靈魂(たましひ)をも身をもうせしめて病(やめ)るものの衰(おとろ)へたるが如(ごと)くなさん
  19. かつ林のうちに殘れる木わづかにして童子(わらべ)も算(かぞ)へうるが如(ごと)くになるべし
  20.  その日イスラエルの遺(のこ)れる者とヤコブの家ののがれたる者とは再びおのれを撃(うち)し者にたよらず誠意(まごころ)をもてイスラエルの聖者ヱホバにたよらん
  21. その遺(のこ)れるものヤコブの遺(のこ)れるものは大能(たいのう)の神にかヘるべし
  22. あゝイスラエルよ なんぢの民は海の沙(いさご)のごとしといへども遺(のこ)りて歸(かへ)りきたる者はたゞ僅少(わづか)ならん そは敗壞(ほろび)すでにさだまり義(ぎ)にて溢(あふ)るべければなり
  23. 主(しゆ)萬軍(ばんぐん)のヱホバの定(さだ)めたまヘる敗壞(ほろび)はこれを[あまね]く國内(くにのうち)におこなひ給(たま)ふべし
  24.  このゆゑに主(しゆ)萬軍(ばんぐん)のヱホバいひたまはく シオンに住(すめ)るわが民よアツスリヤ人(びと)エジプトの例にならひ笞(しもと)をもて汝(なんぢ)をうち 杖(つゑ)をあげて汝をせむるとも懼(おそ)るゝなかれ
  25. たゞ頃刻(しばらく)にして忿恚(いきどほり)はやまん 我(わ)がいかりは彼等をほろぼして息(やま)ん
  26. 萬軍(ばんぐん)のヱホバむかしミデアン人(びと)をオレブの巖(いはほ)のあたりにて撃(うち)たまひしごとくに禍害(わざはひ)をおこして之(これ)をせめ 又その杖(つゑ)を海のうへに伸(のば)しエジプトの例にしたがひてこれを擧(あげ)たまはん
  27. その日かれの重荷(おもに)はなんぢの肩より下(おり) かれの軛(くびき)はなんぢの頸(うなじ)よりはなれ その軛(くびき)はあぶらの故(ゆゑ)をもて壞(やぶ)れん
  28.  かれアイにきたりミグロンを過(すぎ)ミクマシにてその輜重(しちょう)をとゞめ
  29. 渡口(わたりぐち)をすぎてゲバに宿(やど)る こゝに於(おい)てラマはをのゝきサウルギべア人(びと)は逃(のが)れはしれり
  30. ガリムの女(むすめ)よなんぢ聲(こゑ)をあげて叫(さけ)べ ライシよ耳をかたぶけて聽(き)け アナトテよなんぢも聲(こゑ)をあげよ
  31. マデメナはさすらひゲビムの民はのがれ走れり
  32. この日かれノブに立(たち)とゞまり シオンのむすめの山ヱルサレムの岡にむかひて手をふりたり
  33.  主(しゆ)ばんぐんのヱホバは雄々(をゝ)しくたけびてその枝(えだ)を斷(たち)たまはん 丈(たけ)高きものは伐(きり)おとされ聳(そび)えたる者はひくくせらるべし
  34. また銕(くろがね)をもて茂(しげ)りあふ林をきり給(たま)はん レバノンは能力(ちから)あるものに倒(たふ)さるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書