目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第11章(CHAPTER 11)

  1. ヱツサイの株(かぶ)より一つの芽(め)いで その根より一つの枝(えだ)はえて實(み)をむすばん
  2. その上にヱホバの靈(れい)とゞまらん これ智慧聰明(ちゑそうめい)の靈(れい) 謀略才能(ばうりゃくさいのう)の靈(れい) 知識(ちしき)の靈(れい) ヱホバをおそるゝの靈(れい)なり
  3. かれはヱホバを畏(おそ)るゝをもて歡樂(たのしみ)とし また目みるところによりて審判(さばき)をなさず 耳きくところによりて斷定(さだめ)をなさず
  4. 正義をもて貧(まづ)しき者をさばき 公平をもて國(くに)のうちの卑(いや)しき者のために斷定(さだめ)をなし その口の杖(つゑ)をもて國をうち その口唇(くちびる)の氣息(いぶき)をもて惡人(あしきもの)をころすべし
  5. 正義はその腰の帶(おび)となり 忠信はその身のおびとならん
  6.  おほかみは小羊(こひつじ)とともにやどり 豹(へう)は小山羊(こやぎ)とともにふし 犢(こうし) をじし 肥(こえ)たる家畜(けだもの)ともに居(をり)てちひさき童子(わらべ)にみちびかれ
  7. 牝牛(めうし)と熊(くま)とはくひものを同(とも)にし 熊の子と牛の子とともにふし 獅(しゝ)はうしのごとく藁(わら)をくらひ
  8. 乳兒(ちのみご)は毒蛇(どくじゃ)のほらにたはふれ 乳(ち)ばなれの兒(こ)は手をまむしの穴にいれん
  9. 斯(かく)てわが聖山(きよきやま)のいづこにても害(そこな)ふことなく傷(やぶ)ることなからん そは水の海をおほへるごとくヱホバをしるの知識(ちしき)地にみつべければなり
  10.  その日ヱツサイの根たちてもろもろの民の[はた]となり もろもろの邦人(くにびと)はこれに服(まつろ)ひきたり 榮光はそのとゞまる所にあらん
  11.  その日主(しゆ)はまたふたゝび手をのべてその民ののこれる僅(わづ)かのものをアツスリヤ、エジプト、パテロス、エテオピア、エラム、シナル、ハマテおよび海のしまじまより贖(あがな)ひたまふべし
  12. ヱホバは國々の爲(ため)に[はた]をたてゝイスラエルの逐(おひ)やられたる者をあつめ 地の四極(よものはて)よりユダの散失(ちりうせ)たるものを集(つど)へたまはん
  13. またエフライムの猜(そねみ)はうせ ユダを惱(なや)ますものは斷(たゝ)れ エフライムはユダをそねまず ユダはエフライムを惱ますことなかるべし
  14. かれらは西なるペリシテ人(びと)の境(さかひ)にとびゆき相共(あひとも)にひがしの子輩(こら)をかすめ その手をエドムおよびモアブにのべアンモンの子孫をおのれに服(まつろ)はしめん
  15. ヱホバ、エジプトの[いりうみ]をからし 河(かは)のうへに手をふりて熱風をふかせ その河をうちて七(なゝつ)の小流(こがは)となし 履(くつ)をはきて渉(わた)らしめたまはん
  16. 斯(かく)てその民ののこれる僅(わづ)かのものの爲(ため)にアツスリヤより來(きた)るべき一つの大路(おほぢ)あり 昔(むか)しイスラエルがエジプトの地よりいでし時のごとくなるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書