目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第14章(CHAPTER 14)

  1. ヱホバ、ヤコブを憐(あはれ)みイスラエルをふたゝび撰(えら)びて之(これ)をおのれの地におきたまはん 異邦人(ことくにびと)これに加(くはゝ)りてヤコブの家にむすびつらなるべし
  2. もろもろの民はかれらをその處(ところ)にたづさへいたらん 而(しか)してイスラエルの家はヱホバの地にてこれを奴(しもべ)婢(はしため)となし 曩(さき)におのれを虜(とりこ)にしたるものを虜(とりこ)にし おのれを虐(しへた)げたるものを治(をさ)めん
  3.  ヱホバなんぢの憂(うれへ)と艱難(なやみ)とをのぞき 亦(また)なんぢが勤(つと)むるからき役(つとめ)をのぞきて安息(あんそく)をたまふの日
  4. なんぢこの歌をとなヘバビロン王をせめていはん 虐(しへた)ぐる者いかにして息(やす)みしや 金(かね)をはたる者いかにして息(やす)みしやと
  5. ヱホバあしきものの笞(しもと)ともろもろの有司(つかさびと)の杖(つゑ)とををりたまへり
  6. かれらは怒(いかり)をもてもろもろの民をたえず撃(うち)てはうち 忿恚(いきどほり)をもてもろもろの國(くに)ををさむれど その暴虐(しへたげ)をとゞむる者なかりき
  7. 今は全地やすみを得(え)おだやかを得(え) ことごとく聲(こゑ)をあげてうたふ
  8. 實(げ)にまつの樹およびレバノンの香柏(かうはく)さへもなんぢの故(ゆゑ)により歡(よろこ)びていふ 汝(なんぢ)すでに仆(ふし)たれば樵夫(きこり)のぼりきたりてわれらを攻(せむ)ることなしと
  9. 下の陰府(よみ)はなんぢの故(ゆゑ)により動きて汝のきたるをむかへ 世のもろもろの英雄の亡靈(なきたま)をおこし國々のもろもろの王をその位(くらゐ)より起(たち)おこらしむ
  10. かれらは皆なんぢに告(つげ)ていはん 汝(なんぢ)もわれらのごとく弱くなりしや 汝もわれらと同じくなりしやと
  11. なんぢの榮華となんぢの琴(こと)の音(ね)はすでに陰府(よみ)におちたり 蛆(うじ)なんぢの下にしかれ蚯蚓(みゝづ)なんぢをおほふ
  12.  あしたの子明星(こみやうじやう)よいかにして天より隕(おち)しや もろもろの國をたふしゝ者よいかにして斫(きら)れて地にたふれしや
  13. 汝(なんぢ)さきに心中(こゝろのうち)におもへらく われ天にのぼり我くらゐを神の星のうへにあげ 北の極(はて)なる集會(つどひ)の山にざし
  14. たかき雲漢(くもゐ)にのぼり至上者(いとたかきもの)のごとくなるべしと
  15. 然(され)どなんぢは陰府(よみ)におとされ坑(あな)の最下(いやした)にいれられん
  16. なんぢを見るものは熟々(つらつら)なんぢを視(み)なんぢに目をとめていはん この人は地をふるはせ列國(くにぐに)をうごかし
  17. 世を荒野(あれの)のごとくし もろもろの邑(まち)をこぼち 捕(とら)へたるものをその家にときかへさゞりしものなるかと
  18. もろもろの國(くに)の王たちはことごとく皆たふとき状(さま)にておのおのその家にねぶる
  19. 然(され)どなんぢは忌(いみ)きらふべき枝(えだ)のごとく おのが墓のそとにすてられ その周圍(まはり)には劍(つるぎ)にて刺(さし)ころされ坑(あな)におろされ 石におほはれたる者ありて踐(ふみ)つけらるゝ屍(かばね)にことならず
  20. 汝(なんぢ)おのれの國をほろぼし おのれの民をころしゝが故(ゆゑ)に かれらとおなじく葬(はうむ)らるゝことあたはず それ惡をおこなふものの裔(すゑ)はとこしへに名をよばるゝことなかるべし
  21.  先祖(せんぞ)のよこしまの故(ゆゑ)をもて その子孫のために戮場(ほふりば)をそなへ 彼等をしてたちて地をとり世界のおもてに邑(まち)をみたすことなからしめよ
  22. 萬軍(ばんぐん)のヱホバのたまはく 我(われ)立(たち)てかれらを攻(せ)めバビロンよりその名と遺(のこ)りたるものとを絶滅(たちほろぼ)し その子その孫をたちほろぼさんと これヱホバの聖言(みことば)なり
  23. われバビロンを刺蝟(はりねづみ)のすみかとし沼とし且(かつ)ほろびの箒(はゝき)をもてこれを掃除(はらひのぞ)かんと これ萬軍(ばんぐん)のヱホバのみことばなり
  24.  萬軍(ばんぐん)のヱホバ誓(ちかひ)をたてゝ言給(いひたま)はく わがおもひし事はかならず成(なり) わがさだめし事はかならず立(たゝ)ん
  25. われアツスリヤ人(びと)をわが地にてうちやぶり わが山々にてふみにじらん こゝにおいて彼がおきし軛(くびき)はイスラエル人(びと)よりはなれ 彼がおはせし重負(おもに)はイスラエル人(びと)の肩よりはなるべし
  26. これは全地のことにつきて定(さだ)めたる謀略(はかりごと)なり 是(これ)はもろもろの國(くに)のうへに伸(のば)したる手なり
  27. 萬軍(ばんぐん)のヱホバさだめたまへり誰かこれを破ることを得(え)んや その手をのばしたまへり誰かこれを押返(おしかへ)すことを得(え)んや
  28.  アハズ王の死(しに)たる年おもにの預言(よげん)ありき
  29.  曰(いは)く ペリシテの全地よなんぢをうちし杖(つゑ)をれたればとて喜ぶなかれ 蛇(へび)の根より蝮(まむし)いでその果(み)はとびかける巨蛇(をろち)となるべければなり
  30. いと貧(まづ)しきものはものくひ乏(とも)しきものは安然(やすらか)にふさん われ飢饉(ききん)をもてなんぢの根をしなせ汝(なんぢ)がのこれる者をころすべし
  31. 門(もん)よなげけ邑(まち)よさけべ ペリシテよなんぢの全地きえうせたり そはけぶり北よりいできたり その軍兵(つはもの)の列におくるゝものなし
  32.  その國(くに)の使者(つかひ)たちに何とこたふべきや 答ヘていはん ヱホバ、シオンの基(もとゐ)をおきたまへり その民のなかの苦しむものは避所(さけどころ)をこの中(うち)にえん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書