目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第18章(CHAPTER 18)

  1. [あゝ]エテオピアの河(かは)の彼方(かなた)なるさやさやと羽音(はおと)のきこゆる地
  2. この地(ち)蒹(あし)のふねを水にうかべ海路(うみぢ)より使者(つかひ)をつかはさんとてその使者(つかひ)にいへらく 疾(とく)走る使(つかひ)よなんぢら河々の流(ながれ)のわかるゝ國(くに)にゆけ 丈(たけ)たかく肌(はだへ)なめらかなる始(はじ)めより今にいたるまで懼(おそ)るべく繩(なは)もてはかり人を踐(ふみ)にじる民にゆけ
  3. すべて世にをるもの地にすむものよ 山のうへに旗(はた)のたつとき汝等これを見(み)ラッパの鳴響(なりひゞ)くときなんぢら之(これ)をきけ
  4.  そはヱホバわれに如此(かく)いひ給(たま)へりいはく 空はれわたり日てり收穫(かりいれ)の熱(ねつ)むしてつゆけき雲のたるゝ間(あひだ) われわが居所(すまひ)にしづかに居(ゐ)てながめん
  5. 收穫(かりいれ)のまへにその芽(め)またく生(はえ)その花ぶだうとなりて熟(じゅく)せんとするとき かれ鎌(かま)をもて蔓(つる)をかり枝(えだ)をきり去(さら)ん
  6. 斯(かく)てみな山のたけきとりと地の獸(けもの)とになげあたへらるべし 猛鳥(たけきとり)そのうヘにて夏をすごし地のけものその上にて冬をわたらん
  7. そのとき河々の流(ながれ)のわかるゝ國(くに)の丈(たけ)たかく肌(はだへ)なめらかなる 始めより今にいたるまで懼(おそ)るべく繩(なは)もてはかり人をふみにじる民より 萬軍(ばんぐん)のヱホバにさゝぐる禮物(れいもつ)をたづさへて 萬軍(ばんぐん)のヱホバの聖名(みな)のところシオンの山にきたるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JPANESE) 文語聖書