目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第19章(CHAPTER 19)

  1. エジプトにかゝる重負(おもに)のよげん いはく
    ヱホバははやき雲にのりてエジプトに來(きた)りたまふ エジプトのもろもろの偶像(ぐうざう)はその前(みまへ)にふるひをのゝき エジプト人(びと)のこゝろはその衷(うち)にて消(きえ)ゆかん
  2. 我(われ)エジプト人(びと)をたけび勇(いさ)ましめてエジプト人(びと)を攻(せめ)しめん 斯(かく)てかれら各自(おのおの)その兄弟をせめおのおのその鄰(となり)をせめ 邑(まち)は邑(まち)をせめ國(くに)はくにを攻(せむ)べし
  3. エジプト人(びと)の靈魂(たましひ)うせてその中むなしくならん われその謀略(はかりごと)をほろぼすべし かれらは偶像(ぐうざう)および呪文(じゆもん)をとなふるもの巫女(みこ)魔術者にもとむることを爲(せ)ん
  4. われエジプト人(びと)を苛酷(かこく)なる主人の手にわたさん あらあらしき王かれらを治(をさ)むべし 是(これ)主(しゆ)萬軍(ばんぐん)のヱホバの聖言(みことば)なり
  5.  海の水はつき河(かは)もまた涸(かれ)てかわかん
  6. また河々はくさき臭(にほひ)をはなち エジプトの[ほり]はみな漸次(やゝ)にへりてかわき葦(よし)と蘆(あし)とかれはてん
  7. ナイルのほとりの草原ナイルの岸にほどちかき所すべてナイルの最寄(もより)にまきたる者はことごとく枯(かれ)てちりうせん
  8. 漁者(すなどり)もまた歎(なげ)き すべてナイルに釣(つり)をたるゝる者はかなしみ 網(あみ)を水のうへに施(しく)ものはおとろふべし
  9. 練(ねり)たる麻(あさ)にて物つくるもの白布を織(をる)ものは恥(はぢ)あわて
  10. その柱はくだけ一切(すべて)のやとはれたる者のこゝろ憂(うれ)ひかなしまん
  11.  誠(まこと)やゾアンの諸侯(きみたち)は愚(おろか)なりパロの最(もつと)もかしこき議官のはかりごとは癡鈍(しれゆく)べし 然(さら)ばなんぢら何(いか)でパロにむかひて我はかしこきものの子 われは古(いにし)への王の子なりといふを得(え)んや
  12. なんぢの智者(かしこきもの)いづくにありや 彼らもし萬軍(ばんぐん)のヱホバの定(さだ)めたまひしエジプトに係(かゝ)はることを暁得(さとりえ)ばこれをなんぢに告(つぐ)るこそよけれ
  13. ゾアンのもろもろの諸侯(きみたち)は愚(おろ)かなり ノフの諸侯(きみたち)は惑(まど)ひたり かれらはエジプトのもろもろの支派(わかれ)の隅石(すみいし)なるに却(かへり)てエジプトをあやまらせたり
  14. ヱホバ曲(まが)れる心をその中にまじへ給(たま)ひしにより 彼等はエジプトのすべて作(なす)ところを謬(あやま)らせ恰(あた)かも酔(ゑへ)る人の哇吐(ものはく)ときによろめくが如(ごと)くならしめたり
  15. エジプトにて或(あるひ)は首(かしら)あるひは尾あるひは椶櫚(しゆろ)のえだまたは葦(よし)すべてその作(なす)ところの工(わざ)なかるべし
  16.  その日エジプトは婦女(をんな)のごとくならん 萬軍(ばんぐん)のヱホバの動かしたまふ手(みて)のその上にうごくが故(ゆゑ)におそれをのゝくべし
  17. ユダの地はエジプトに懼(おそ)れらる この事をかたりつぐれば聽(き)くもの皆おそる これ萬軍(ばんぐん)のヱホバ、エジプトに對(むか)ひて定(さだ)めたまへる謀略(はかりごと)の故(ゆゑ)によるなり
  18.  その日エジプトの地に五(いつゝ)の邑(まち)あり カナンの方言(くにことば)をかたりまた萬軍(ばんぐん)のヱホバに誓(ちか)ひをたてん その中のひとつは日邑(ひのまち)ととなへらるべし
  19.  その日エジプトの地の中にヱホバをまつる一つの祭壇(さいだん)あり その境(さかひ)にヱホバをまつる一柱(ひとつのはしら)あらん
  20. これエジプトの地にて萬軍(ばんぐん)のヱホバの徴(しるし)となり證(あかし)となるなり かれら暴虐者(しへたぐるもの)の故(ゆゑ)によりてヱホバに號求(さけびもと)むべければ ヱホバは救(すく)ふもの護(まも)るものを遣(つかは)してこれを助けたまはん
  21. ヱホバおのれをエジプトに知(しら)せたまはん その日エジプト人(びと)はヱホバをしり犠牲(いけにへ)と祭物(そなへもの)とをもて之(これ)につかへん 誓願(せいぐわん)をヱホバにたてゝ成(なし)とぐべし
  22. ヱホバ、エジプトを撃(うち)たまはん ヱホバこれを撃(うち)これを醫(いや)したまふ この故(ゆゑ)にかれらヱホバに歸(かへ)らん ヱホバその懇求(ねがひ)をいれて之(これ)をいやし給(たま)はん
  23.  その日エジプトよりアツスリヤにかよふ大路(おほぢ)ありて アツスリヤ人(びと)はエジプトにきたり エジプト人(びと)はアツスリヤにゆき エジプト人とアツスリヤ人と相共(あひとも)につかふることをせん
  24.  その日イスラエルはエジプトとアツスリヤとを共にし 三(みつ)あひならび地のうへにて福祉(さいはひ)をうくる者となるべし
  25. 萬軍(ばんぐん)のヱホバこれを祝して言(いひ)たまはく わが民なるエジプトわが手の工(わざ)なるアツスリヤわが産業なるイスラエルは福(さいは)ひなるかな

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書