目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第25章(CHAPTER 25)

  1. ヱホバよ汝(なんぢ)はわが神なり 我なんぢを崇(あが)めなんぢの名(みな)をほめたゝへん 汝さきに妙(たへ)なる事をおこなひ 古時(いにしへ)より定めたることを眞實(しんじづ)をもて成(なし)たまひたればなり
  2. なんぢ邑(まち)をかへて石堆(いしづか)となし 堅固(けんご)なる城を荒墟(あれづか)となし 外人(あだしびと)の京都(みやこ)を邑(まち)とならしめず永遠(とこしへ)にたつることを得(え)ざらしめたまへり
  3. この故(ゆゑ)につよき民はなんぢをあがめ 暴(あら)びたる國々の城はなんぢをおそるべし
  4. そはなんぢ弱きものの保砦(とりで)となり 乏(とも)しきものの難(なやみ)のときの保砦(とりで)となり 雨風のふききたりて垣をうつごとく暴(あら)ぶるものの荒(あれ)きたるときの避所(さけどころ)となり 熱をさくる蔭(かげ)となりたまへり
  5. なんぢ外人(あだしびと)の喧嘩(さわぎ)をおさへて旱(かわ)ける地より熱をとりのぞく如(ごと)くならしめ 暴(あら)ぶるものの凱歌(かちうた)をとゞめて雪の陰(かげ)をもて熱をとゞむる如(ごと)くならしめたまはん
  6.  萬軍(ばんぐん)のヱホバこの山にてもろもろの民のために肥(こえ)たるものをもて宴(えん)をまうけ 久しくたくはへたる葡萄酒(ぶだうしゅ)をもて宴(えん)をまうく 膸(ずゐ)おほき肥(こえ)たるもの久しくたくはへたる清(すめ)るぶだう酒の宴(えん)なり
  7. 又この山にてもろもろの民のかぶれる[かほおほい]と もろもろの國(くに)のおほへる[おほひぎぬ]をとりのぞき
  8. とこしへまで死を呑(のみ)たまはん 主(しゆ)ヱホバはすべての面(かほ)より涙をぬぐひ 全地のうへよりその民の凌辱(はづかしめ)をのぞき給(たま)はん これはヱホバの語りたまへるなり
  9.  その日(ひ)此如(かく)いはん これはわれらの神なり われら俟望(まちのぞ)めり 彼われらを救(すく)ひたまはん 是(これ)ヱホバなり われらまちのぞめり 我儕(われら)そのすくひを歡(よろこ)びたのしむべしと
  10. ヱホバの手(みて)はこの山にとゞまり モアブはその處(ところ)にてあくたの水のなかにふまるゝ藁(わら)のごとく蹂躙(ふみにじ)られん
  11. 彼そのなかにて游者(およぐもの)のおよがんとして手をのばすが如(ごと)く己(おの)が手をのばさん 然(され)どヱホバその手の脆計(たばかり)とともにその傲慢(たかぶり)を伏(ふせ)たまはん
  12. なんぢの垣(かき)たかき堅固(けんご)なる城はヱホバかたぶけたふし 地におとして塵(ちり)にまじへたまはん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書