目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第26章(CHAPTER 26)

  1. その日ユダの國(くに)にてこの歌をうたはん われらに堅固(けんご)なる邑(まち)あり 神すくひをもてその垣その藩(かこひ)となしたまふべし
  2. なんぢら門をひらきて忠信を守るたゞしき國民(くにびと)をいれよ
  3. なんぢは平康(やすき)にやすきをもて心志(こゝろざし)かたき者をまもりたまふ 彼はなんぢに依ョ(よりたの)めばなり
  4. なんぢら常盤(とことは)にヱホバによりたのめ 主(しゆ)ヱホバはとこしへの巌(いは)なり
  5. たかきに居るものを仆(たふ)し そびえたる城をふせしめ 地にふせしめて塵(ちり)にまじへ給(たま)へり
  6. かくて足これをふまん 苦しむものは足にて之(これ)をふみ 貧(まづ)しき者はその上をあゆまん
  7. 義(たゞし)きものの道は直(なほ)からざるなし なんぢ義(たゞし)きものの途(みち)を直(なほ)く平(たひ)らかにし給(たま)ふ
  8.  ヱホバよ審判(さばき)をおこなひたまふ道にてわれら汝(なんぢ)をまちのぞめり われらの心はなんぢの名となんぢの記念の名とをしたふなり
  9. わがこゝろ夜なんぢを慕(した)ひたり わがうちなる靈(れい)あしたに汝(なんぢ)をもとめん そは汝のさばき地におこなはるゝとき世にすめるもの正義(たゞしき)をまなぶべし
  10. 惡者(あしきもの)はめぐまるれども公義(たゞしき)をまなばず 直(なほ)き地にありてなほ不義をおこなひヱホバの稜威(みいつ)を見ることをこのまず
  11.  ヱホバよなんぢの手(みて)たかく擧(あが)れどもかれら顧(かへり)みず 然(され)どなんぢが民をすくひたまふ熱心を見ばはぢをいだかん 火なんぢの敵をやきつくすべし
  12. ヱホバよ汝(なんぢ)はわれらのために平和(やすき)をまうけたまはん 我儕(われら)のおこなひしことは皆なんぢの成(なし)たまへるなり
  13. ヱホバわれらの神よなんぢにあらぬ他の主(しゆ)ども曩(さき)にわれらを治(をさ)めたり 然(され)どわれらはたゞ汝によりて汝の名をかたりつげん
  14. かれら死(しに)たればまたいきず 亡靈(なきたま)となりたればまた復(かへ)らず なんぢかれらを糺(たゞ)してこれを滅(ほろ)ぼし その記念の名をさへ悉(ことごと)くうせしめたまへり
  15. ヱホバよなんぢこの國民(くにびと)をましたまへり此(この)くにびとを増(まし)たまへり なんぢは尊(たふと)ばれたまふ なんぢ地の界(さかひ)をことごとく擴(ひろ)めたまへり
  16.  ヱホバよかれら苦難(なやみ)のときに汝(なんぢ)をあふぎのぞめり 彼等なんぢの懲罰(こらしめ)にあへるとき切(せち)になんぢに[ねぎごと]せり
  17. ヱホバよわれらは孕(はら)める婦(をんな)のうむとき近づきてくるしみ その痛みによりて叫(さけ)ぶがごとく汝のまへに然(しか)ありき
  18. われらは孕(はら)みまた苦しみたれどその産(うめ)るところは風ににたり われら救(すくひ)を地にほどこさず世にすむ者うまれいでざりき
  19. なんぢの死者(しねるもの)はいきわが民の屍(かばね)はおきん 塵(ちり)にふすものよ醒(さめ)てうたうたふべし なんぢの露(つゆ)は草木をうるほす露(つゆ)のごとく地はなきたまをいださん
  20.  わが民よゆけ なんぢの室(へや)にいり汝(なんぢ)のうしろの戸をとぢて忿恚(いきどほり)のすぎゆくまで暫時(しばし)かくるべし
  21. 視(み)よヱホバはその處(ところ)をいでて地にすむものの不義をたゞしたまはん 地はその上なる血をあらはにして殺されたるものをまた掩(おほ)はざるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書